TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

来たれトレイルランナー! ~山道最速王決定戦2018 @箱根ターンパイク

標高差981m、13.6km登りっぱなし! 
今年のゲストは福島舞と三浦裕一
今年もやってきた山道最速王決定戦。昨年、鏑木毅氏がゲスト参加したことで記憶に残る人もいるこ とだろう。普段は車両のみ通れる観光有料道路である箱根ターンパイクを、この日は貸し切りで走れ る。距離は13.6km。ただし、スタートからフィニッシュまで全て登りだ。標高差も1,000m近くあり 平均斜度は7%だという。
日程は、9月8日(土)。会場は、アネスト岩田ターンパイク箱根特設コース。ロードレースの部では3,000人の募集をしており、まだエントリーが可能だ。「走るのはちょっと….」という方にはウォーキングの部も用意されている。未就学児の連れ添いもOK。今年は応援バスも出るため、家族や友人・知人の観戦としても楽しめる。9月頭の予定を探していた人、標高差981m、13.6km登りっぱなしにチャレンジしてみませんか?

ゲストランナー
山道最速王決定戦2018実行委員会によると、「トレイルランナー大歓迎です。みなさんの強さ・タフさを ぜひ披露してください」と期待を寄せている。この期待に応えてくれたゲストランナーをご紹介しよ う。

福島舞(1985年、北海道生まれ)[写真左]
元陸上自衛官。退官後は、サンミュージックに所属しタレント活動。 現在は出版社に勤務。
<意気込み>
登るだけの山のレースは出た事はありますが、登るだけのロードレースは初めてです。想像するに絶対キツイ。。 でも苦しいのはみんな同じ!みなさんとヒーハー言いながらも思いっきり楽しみたいと思っています。
<主な戦績>
2018年 :戸隠マウンテントレイル20k 1位 、スリーピークス八ヶ岳トレイル38k 1位 、乗鞍天空マラソン42.195k 1位
2017年:illamook barn50k(アメリカ) 2位、信越五岳110k→50k 1位 、Maxi race Yangshuo(中国)25k 1位

三浦裕一(1987年、神奈川県生まれ) [写真右]
2018年スカイランニング世界選手権日本代表。趣味はキャンプ。
<意気込み>
國學院大学時代に夢の叶わなかった箱根駅伝出場ですが、今回箱根の坂を走る機会をいただけて、とても楽しみ にしています。みなさんを最後尾からガシガシ追い抜いていきます!
<主な戦績>
2018:スパトレイル72k準優勝、北丹沢12時間山岳耐久レース44k優勝
2017:上州武尊山スカイビュートレイル120k優勝、甲州アルプスオートルートチャレンジ64k優勝
2016年、2017年スカイランニングアジア選手権優勝

大会概要
■大会名:山道最速王決定戦2018@箱根ターンパイク
■開催日時:2018年9月8日(土)※雨天決行・荒天中止
■会場:アネスト岩田ターンパイク箱根特設コース
■参加募集人数:最大4,000人(ロードレースの部3,000人、ウォーキングの部1,000人)
■種目
①ロードレースの部(13.6km) 制限時間3時間(※タイム計測/順位の発表・表彰などを行います)
②ウォーキングの部・登り(13.6km)制限時間5時間(①に先だって一斉スタートを予定しています)
③ウォーキングの部・下り(13.6km)制限時間5時間(バスで頂上に上がった後、頂上から降りて来ます)
■参加条件
①18歳以上
②③小学生以上有料(未就学児無料)
■参加料
①7,500円 期間:~7月31日(火)23:59(※下山バス代無料)
②登り大人:2,500円 小学生:1,300円(※下山バス代無料)
③下り大人:2,000円 小学生:1,000円(※登りバス代無料)
④応援チケット 大人:1,000円 小学生以上:600円
■主催:山道最速王決定戦2018 実行委員会
■特別協力:アネスト岩田ターンパイク箱根
■詳細は大会オフィシャルHPへ http://hakone-saisoku.com/

エントリー情報
  • ブルックス
  • モントレイル トレイルランニング
  • INOV8 トレイルランニング
  • スポルティバ トレイルランニング
  • プラティパス トレイルランニング
  • 塩熱
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング