TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

【BOOK】「極限力 ~Beyond Self~」

限界とは、いったいなんなのだろうか。実際に限界を超えた体験をしたことがある人は、そもそもどれほどいるのだろうか。多くの人はむしろ、自分で限界というラインを引いているのかもしれない。真の限界を超えたとき、人はどうなるのか……、限界の先には、どんな世界が待っているのか……。多くのアスリートは、限界という概念を嫌う。限界と認識した時点で、自身の能力はストップしてしまう。それはアスリートとしての進化の終着、引退を意味する。だからこそ、限界のラインを高め、新たなステージへと向かう。

限界を感じたとき、苦難に遭遇したとき、どうすべきか? どう乗り越えていけばよいのか? トップアスリートたちがそれぞれに見出した限界越えという体験に、そのティップス、秘訣や裏技、ヒントが散りばめられている。人間に秘められた能力、限界を超えた先にある力を見出すことができれば、人間ができることの可能性は飛躍的に広がっていく。精神的な限界、肉体的な限界、さらにはその複合的な限界……、あらゆる限界、極限の世界への境界・分岐点を越えたとき、これまでに経験したことのない、新たなステージに到達できるのかもしれない。
これはスポーツに限ったことではない。ビジネスや日常生活のあらゆるシーンに応用できる力、限界の向こう側、極限の世界へと誘う“極限力”ともいうべき未知の能力。“極限力”とは、本来だれもが持っている秘められた能力なのかもしれない。だが、その力を体得・体感・実践すること自体がとても難しい……。トップアスリートが見出した限界の突破口、“極限力”への道。本書はその秘密・核心に迫るドキュメント・レポートである。本書でさまざまなティップスを語ってくれたのは、山岳ランニング(トレイルランニングやスカイランニングなど)の世界で活躍するトップアスリートたちだ。

山岳ランニングとは文字通り、山という自然の中を走るアウトドアスポーツ。競技としては、対人、対自身といった要素はもとより、不確定事項を多分に秘めた対自然といった要素をも含んでいることが、大きな特徴のひとつといえる。“人、自身、自然”といったすべての要素に対峙する。そのすべての要素を問われるのが、山岳ランニングという競技だ。こうしたステージの頂点で活躍するトップアスリートたちの実体験のなかに大きなヒント、ティップスがある。

限界ラインの引き上げ方、自身の変革・革新ともいえる限界を超えた先にある極限の世界へのターニングポイント、それぞれのトップアスリートが実体験のもと導き出した貴重なエッセンス、“極限力”を纏う術の一端を解き明かしていく。


極限力 ~Beyond Self~
■単行本
■価格/¥1,836
■出版社/エイ出版社
■発売日/2018/9/27

  • ブルックス
  • モントレイル トレイルランニング
  • INOV8 トレイルランニング
  • スポルティバ トレイルランニング
  • プラティパス トレイルランニング
  • 塩熱
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング