TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

inov-8 RACE ULTRA PACK(VEST TYPE)

ISPOゴールドアワードを受賞したレースパック
ソリッドな着用感と実践に即した使い勝手が魅力

raceultra1

raceultravest2
(写真上)ストラップ装着位置は
3箇所から選択可能。
(写真中)ポケットの位置は
左右対称。
(写真下)ファスナー不使用の
メインコンパートメント。
近年、各社からレース用のベストタイプのパックが相次いで発表されています。しかも、ミニマルタイプのパックが、かなり増えてきています。日本ではシューズメーカーという印象が強いinov-8(イノヴェイト)も2014年に「RACE ULTRA PACK」を発売し、世界のスポーツ用品・ファッションをリードする国際的スポーツ用品専門見本市「ISPO」でゴールドアワードを獲得し、話題を呼びました。

容量は3.5L。メッシュ製のメインコンパートメントにファスナーはなく、保温性のあるリザーバーケースが収まっています(リザーバー本体は付属しません)。このケースには2Lクラスのリザーバーを収納可能です。さらに、付属の2本のボトル(約500ml)は両サイドのショルダーストラップにある)大きなメッシュポケットに収まります。その上には左右ともに大小のストレッチメッシュポケットが2つ。上のポケットはかなり深く、指が底まで届かないほどの容量があります。小さいものは下のポケットに入れた方がいいでしょう。左のポケットにはキーなどを付けておけるコードが入っています。

装着には両サイドとフロント各2本、計6本のストラップを使用します。ストラップの取り付け方は、独特の構造で、ツメを押してスライドして着脱します。ストラップには伸縮性がない代わりに、それぞれ取り付け位置を3ヶ所から選んで身体にフィットするように調節することができます。フロントに付属するホイッスルも取り外すことができます。もう少し容量がほしい場合はサイドのストラップにポーチなどをつけてもいいかもしれません。

フィット部分にパワーメッシュを多用したパックと比べるとフィット感では一歩譲ると考える方もいるかもしれませんが、これは一長一短で、よりソリッドな装着感を求め、細かい揺れを嫌う方なら、是非実際に着用してみることをお勧めします。

付属のボトルは平たい上に微妙にアーチを描いているので肋骨にフィットします。腕振りの時に気になるようでしたら両サイドのストラップを緩めにしてフロントをその分きつく絞めて、ボトルをからだのセンターに寄せるようにしてみるといいでしょう。

「RACE ULTRA PACK」の総合的な感想は、目先のインパクトではなく、実際に使うランナーの立場で考えぬかれた、実践で真価を発揮するパックであるということです。走りながらのボトルを取り出しやすいポケットの角度や、ストレスなく出し入れできる大きさ。また、ファスナーを一切使用していないので、壊れたり錆びたりする心配がないこと。耐久性が十分に考えられていることなど、一見見落としがちな隠れた長所がたくさんあるのが魅力です。

raceultravest3
(写真左)最大限詰め込んだ状態。
(写真中)メインコンパートメントにはドローコードもつく。
(写真右)ボトルが取り出しやすい角度のポケット。

 

raceultra4RACE ULTRA PACK(VEST TYPE)
■品番/IVA1501BK/BLK
■価格/¥13,800(税別)
■カラー/BLACK×RED
■サイズ/3.5L
■素材
・ 本体 : ポリエステル
・付属品1 ケース : ナイロン
・付属品2 ボトル : ポリエチレン
ボトル容量 : 約500ml
耐熱温度 : 90度

inov-8 http://www.inov-8-jp.com
FACEBOOKページ
 https://www.facebook.com/pages/Inov-8-Japan/916386518405507

 

>>>「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

  • ブルックス
  • モントレイル トレイルランニング
  • INOV8 トレイルランニング
  • スポルティバ トレイルランニング
  • プラティパス トレイルランニング
  • 塩熱
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング