TrailRunner

suunto トレイルランニング

ASICS GEL-FujiElite

ロードのフィーリングでそのままトレイルへ
しっかり走れるオールラウンドシューズ

 

gelfujielite2

 

アシックスは以前からトレイルランニング用のラインナップを持っていましたが、2013年、アパレルを加えた「ASICS FujiTrail Collection(アシックスフジトレイルコレクション)」を発表しました。これに伴い、シューズもすべて、「GEL-Fuji(ゲルフジ)」から始まるネームに統一されました。

 

gelfujielite1-thumb-400x665

 

「GEL-FujiElite(ゲルフジエリート)」は、ランナップ中でもっともハイエンド、かつオールラウンドなモデルです。アッパーは補強材の大部分に熱圧着のシームレス補強を採用。ベースの生地との一体感が高いため、足の曲面に対して均一なフィット感を得られます。シューレースは丸紐タイプ。丸紐は一般によく伸びますが、「GEL-FujiElite」のものは、伸びが少ないので、タイトに締め上げることができます。タンの上部にはレースポポケットがあり。結び目を収納できます。踵の周囲に内蔵されていることが多いヒールカウンターは「GEL-FujiElite」の場合、アッパー外側についています。かなり大型なので、踵部分のみならず、中足部付近までサポートしてくれます。ミッドソールはE.V.A.ではなくソライト(特許出願中)を使用。これはE.V.A.と同等機能でも大幅な軽量化を可能にし約290g/27.0cmを実現しています。ヒール部にはアシックスのお家芸のgel、中足部から前足部にかけてプロパルションプレートを装備し、ショックの吸収、ねじれ剛性のアップと蹴り出しの反発をサポートしています。これらの補強のバランスが良くシューズ全体をカバーしているため、走っている最中はとくに違和感なく、安定したステップを導いてくれます。

 

gelfujielite3-thumb-500x191

 

一言で表現するならば「GEL-FujiElite」はロードランニングのシューズそのもの。もちろん、アウトソールには十字型のラグを使用しているので、トレイルではどの方向へも安定したグリップを発揮します。黄色い部分の方が青い部分より硬いので、突き上げに対してもバリアしてくれます。クッションは柔らかめですが補強がしっかり入っているので踵から踏み込んでも、足は安定してまっすぐに抜けていきます。サイドへの揺れに対しても極力、自然に足をセンターに保ってくれるように機能してくれました。オールラウンドな性能を高い次元でバランス良く保っているため、特筆した性能と言うよりもあらゆる状況でそつなく走れるシューズといえます。

 

gelfujielite4

 

近年はロードを意識したトレイルシューズが多くなっているので、「GEL-FujiElite」のようなハイブリッドモデルが多く発表されています。このタイプは厳しい山岳路よりも、走れるトレイルで本領を発揮します。そのなかでも、「GEL-FujiElite」はロードランナーの方がトレイルランニングをはじめるためのシューズとしてはもちろん、ベテランの方にも、最もスタンダードなシューズだといえるでしょう。

 

gelfujielite5

GEL-FujiElite
ゲルフジエリート
■品番/TJT106
■価格/¥14,700(税込)
■カラー/9742:チタニウム×ブルー
■ザイズ/25.0 – 29.0cm
■生産国/インドネシア
■アッパー素材/本体:合成繊維製(ラッセル構造)、補強:人工皮革製
■アウターソール/ゴム底

 
 

■asics LOVE RUNNING  http://www.asics.co.jp/running/

 

 

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • merrell トレイルランニング
  • ESS トレイルランニング
  • ultimate direction トレイルランニング
  • thuasne_sport トレイルランニング
  • toad トレイルランニング
  • thefirsttrail トレイルランニング
  • okumusashiトレイルランニング