TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

【CASIO】心拍計測機能を搭載したPRO TREK Smartの新製品「WSD-F21HR」を発売

ランニングやトレイルランニングなどで自身に適したペース配分をサポート
カシオ計算機は、アウトドア向けリストデバイス“PRO TREK Smart(プロトレックスマート)”の新製品として、心拍計測機能によりランニングやトレイルランニング、サイクリングなどでのペース管理や効率的・効果的なトレーニングに活用できる「WSD-F21HR」を2019年9月13日に発売します。


CASIOのスマートウオッチは、耐久性の高いハードウェアや当社オリジナルアプリ“アクティビティ”※1などのアウトドアで役立つ各種アプリ、GPS機能の搭載によるオフライン地図機能対応など、トレッキングや登山をはじめとするアウトドア愛好家を中心に高い評価を得ています。

※1: トレッキング、サイクリング、フィッシング、スノー、パドルの各アクティビティ中に、計測データをリアルタイムで表示するアプリ。
(左上)光学センサー (右上)地図画面 (下)カラー画面表示例

「WSD-F21HR」は、新たに心拍計測機能を搭載。好評の地図表示機能と組み合わせることで、ペース管理やコースの確認ができ、ランニングやトレイルランニングでより使いやすくなりました。“アクティビティ”の“ランニング”と“トレイルランニング”の両メニューで表示するデータ※2は、ユーザーが選び、最大4パターンまで「WSD-F21HR」本体から簡単にプリセットできます。走っている最中に走った距離やゴールまでの残り距離を確認することで、自身のモチベーション向上や、心拍数やペースを可視化することで、適切なトレーニングになっているかの確認に役立ちます。

さらに、新しいウオッチフェイス「ハートレート」を搭載。加速度センサーが動きを検出すると、自動で心拍計測画面に切り替わります。計測された心拍情報は5段階の心拍ゾーン※3で表現され、視覚的に把握できます。

新ウオッチフェイス「ハートレート」(左)通常画面・(右)計測画面
※2:表示できる項目は心拍数+心拍ゾーン/心拍数/心拍数グラフ/トータルタイム/ランニングタイム/予測タイム/ゴール到着予測時刻/ラップ/平均ラップ/ペース/平均ペース/最大ペース/総距離/ゴールまでの残り距離/速度/平均速度/最高速度/速度グラフ/エネルギー消費量/気圧/気圧グラフ/高度/高度推移グラフ/ゴール標高/ゴールまでの残り標高/上昇高度/下降高度/現在時刻/電池残量。なお、上段・中段・下段で設定できる項目は一部異なります。
※3:最大心拍と安静時心拍を設定することで、自身の状態やトレーニング効果を5段階で表示。現在のトレーニングレベルや目標にするトレーニングはどのくらいの心拍数で行えばよいかなど、運動強度の目安を心拍ゾーンから確認できます。

従来同様、各種Googleアプリサービス、登山・トレッキングアプリ「YAMAP」やランニング・サイクリングアプリ「STRAVA」などWear OS by Google対応のさまざまなアウトドア・スポーツアプリも利用でき、多彩なシーンで活用できるリストデバイスです。

WSD-F21HRの主な特長
■“PRO TREK Smart”初となる心拍計測機能
手首にLED光を照射して計測する光学式センサーを搭載しました。新ウオッチフェイス「ハートレート」では、加速度センサーにより、動きを検出すると、自動で心拍計測画面に切り替わります。計測された心拍情報は5段階の心拍ゾーンで表現され、動いた時間と心拍情報を視覚的に把握できます。

■新たなアクティビティ「ランニング」「トレイルランニング」「ランニング」「トレイルランニング」
アプリ中の表示データは、心拍数やペース、距離などの項目からユーザーが三つ(上段/中段/下段)を本体の操作だけでカスタマイズして選べます。最大4パターンまで登録し、アクティビティ中に必要な計測データをスムーズに切り替えて確認できるだけでなく、地図も表示されるので、初めてのコースや旅先でもランニングを楽しめます。

■楽しみ方の幅が広がるルートの取り込み機能・計測データのアップロード機能
GPSログデータの取り込みができるので、ランニングやトレッキング、サイクリングなどのアクティビティで過去に自身や友人が使用したルートを確認できます。また、「アクティビティ」アプリ」で計測したデータはGoogleドライブに自動保存され、Googleカレンダーで履歴を振り返ることもできます。

■使い勝手に優れた耐環境性能
従来の“PRO TREK Smart”同様、アウトドアでの使用を想定した5気圧防水、MILスペック準拠のタフネス性能を備えています。

■アウトドア・スポーツ用途を重視したデザイン
スポーティで精悍さを感じさせるフロントベゼルのほか、柔軟性と耐久性を両立し、装着感の高いソフトウレタンバンド、フィット感を高めるダブルピンバックルを採用し、アウトドア・スポーツシーンでの使いやすいモデルに仕上げました。

(左)WSD-F21HR-RD (右)WSD-F21HR-BK

■価格/56,000円+税
■発売日/9月13日
主な仕様
■防水性能/5気圧※1
■耐環境性能/MIL-STD-810G(米国防総省が制定した米軍の物資調達規格)準拠※2
■ディスプレイ/1.32インチ 2層構造
カラーTFT液晶(320×300ピクセル)+モノクロ液晶
■タッチパネル/静電容量式タッチパネル(防汚コーティング対応)
■GPS/搭載(GPS、GLONASS、みちびき対応)
■カラー地図機能/搭載(オフライン対応、最大5か所まで保存可能)
■センサー/圧力(気圧/高度)センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、方位(磁気)センサー、光学式センサー(心拍計)
■マイクロフォン/搭載
■バイブレーター/搭載
■無線/Bluetooth® V4.2 (Low Energy 対応)
Wi-Fi (IEEE802.11 b/g/n)
■ボタン/MAPボタン、電源ボタン、APPボタン
■バッテリー/リチウムイオン電池
■充電方式/マグネット圧着式充電端子
■充電時間/常温で約2.5時間
■電池寿命(GPS使用なし)/通常使用(カラー表示):約1.5日
時計とセンサーのみ(マルチタイムピースモード):約1ヶ月※3(使用環境によって変動します)
■本体サイズ/約61.7×57.7×16.8mm(ボディ部分の縦×横×厚さ※4)
■質量/約81g (バンド含む)
■OS/Wear OS by Google
動作環境:本機の利用には、以下を搭載したスマートフォンが必要です。
サポートされている機能はプラットフォームおよび国によって異なる場合があります。
Android™:Android™4.4以上(Goエディションを除く)
iOS:iOS 10以上

※1 社内独自試験によるもの
※2 MIL-STD-810Gの下記9項目を試験済
落下:MIL-STD-810G Method 516.7 ProcedureⅣに準拠した試験を実施。
振動:MIL-STD-810G Method 514.7 ProcedureⅠに準拠した試験を実施。
湿度:MIL-STD-810G Method 507.6 ProcedureⅡに準拠した試験を実施。
太陽光照射:MIL-STD-810G Method 505.6 ProcedureⅡに準拠した試験を実施。
低圧保管:MIL-STD-810G Method 500.6 ProcedureⅠに準拠した試験を実施。
低圧動作:MIL-STD-810G Method 500.6 ProcedureⅡ に準拠した試験を実施。
低温保管:MIL-STD-810G Method 502.6 ProcedureⅠに準拠した試験を実施。
温度衝撃:MIL-STD-810G Method 503.6 ProcedureⅠ-Cに準拠した試験を実施。
氷結:MIL-STD-810G Method 521.4 ProcedureⅠに準拠した試験を実施。
本端末の有する性能は試験環境下での確認であり、実際の使用時すべての環境での動作を保証するものではありません。また、無破損、無故障を保証するものではありません。
※3 Wear OS by Googleの機能はオフになります。センサーの使用状況等によって電池寿命が変動する場合があります。
※4 厚さにセンサー突起含む場合:約19.1mm
Bluetoothは、Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。
Wear OS by Googlecおよびその他のマークは、Google LLCの商標です。
iPhoneは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
IOSは米国シスコの商標もしくは登録商標です。
その他のサービス名・製品名などは各社の商標または登録商標です。
  • ブルックス
  • モントレイル トレイルランニング
  • INOV8 トレイルランニング
  • 塩熱
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • レイドライト トレイルランニング
  • ess トレイルランニング