TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

【Report】霧ヶ峰ロゲイニング2016

kirigamine1

ロゲイニングとは制限時間内にチェックポイントを周り、より多くの得点を獲得する競技です。オリエンテーリングは周る順番が決められているのに対して、ロゲイニングはどんな順番でもOK。またオリエンテーリングよりも広範囲で、時間も長いのが特徴です。

2016年7月3日(日)に開催された「霧ヶ峰ロゲイニング」は、本格的な競技スタイルを継続している大会として、人気があります。この大会は、日本オリエンテーリング協会が主催する「Navigation Games 2016」の一つでもあり、年間獲得ポイントでの表彰対象になるため、強豪選手が集まり熱い戦いを繰り広げます。

「霧ヶ峰ロゲイニング」には制限時間3時間と5時間のコースがあり、それぞれ2~5名で構成される家族、男女混合、男女混合シニア(全員50歳以上)、男子、女子、男子シニア、女子シニアのチームで行われます。※3時間のみソロ(男子、女子、各シニア)があります。

開始時間15分前に一斉に地図が配られ、スタートまでの時間で各々、どの順番でチェックポイントを回ろうかと作戦を練ります。また、制限時間をオーバーすると、1秒~60秒の遅刻は100点減点、その後60秒ごとに100点減点という厳しいペナルティが課せられます。せっかく取ったポイントを減らさないためには、遅刻厳禁が鉄則です。

ロゲイニングの魅力のひとつは、必ずしも足の速さが高得点に直結しないところにあります。ガンガン速く走っていても、うっかり分岐を見逃して思わぬロスをしてしまったりすることも。体力だけでなく、地図を読める知力や、チェックポイントを見つける注意力なども必要になってくることで、マラソンやトレイルランニングとは違った逆転劇が起こるのもまた、ロゲイニング独特の面白いところです。

kirigamine2
(写真左)短い時間の間に、5時間どこを回るかを決めます。
(写真右)小雨の中、いよいよスタート!

今回私は、5時間コースの女子チームで参加しました。街でのフォトロゲイニングには何度か出ましたが、山でのロゲイニングは初挑戦! スタート15分前に地図が一斉に配布されると、みんな真剣な顔で作戦会議を始めます。さあ、どのチェックポイントを取りに行こう!? 限られた時間、それぞれが知恵を絞ります。

少し強めの雨が降り出したので、雨具を着込み装備を整えて、さあスタートです! 一斉に四方八方に散らばっていく参加者たち。ロゲイニングならではの面白い光景です。ここで最初はどのチェックポイントに行くのかが、だいたいわかります。

スタートしてからは雨も止み、むしろ涼しくて走りやすく快適です。しかし霧がすごく、眺望も臨めないだろうことから、車山から喋々深山へと行く人気の登山道ルートをとる人は少ないようです。私たちも当初はそちらに行くことを考えましたが、天気を考慮して登山ルートは避けたコースを選びました。

kirigamine3
(写真左)これがチェックポイント。ユニット(写真中)にE-card(写真右)をはめ込みます。
13559104_1079220312152543_3006605102389194799_o
(写真左)屈まないと通れない高さ。ここは走行禁止です。
(写真右)雨で少し増水した沢。どこから渡ろう?

途中、藪で覆われた道もあったり、沢を渡る箇所もあったりと、ちょっとしたアドベンチャー気分を味わうこともできました。また、霧の中だとチェックポイントを見失いやすいので、目的地に近づくと慎重に進みます。

車山肩のドライブインでひと休みしている間に、少し晴れ間がでてきました。さっきまで霧の中だった車山も見えてきたので、ここで一旦、車山山頂(今回の最高得点のポイント)を目指そうか…と悩みました。しかし遅刻する可能性があるため、当初の予定通り、霧鐘塔に向かいフィニッシュすることにしました。ロゲイニングでは遅刻するとポイントが減点されてしまいます。霧ヶ峰ロゲイニングでは、1分ごとに100ポイント減点です。多くのポイントは1か所100点以下なので、遅刻してしまうとそのダメージは非常に大きいため、遅刻は厳禁なのです。

kirigamine5
(写真左)霧の中から車山が見えてきました。
(写真右)「チーム走れる?ぽっちゃり娘」加藤満 蛯原万紀子、ゴール!

そして私たちは制限時間14分前にゴール! あっという間の楽しい5時間でした。ゴールと同時に青空が見えてきて、ぐんと気温も上がり暑さが戻ってきました。とはいえ標高1600mは都会の蒸し暑さと比べると天国です。この時期、山に行く方も多いと思いますが、ちょっと目先を変えた宝探し気分のロゲイニング、新しい山の楽しみ方が発見できるかもしれません。

霧ヶ峰には数々の絶景ポイントもありますし、この時期はニッコウキスゲも綺麗に咲いています。のんびりと写真を撮ったり、途中のドライブインで高原牛乳を飲んだりソフトクリームを食べたりするという楽しみ方もできますので、親子で参加される方もたくさんいます。

仲間と力を合わせてチェックポイントを探すという、ちょっと宝探し的な要素を加えたトレイルランニングともいえる山でのロゲイニング。ぜひ一度経験してみてください。

kirigamine7  Reort/Michiru KATO

■霧ヶ峰ロゲイニング
http://orienteering.com/kirigamine/
■日本オリエンテーリング協会 「Navigation Games 2016」
http://www.orienteering.or.jp/ng/2016/

 

  • ブルックス
  • モントレイル トレイルランニング
  • INOV8 トレイルランニング
  • スポルティバ トレイルランニング
  • プラティパス トレイルランニング
  • 塩熱
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング