トレイルランニング情報サイト トレールランナーjp
トレイルランニング情報サイト トレイルランナーJPホーム
ブルックス
モントレイル トレイルランニング
INOV8 トレイルランニング
プラティパス トレイルランニング
塩熱
cep トレイルランニング
さかいやスポーツ トレイルランニング
RL トレイルランニング
サロモン トレイルランニング
Menu
トレイルランナー.JP
過去のNews
サロモン トレイルランニング
【Columbia】UTMBに石川・奥宮・上田参戦決定! レースへの思いと抱負を語る
2015年7月9日

ヨーロッパアルプスの最高峰、モンブランを走り抜ける世界最高峰のトレイルランニングレースUTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)。2015年より「Columbia(コロンビア)」「Mountain Hardwear(マウンテンハードウェア)」「Montrai(モントレイル)」が新しいパートナーとして大会をサポートすることになりました。

mtutmb5

ヨーロッパアルプスの最高峰、モンブランを走り抜ける世界最高峰のトレイルランニングレースUTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)。2015年より「Columbia(コロンビア)」「Mountain Hardwear(マウンテンハードウェア)」「Montrai(モントレイル)」が新しいパートナーとして大会をサポートすることになりました。

世界中のトレイルランナーを魅了するUTMBは総距離168km、累積標高9600mの過酷なコース。フランスのシャモニーをスタートして、半時計回りにイタリア、スイスと3か国を周遊するレースです。メインレースであるUTMBを始め、距離別に5カテゴリーのレースがあります。UTMB開催中は、トレイルランニングというスポーツが世界中で最も注目される期間といっても過言ではありません。

今回のUTMB、そしてUTMBの後半の103kmをコースとしたCCCに国内外のモントレイル、マウンテンハードウェアのアスリートが出場します。日本からはUTMBに石川弘樹選手、奥宮俊祐選手がCCCには上田瑠偉選手が出場することにり、その発表が行われました。

以下、3名の意気込みやUTMBへの思いをまとめました。

mtutmb1

 石川弘樹
「僕が初めてUTMBに出場したのは2005年。その頃は日本で得られる大会の情報もなく、大会自体の規模も小さいものでした。その年の僕のテーマは北米で最もハードなレースとヨーロッパで最もハードなレースに挑戦するということでした。そこで、7月にアメリカのハードロック100、8月にUTMBにエントリーしました。UTMBは第3回大会で今ほどの盛り上がりはありませんでした。13位でフィニッシュしたのですが、ゴールには数人いるだけでした(笑)。ヨーロッパのレースは初めてだったのですが、横移動が多く、トレイルは柔らかいという北米レースとはまったく違い、アップダウンが激しくてトレイルは硬いというコンディションだったので、かなり足に負担がくるレースだったという記憶があります。前回は130kmまで4位で走っていたのですが、その後に順位を落としてしまったので、今回はその借りを返したいですね。そして、今現在、ベストコンディションの自分が世界とどのくらい戦えるのかを試してみたいですね。

 

mtutmb3

 奥宮俊祐
UTMBは今回が2回目になります。2年前に走ったときは、とにかく少しでも上位に入りたいということと、鏑木さんを超えたい! という意気込みで走りました。長くハードなコースなので、なるべくペースを押えて行こうと思っていましたが、スタートの雰囲気に完全に飲まれてしまい、テンションが上がってしまって、最初から突っ込みすぎてしまいました(笑)。途中から身体が動かなくなって「これ以上苦しいレースはないのでは」という思いでした。途中で針葉樹林の山の中に高層ビルが立っている幻覚を見ながら、40時間くらいかかってなんとかゴールしました。実はその時、クールマユールで棄権しようかと思っていたのですが、次に挑戦するときのために全てのコースを見ておこうと思って、試走のつもりで必死に完走しました。その時の経験を無駄にしないように、今回こそ力を出し切って上位に食い込みたいですね。

 

mtutmb2

上田瑠偉
UTMBではなく、CCCに出場しようと思った理由は二つあります。一つは、今年どうしてもハセツネCUPで2連覇したいという目標があります。その前に長い距離を走っておきたかったのですが、100マイルはちょっと長すぎると思ったこと。そして、もう一つは100kmまでなら自分のスピードを維持しながら走れるという自信があるということです。レースでは標高1500mから2500mあたりを走るのですが、今年は6月にスカイレースで2000m以上も経験していますし、この後も2000m以上の山で合宿をする予定があるので、ベストな走りができるよう対策はしています。しかしながら、海外のレースは2戦目でヨーロッパのレースは初めてなので、まずは精一杯楽しんでくるのが目標です。その中で、チャンスがあれば上を狙っていきますし、今後世界のトップになるための糧となるように、トップ集団に喰らい付いていきたいと思います。

mtutmb4

■コロンビアスポーツウェアジャパン
モントレイル  http://www.montrail.jp
マウンテンハードウェア http://www.mountainhardwear.jp

 


スポンサーリンク
トレイルランニンググッズ 体感レポート
2015トレイルランニングカタログ
トレイルランニング大会情報
スポルティバ トレイルランニング
ランニングシューズ A to Z
スコットジュレク トレイルランニング
ゼロベースランニング

スポンサーリンク
Powered by E press   プライバシーポリシー