TrailRunner

salomon トレイルランニング

SALOMON SPEEDCROSS 2 W

これがトレイルランニング用シューズのグリップ!
カラーで選んでしまっても後悔しない性能と快適性

IMG_1557-thumb-400x440

IMG_0984

サロモンの「スピードクロス 2 ウィメンズ」は、メンズモデル同様にレーシングモデルというイメージがありましたが、サロモンシューズの中でカラーリングが一番カワイイので、一度履いてみたいと思っていました。普段履きのシューズと同じサイズでぴったりなフィット感です。メンズモデルとは単なる色違いに見えますが、女性の足に合わせたボリュームになっていると感じられました。サロモンの全モデルに採用されているクイックレースもワンタッチで調整ができて、緩むこともないので便利です。

IMG_0979シューズを履いてまず印象に残ったのはその足裏の感触です。アスファルトの上を歩くと非常に軽くて、なんだか宙に浮くような不思議な感じがします。これはソール面の凸凹が大きいからだと思いました。

さて、さっそくトレイルへ。この日は前日に雨が降っていて結構ぬかるんでいる場所が多く、木の根なども滑りやすそうに見えました。ところが実際走ってみると、アウトソールのグリップがしっかり効いて、滑り止めの役割をしてくれるので安心して走れます。アスファルトの上での浮くような感触は、逆にトレイルの上ではしっかりと地面をつかみ、安定感を感じさせるものになっていました。

IMG_0991また、足元が不安定なトレイルは、普通のシューズだとその凸凹感が直に伝わって、だんだんと足の裏が痛くなってしまうのですが、とくに下りなどで衝撃を吸収してくれるのがとてもよく判り、足裏が安定しているので走りやすく、疲れにくいことに驚きました。ぬかるんだ土がソールにへばりつきにくいのも、気に入った点です。これなら冬の雪道でも使えるかも。

結果として「スピードクロス 2 ウィメンズ」は、それほど構えて履かなくても十分に快適性のあるシューズでした。そして、やはり柔らかいトレイルが一番得意だなと感じました。色もライトブルーでこの日のウェアと組み合わせてトータルで爽やかな感じで着こなせてとても明るい印象となりました。

ロードランニングのシューズから履き替えても、あまり違和感を感じないで済み、トレイル専用シューズのグリップのありがたさを実感できると思いますので、ロードランナー方の最初のトレイルランニングシューズとしてもお勧めできます。

IMG_1721SALOMON SPEEDCROSS 2 W
(サロモン スピードクロス 2 ウィメンズ)
■価格/¥13,545(本体価格¥12,900)
■カラー/アルミニウム/オートバーン/アクアティント
■サイズ/22.0 – 25.0cm
■重量/245g(24.0cm)
■アッパー/小石の入らない細密メッシュ、レースポケット、Sensifit、クイックレース、シンセティック、マッドガード、女性専用に最適化されたフィット
■ライニング/テキスタイル
■ソール/Mud & Snow Contagrip、サロモン・クッショニング・システム、2層構造EVA、プロネーション・コントロール、OrthoLite

SALOMON http://www.salomon.co.jp/softgoods/

「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • gontex トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • ledlenser トレイルランニング
  • essr トレイルランニング