トレイルランニング情報サイト トレールランナーjp
トレイルランニング情報サイト トレイルランナーJPホーム
ブルックス
モントレイル トレイルランニング
INOV8 トレイルランニング
プラティパス トレイルランニング
塩熱
さかいやスポーツ トレイルランニング
RL トレイルランニング
サロモン トレイルランニング
Menu
トレイルランナー.JP
過去のNews
hoka_one one トレイルランニング
【REPORT】走りの本質が見えた! 高岡尚司のナチュラルランニングワークショップ
2016年6月14日

A60A1215

A60A1155ナチュラルランニングとは人間の身体が本来持っている機能を、身体の外から加わる力、つまり重力と融合させながら効率良く走ることです。そんなナチュラルランニングをベースとしながら、独自に開発した「ゼロベースランニング」を指導しているのが高岡尚司氏です。今回は新横浜で行われた「ナチュラルランニングワークショップ」をレポートします。

走りの本質は全身をまんべんなく使うことであり、使い始める順番、つまり動き出しの順番は胴体(高岡氏は体幹とは言わず、あえて胴体と表現)からということになります。しかし、ほとんどのランナーは胴体の使い方を断片的にしか教わったことがないと思います。

「ナチュラルランニングワークショップ」の前半は、脚のさばき方など下半身の動きには触れずに胴体のトレーニングに終始します。トレーニングといっても筋トレではありません。簡単に言うと動かなかった部位を動かせるようにするワークです。その部位とは背骨、胸郭、肩甲骨など。

胴体が使えるようになるとどんなメリットがあるのでしょうか? それは、ランニングエコノミーが高まるということ。つまり、楽に走ることができるのです。一般的な脚ばかり使う走りと比べると、胴体にも仕事を振り分けることで負荷が分散するわけですね。具体的に言うと、重心を前に移動する、足を引き上げる、衝撃を吸収するなどの仕事を胴体にも受け持ってもらうことで「脚は後から追てくるだけ」という感覚になってくるそうです。

ワークショップ後半はインターバルトレーニング。こちも通常のインターバルとは少し違います。100mほどダッシュした後にスピードをなるべく落とさず、ケイデンス(ピッチ)も維持するようにしながら、身体の力を抜いて軽く走るように意識します。なるべく筋力に頼らない走り方を身につけるためのトレーニングです。

「脚の事を考えるのは胴体が動いてからの話だと思います。ですから、僕のワークショップでは接地に関することなどには触れずに、胴体を動かすことを中心に進めていきます。女性より、男性の方が動き固い方が多いですね。また、速いい人ほどキックに頼っている傾向がありますね。このワークショップを通して上半身の重要さに気づいていただければと思います。ワークショップの受講者は裸足やワラーチで走るベアフットランナーが多いのですが、内容は全てのランナーに共通することですから、シューズを履いて受講しても何の問題もないし、私自身もそういう垣根は持っていないので安心して参加してください」(高岡尚司)

参加者の声
A60A1453 秋田宏行さん
高岡さんのことは、素足ランに出会ってから知りました。講習も何度か参加していて、脚を使わずに走ることは常に意識してます。全身を使えるようになると、走りが軽くなります。
20px
A60A1390 神野哲也さん
腹部が固まっていることを実感しました。ランジ運動は、あばらの収縮、胸骨を前に出すことの感覚をつかみやすかったです。今まで、体幹は意識しても、あばらの伸び縮みは考えたことがなかったし、前傾は意識しても胸骨を前に出す感覚も意識していなかった。そういう意味では、新しい形で身体の動かし方を意識することができました。
20px

以下は高岡氏のHPに掲載されている質問事項ですが、当てはまる項目がある方は、是非受講してみてください。
・背中を丸めて走ってませんか?
・体幹を固めて走ってませんか?
・つま先で地面を蹴って走ってませんか?
・自分の筋力だけで走ってませんか?
・踵を地面に衝突させて走ってませんか?
・腕は大きく振ればイイと思ってませんか?
・ケイデンスを上げることを小さく走ることだと誤解してませんか?
・レース後半に脚が攣るのは水分やミネラル不足だから?

■ゼロベースプロジェクトイベント・ワークショップ情報はこちら

 

A60A1416
A60A1473
アルトラジャパンアンバサダーの鴨井夕子選手(左)とアルトラジャパンの矢田大氏(右)
20px

line

関連記事
【技術連載】ゼロベースランニング 高岡尚司

line

 

走りの常識を変える!フォームをリセットする! ゼロベースランニング
発行元:実業之日本社
判型:四六判、192ページ
定価:本体1300円+税
ISBN: 978-4-408-45615-7
発売日: 2016年12月2日
amazon-logo_jp_grey


a60a4204
■著者 高岡尚司:1978年生まれ。福岡県大牟田高校から帝京大学へ進学。関東学生陸上競技
対抗選手権大会 などで活躍。ケガを経験し選手の道をあきらめ、トレーナー、鍼灸・あん摩マッサージ指圧師として活動していく中で行き着いたのが「ゼロベースランニング」。裸足感覚の
シューズをつくれないかという想いから足袋メーカー・きねや足袋と「MUTEKI」を共同開発。2014年からベアフット(裸足)感覚を追求した「ALTRA」シューズのアンバサダーに就任。現在は、自身が提唱する「ゼロベースランニング」の普及と、オリンピックで活躍するランナーを育てるプロジェクトに参画し、コーチとしても活動している。2012湘南国際マラソン 2時間45分39秒(裸足フルマラソン日本最高)。http://www.takaokashoji.com/

 


スポンサーリンク
トレイルランニンググッズ 体感レポート
2015トレイルランニングカタログ
トレイルランニング大会情報
スポルティバ トレイルランニング
ランニングシューズ A to Z
スコットジュレク トレイルランニング
ゼロベースランニング

スポンサーリンク
Powered by E press   プライバシーポリシー