トレイルランニング情報サイト トレールランナーjp
トレイルランニング情報サイト トレイルランナーJPホーム
ブルックス
モントレイル トレイルランニング
INOV8 トレイルランニング
プラティパス トレイルランニング
塩熱
cep トレイルランニング
さかいやスポーツ トレイルランニング
RL トレイルランニング
サロモン トレイルランニング
Menu
トレイルランナー.JP
過去のNews
hoka_one one トレイルランニング
【REPORT】ララムリから学ぶ、走る生き方 #3 ララムリと走る
2013年4月4日
016.jpg
現地で長年タラウマラを研究している人類学者の上西和美さんによると「走る民」は多少省略化した形で、一般的には「ララムリ」は「軽い足」と直訳されるという。そんな軽い足を間近で見ることが出来るのは、この旅の中でも大きなトピックの1つだった。
走るという行為は、とてもシンプルで、コートの向こう側に対戦相手がいるわけでもなければ、団体競技でもなく、極めて個人主義に立脚している一方、だからこそなのか、人々は支え合い、励まし合いながら一体感と共有感を強め、その関係性は濃密になる。
それはコッパーキャニオンという辺境の地のプリミティブな場においても変わらずに存在する普遍的なものとして、走ることの奥深さと尊さに満ち溢れた忘れられないレースとなった。
レースが行われる前日のお昼に「キッズラン」が催された。そのスタートの様子がこの動画。ちなみに、コースの真ん中で青い帽子に黄色ジャケットを着てカメラを構えているのが石川弘樹さんだ。
子ども達の走りを観察してみると、スニーカーからワラーチ、ビーチサンダル、裸足と様々で、大会Tシャツを身にまとって跳ねるように走っていた。この年代にとっては日本の子どもと同様に純粋に走ることを楽しんでいる様子。

017.jpg

これは2位の男の子。
足下をみると裸足だ。
キッズランが終わると、前夜祭に向けてララムリたちが続々と集まってくる。村によって違う民族衣装を纏いウリケの町を練り歩く様子は、いやが応にも気持ちを高ぶらせた。

018.jpg

民族衣装を着た女の子。ララムリたちはとてもシャイで、なかなか目を合わせてもらえない。
民族衣装を纏いウリケの町を練り歩くララムリ

019.jpg

前夜祭の一コマ。外国人ランナーたちとの交流もこの旅に欠かせないものとなった。ランは簡単に国境を越えると実感した。
020.jpg
前夜祭の余韻が残るまま夜が明け、レースの日3月3日を向かえる。スタートは朝6時。距離は50マイル(80km)、制限時間は14時間。累積標高が2500mほどということもあり、ハセツネよりは長い距離ながら、標高差はそれほどでもない。
コースは縦長のY字型をしていて、折り返し地点によって何度も他のランナーとすれ違うように設計されていた。そのお陰で一緒に行った仲間や仲良くなった外国人ランナーと幾度となく顔を合わせることができたばかりか、伝説のランナー、マヌエル・ルナや、あのスコット・ジュレクを破ったアルヌルフォ・キマーレをはじめ、ララムリの、しかもトップクラスの走りを間近で見ることも可能だった。
彼らの足下は勿論ワラーチ。厚底のゴムタイヤと一本の革紐という最もシンプルなスタイルでどんな走りをするのか興味津々だった。当たり前なのだけど、ワラーチ姿を見て「やっぱ本当にこのスタイルなんだ!」と感慨深い気持ちになったことを覚えている。
写真右はアルヌルフォの全身写真。慎重は165cm程度と低く、無駄のないシャープな身体付きとすっと伸びた脚が特徴的だった。珈琲色の肌の艶感と独特のオーラが印象的。
021.jpg
アルヌルフォの足。ララムリの人々に共通していたのは、大地をしっかり掴むように親指のサイズが大きめで開いていることと、ふくらはぎのフォルムの細さだった
さて、実際の走る姿はどうだったのか。
「軽い足」のことを本「BORN TO RUN」では”雲のように駆け上がる”と表現していたが、僕たちは目を疑うような光景を何度も目の当りにする。それは、ララムリたちは上りは走り、平坦になると歩き、下りが上手ではなかったからだ。
勿論、ララムリの中のトップ級は別。今年の大会では2位と3位にララムリのミゲール・ララとシルビーニョが入っている(石川弘樹さんは5位)。彼らクラスとなれば平坦になると歩いて、下りが下手ということはない。

さすがに彼らは上


スポンサーリンク
トレイルランニンググッズ 体感レポート
2015トレイルランニングカタログ
トレイルランニング大会情報
スポルティバ トレイルランニング
ランニングシューズ A to Z
スコットジュレク トレイルランニング
ゼロベースランニング

スポンサーリンク
Powered by E press   プライバシーポリシー