TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

COLUMBIA MONTRAIL Caldorado III(カルドラドIII)

しなやかなアッパーを採用し
ナチュラル感が増した定番オールラウンドモデル

ショートからロングまで、フラットからテクニカルトレイルまで、さらには初心者からアスリートまで、どんなシチュエーションでも、どんなランナーでも受け入れるオールラウンドシューズ、Columbia Montrail(コロンビア モントレイル)の「CALDORADO(カルドラド)」が、第3世代にアプデートしました。

進化の方向性としては「CALDORADO」から「CALDORADO Ⅱ」へは、スムーズな履き心地へ、そして、今回の「CALDORADO Ⅲ」ではよりスムーズな履き心地へと向かっているようです。

アップデートしたのはアッパーです。一見すると前作とあまり変わらないように見えるかもしれませんが、足を入れてみるとその差は歴然。素材の伸縮性がずば抜けています。足型は同じはずなのに、ゆとりと軽さを感じます。軽さというのは重量ではなく動きの軽さです。また、生地は目が詰まっていますが、薄いので通気性も十分です。

(左)シューレースが後退し、フォアフットがよりフリーになった。
(中)サイドは補強はあるものの全体的にしなやかさが増した。
(右)黒い部分の他に内部にも大きめのヒールカウンターがある。

さらに、アッパーをシューレースで締める部分が、より上から始まっているので、フォアフット部の締め付け部が後退しています。ちなみにハトメも一列減っています。素材の変更に加え、このような作りの変更とあいまって、足の屈曲や着地時のアーチのつぶれによる広がりが、よりストレスなく自然に行えるようになり、ナチュラル感覚が増しました。自分の足幅が広く、「CALDORADO」を諦めていた方にも、是非新ためてトライしてほしいと思います。

ヒールカウンターはアッパーの外側に付いている他に、プレートも内蔵されていますが、この内蔵されたヒールカウンターの形状が変わっています。前作ではヒールの両サイドの低い位置をサポートしていましたが、ニューモデルでは内蔵のプレートが両サイドの高い位置から後方まで回り込んでいるので、サポートが強力になりました。そして、しなやかなアッパーの中で、唯一とも言える強力な補強が甲の部分からヒールに向かって貫いています。この補強と大型のヒールカウンターによってヒールホールドがしっかりします。フォアフットの自由度を上げた分、ヒールのホールドはしっかりとして、安定感を維持できます。

(左)見た目からは想像できないほどしなやかなアッパー素材。
(中)デビューから変わらないオールラウンド性の高いラグ
(右)左が前モデル。実際に履いてみると見た目以上に進化している。

ミッドソールは前モデル同様、FluidFoamをフルレングスで使用。アウトソールも前モデル同様でラグは4mm。センターにキューブ型のラグ、それを取り囲むように接地面積の高いキャタピラタイプのラグを配置しています。

走った時のバランス、クッション性、反発性は前モデル同様で、低ドロップによる踵の低さ、幅広な接地感、しなやかなクッション性と適度な返りを感じることができます。そして、アップデートにより、足の動きがより自然に、軽くなることで、シューズ全体の軽快感はかなり向上した印象です。

リピーターの方はこの正常進化を違和感なく受け止められることでしょう。また、初めて履く方は、足がより自由になる感覚を味わえると思います。

Caldorado III
(カルドラドIII)
全米最高峰レースWestern States100を攻略するために作られたグリップ性、クッション性、サポート性のバランスはそのままに、かつてない履き心地を実現した、カルドラドの最新モデル
■価格/¥14,500+税
■サイズ/メンズ 25.0-29.0、30.0cm ウィメンズ 22.5-26.0cm
■カラー/メンズ 2色 ウィメンズ 2色
■重量(目安)/メンズ 292g/片足 ウィメンズ 241g/片足

 
コロンビア モントレイル  http://www.montrail.jp

 

「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

 

  • ブルックス
  • モントレイル トレイルランニング
  • INOV8 トレイルランニング
  • スポルティバ トレイルランニング
  • プラティパス トレイルランニング
  • 塩熱
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング