TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

【BROOKS】2013モデル 「PUREGRIT2」は大改革、「CASCADIA8」は正常進化

「ピュアグリット2」はシリーズ中最も大幅なチェンジ
2013シーズン、BROOKS ベアフットモデル「ピュア プロジェクト」はニューモデル「ピュア ドリフト」を追加し、他の4モデルは、それぞれバージョン2へと進化しました。その中でもトレイルランニング用の「ピュアグリット2」は大きく変わりました。新アウトソール”マルチ・ディレクショナル・ラグ・パターン”は高いグリップ力と安定性、衝撃吸収性を実現しました。
puregrid21.jpg
「カスケディア8」はバイオモゴDNAを新たに採用
アメリカのカリスマウルトラランナー、スコット・ジュレック氏と開発したシューズ「カスケディア」もバージョンアップを繰り返し「8」になりました。
今季より独自のクッショニングシステム”バイオモゴ DNA” が配され、最適な衝撃吸収性と軽量化を実現。従来からあるキャタピラー・クラッシュパッド”や路面からの突き上げを軽減し、足を守るバリスティック・ロック・シールド”などの機能はすべて踏襲されています。
cascadia8.jpg
dna.jpgBROOKS DNA
ランナーの体重やフォーム、走る速度に瞬時に適応する、独自のクッショニングシステム、BROOKS DNA(特許申請中)。バイオモゴと連携し、ランナーのスピードや地面の変化など、一歩一歩に瞬時に反応し、衝撃を分散させ理想的な履き心地とサポートを実現。

mogo.jpg

バイオモゴ
長寿命クッショニング、モゴミッドソールをさらにエコに。無毒性自然添加剤を利用した、バイオモゴ素材は、ランニングシューズのクッショニングとしての役目を終えた際も、通常の50倍の速度で、生物分解される環境に優しい素材。

pivot.jpg

ピボット・ポスト
地面との接触面積を最小限に抑えるよう設計された、それぞれ独立した外側と内側のピボット・ポストがさまざまな路面コンディションにおいても安定した走りを可能にする。
 

brs.jpg

バリスティック・ロック・シールド
アウトソールとミッドソールの間の強化熱可塑性樹脂EVAシードが点荷重を分散させ、尖った障害物からフォアフット(前足部)を保護。

ccp.jpgキャタピラー・クラッシュパッド

キャタピラー形状のクラッシュパッド。程よいクッション性と安定性を提供し、ランニング中のかかとからつま先への滑らかな体重移動を可能にする。

hpr.jpgHPRグリーン
・分散シリカを材料とし、高い耐久性で長持ちする、環境に配慮したアウトソール。水に濡れたウエットなコンディションでもグリップ力を維持し、滑りにくい。

podtec.jpgポッド・テック
・着地から蹴り出しまで、効率的でバランスの取れた足のポジショニングを保持するために開発された、ミッドソールとアウトソールの素材。

elements.jpg

エレメント
軽量でしなやかなマイクロファイバーの生地を使ったアッパーは、優れた通気性、耐久性、そして履き心地を実現。

■BROOKS   http://brooksrunning.co.jp 

 BROOKSの最新情報は、Facebook公式ページでチェック!
menu2.jpg
menu3.jpg
menu41.jpg
 menu5.jpg
  • ブルックス
  • モントレイル トレイルランニング
  • INOV8 トレイルランニング
  • 塩熱
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • レイドライト トレイルランニング
  • ess トレイルランニング