トレイルランニング情報サイト トレールランナーjp
トレイルランニング情報サイト トレイルランナーJPホーム
ブルックス
モントレイル トレイルランニング
INOV8 トレイルランニング
プラティパス トレイルランニング
塩熱
さかいやスポーツ トレイルランニング
RL トレイルランニング
サロモン トレイルランニング
Menu
トレイルランナー.JP
過去のNews
hoka_one one トレイルランニング
UTMF2015 3位 ジェフ・ブラウニング(USA)インタビュー
2015年9月28日

100マイルは人間が持っている感情を
すべて味わえるレースだ
ジェフ・ブラウニング(USA)IMG_4873

 8月のウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)で怪我によるリタイアという残念な結果だっただけに、かなりの意気込みで日本にやって来たジェフ・ブラウニング(Jeff Browning)。自身にとって22回目の100マイルレースとなったウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)2015で見事3位入賞を果たしました。

とにかく100マイルが好き、というジェフに100マイルレースの魅力についてインタビューしました。

utmfjaff--なぜ走り始めたきっかけは?
「子供の頃は農場に住んでいたんだ。生活する上で広大な土地を駆け回るのは当たり前えのだったんだ。500m程離れたところに祖父母が住んでいて、アイスクリームをもらいに行ったり来たりしていたな。20代台の頃はマウンテンバイクでクロスカントリーにはまっていたんだけど、あるときウエスタンステーツのことを知って、100マイル走ってみたくなったんだ。2000年当時、100マイルはアメリカで32レースしかなかったんだ。それでトレーニングしたり、必要なポイントを得るためにレースに出て、トレイルランニングにはまっていったね。ウエスタンステーツの出場資格を取るまでに1年半かかったんだ。今でもマウンテンバイクやロードバイクにも乗るよ。ランで足の調子が良くないときにはバイクに乗るんだ」

--100マイルにしか興味がないの?
「僕は100マイルに向いていると思うんだ。他人より胃が強いからね。食べたものを戻さずに吸収できる強さがある。100マイルの魅力は、とにかく長い距離なので、後半は気持ちだけで走る部分がいい」

--その強い胃袋にレース中に入れるものはどんなもの?
「ここ数年自分に合っていると思うのは、15分に一回自作のジェルを摂ること。そして1時間毎にアボカドロール(白飯にココナッツオイルと塩を混ぜ、アボカドを具に海苔で巻いたもの)を食べることだね。レース後半にエイドにベーコンがあると思わず食べちゃうけどね(笑)。自作のジェルは糖が10%を超えないように薄めるんだ。血糖値の上下動を少なくすることがポイントだね」

IMG_4871--普段はどんなトレーニングをしているの?
出るレースによってトレーニングの仕方は変わるけれど、急坂の練習が多いかな。ハイスピードにも慣れないとけないから10km走るなども取り入れているよ。技術的には数年前に「気(チー)ランニング」を取り入れたんだけど。それで走り方が変わったね。
今年はUTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)にピークを合わせるようにトレーニングしてきたんだ。でも、怪我で不完全燃焼だったから、逆にUTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)はコンディションが良いまま、スタートに立てたんだ」

--100マイルレースでは心(マインド)・技(テクニック)・体(フィジカル)のどれが一番大切?
「バランスが大切。3つがすべて整うことで自分の思う走りができる。でも、その中でも何が一番と言われればやっぱりマインドだね。どんなに身体のコンディションが良くても休みたいと思う気持ちを押さえ込めるのはマインドだから。基本的には『俺はできる!』っていうはポジティブシンキングで乗りきるね。たまには怒りにも似た感情で身体が動かすこともあるけどね」

--マインドの部分で心の拠り所となっているものは?
「3人の子供と妻だね。家族との時間を削ってトレーニングして、遠征してレースを走っているからね。諦めない姿勢をみせたいんだ。怪我以外ではリタイヤしないと決めているんだよ」

--マインドトレーニングって何かしてるの?
「子供の頃、牧場での生活は朝から家族全員で働き通し。身体が疲れていてもやらなければならない環境にあった。だから、自然とそういうマインドは出来上がっていたと思う」

--100マイルレースの魅力って何?
「例えば、100m走だったら、練習で100mを何回も走ることができるよね。ところが、100マイルはそうはいかない。たとえば、100マイルレースの最後の数十マイルをシュミレートすることはできないんだ。それが、50kmとか100kmと別物である理由だね。最後の40マイルは全てが揃わないと走りきれない。はまる理由はそこなんだ。最後はどうなるか判らないからね。
それと、100マイルは多くのランナーにとってはレースではなく、旅に近いものだと思う。誰かと競いあうというよりは、自分との戦いさ。『100マイルは人間が持っている感情をすべて味わえるすべてのレースだ』なんだよ。人生で味わうすべての感情を凝縮しているんだ。すごいよね!」

--ありがとうございました。

IMG_4878ジェフ・ブラウニング (Jeff Browning)
アメリカ ミズーリ州キャロルトン出身。オレゴン州ベンド在住。。シューズを切り裂いたりショーツを改良したりして新しいアイデアを試す、自称「ギアオタク」のジェフは山でのランニングに加え、オレゴン州ベンドの自宅のオーガニック庭園で3人の子供、4羽のニワトリ、2匹の犬を追いかけて過ごす。また彼は〈リトルフット・ランニング〉クラブのコーチとして子供にランニングの世界を紹介している。
シューズ/ALTRA
バックパック/UltrAspire
ウェア/patagonia

■主な戦歴
2012年 ユタ州のWasatch Front 100 Mile Endurance Runで優勝
2012年 カリフォルニア州のSan Diego 100 Mile Endurance Runで優勝/コース記録保持
2010年 ワシントン州のCascade Crest 100 Mile Endurance Runで優勝
2009年 ミズーリ州のOzark Trail 100 Mile Endurance Runで優勝
2009年 ニューヨーク州のIroquois Trails Ultra 100 Mile Run(Virgil Crest 100 Mile Ultramarathonsに改名)で優勝/コース記録保持
2008年 ワイオミング州のBighorn 100のオルターナティブ・スノーコースで優勝/コース記録保持
2006年 ワイオミング州のBighorn 100で優勝
2005年 ワイオミング州のBighorn 100で優勝

Spechal Thanks
UltrAspire http://www.ultraspire.jp/

 


スポンサーリンク
トレイルランニンググッズ 体感レポート
トレイルランニング大会情報
スポルティバ トレイルランニング
ランニングシューズ A to Z
スコットジュレク トレイルランニング
ゼロベースランニング

スポンサーリンク
Powered by E press   プライバシーポリシー