TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

HOKA ONE ONE SPEED INSTINCT 2(スピード インスティンクト 2)

アッパーのアップデートでメリハリを強調
傾きに強い、オンリーワンシューズ

注目を集めるマックス・クッションシューズの代名詞、HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)のトレイルシューズの中で最も薄底なモデル「SPEED INSTINCT 2(スピード インスティンクト 2)」をご紹介します。

「SPEED INSTINCT 2」は2017年の春にデビューした「SPEED INSTINCT」のニューバージョンです。今回アップデートしたのはアッパーです。
ラスト(足型)は同じなので前モデルのユーザーは同様のフィット感で安心して履くことができます。

大きく変わったのは補強の仕方です。前モデルではアッパー全体に網目のような補強が張り巡らされアッパー全体の強度を高めていましたが、ニューモデルではきめ細かな強弱をつけて補強をしてあります。屈曲部分は補強を少なくしてしなやかさを増し、サイドは手厚い補強で剛性を高めています。トウキャップも若干しなやかになっています。
この結果、しっかりとしたフィット感を得ながらも、足がより自然に躍動する感覚を得ることができます。

(左上)サイドはしっかりと補強されている。
(右上)屈曲ポイントは補強が少なめで足の動きを妨げない。
(下)すっきりしたスリムボディでトウのの先端も細め。

「SPEED INSTINCT 2」は他のHOKA ONE ONEのシューズとは一線を画するシューズです。HOKA ONE ONEのトレイルシューズの中では最も細身で、特にサイドのフィット感がしっかりしています。トウのラウンドも尖っていて、一見するとHOKA ONE ONEらしさは感じません。フォアフット20mm、ヒール23mmというプロフィールは、HOKA ONE ONEで最も厚いソールの「STINSON ATR 4(スティンソン ATR 4)」と比べると、フォアフットで12mm、ヒールで14mm薄いスペックとなります。さらに、ソールの幅も2cm程度狭くなっているのも大きなポイントです。走った印象も一味違います。クッションはフワっとした衝撃吸収重視ではなく、しっかりと反発を得ることができます。

(左)上が先代モデル。印象はガラリと変わった。
(右)特徴的なソールシステム。アウトソールがサイドに回り込んでいる。

アウトソールは四角形とH型のラグの組み合わせ。ミッドソールの露出は少な目で耐久性もありそうです。また、前モデルのレポートでも説明しましたが、アウトソールがラウンドしながらサイドまで回り込んでいて、さらにミッドソールの幅が踵部から地面に向かって一度広がり、その後狭くなっています。これにより、接地幅が狭くなりますが、サイドに回り込んだアウトソールのおかげでシューズを傾けてもソールのエッジ部分でしっかりとグリップしてくれます。

ソールの幅が狭いことにより俊敏性が高まり、その分、左右にロールしながらでもグリップできるので、よりアクティブにトレイルを走ることができます。このようなシューズは他にあまり見当たらないので、一度その感覚を味わってしまうと手放せなくなります。

ロードモデルのラインナップを見ても判りますが、HOKA ONE ONEは厚底シューズ一辺倒ではありません。ダイレクト感と反発力のあるシューズもラインナップしています。そのトレイルモデルが「SPEED INSTINCT 2」と言えます。いかにもHOKA ONE ONEらしいマックスクッションモデルと今回紹介したスピードモデルである「SPEED INSTINCT 2」。条件によってうまく履き分ければ、きっと強い味方になってくれることと思います。

OKA ONEONE(ホカ オネオネ)
SPEED INSTINCT 2(スピード インスティンクト 2)
■価格/17,000円+税
■構造
M’s:オフセット:3mm ヒール:23mm フォアフット:20mm
W’s:オフセット:3mm ヒール:22mm フォアフット:19mm
■重さ/MEN:270g WOMEN:226g
■サイズ/MEN:7–12 WOMEN:5–9
■カラー/MEN:2色 WOMEN:1色
■アッパー/テキスタイル
■ソール/ラバー
■テクノロジー/PRO²LITETM、MIDSOLE VOLUME、ACTIVE FOOTFRAME

■HOKA ONE ONE http://www.hokaoneone.jp/

>>>「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

  • ブルックス
  • モントレイル トレイルランニング
  • INOV8 トレイルランニング
  • スポルティバ トレイルランニング
  • プラティパス トレイルランニング
  • 塩熱
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング