TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

【Review】BROOKS「CALDERA 4(カルデラ4)」

厚底&ワイドトウボックス、トレンドを押さえて進化した、ロングトレイル対応シューズ

BROOKS(ブルックス)のトレイルランニングシューズといえば、オールラウンドタイプの「CASCADIA(カスケディア)」が知られていますが、今回ご紹介する厚底タイプの「CALDERA 4(カルデラ4)」も「CASCADIA」と双璧をなす注目のシューズです。

「CALDERA 4」は厚底でロードロップが特徴の前作、「CALDERA 3」と比べると、コンセプトは継承しているものの、全面的にリニューアルされています。

エンジニアードメッシュのアッパーは上質で、強度、通気性共に良好です。トウキャップは大きめでトレイルでの障害物から足をしっかりと保護します。

(左)大きめのトウキャップでしっかり保護したつま先部分。
(右)サイド部はボトム付近とアイレット周りを重点的に補強。

タンは薄く弾力があるタイプ。前作のようにソールに接続するのではなく、ヒールからくるぶしにかけてのライナーと繋がっている珍しい作り。弾力もあるのでヒールホールドにも貢献しそうです。

ヒールはアッパーのオーバーレイによる補強のほか、内蔵のヒールカウンターもしっかりしています。履き口のカラーのパッドも厚めです。

(左)結んだシューレースのバタ付きを押さえるレースバンド付き。
(右)履き口のカラーには十分なボリュームのパッドが入っている。

ソールはドロップこそ4mmと変更がないものの、スタックハイトはフォアフット29mm、ヒール33mmで、前作より3mmずつ高くなっています。さらに、高さだけではなく横幅も増していて、全体にオーバーサイズ仕様になりました。

ミッドソールの素材は独自開発のバイオモゴDNA。ランナーの体重や走る速度に関係なく、最適なクッションを提供します。つまり、ハイスピードで走った場合、体重が重いランナーが走った場合は、しっかりとしたクッション性に、ロースピードだったり、体重が軽いランナーが走った場合は、柔らかいクッション性に変化します。

(左)ヒールはうちからも外からもしっかりと補強。
(右)ソールのそり上がりは控えめだ。

アウトソールもまったく新しくなっています。粘りのあるTrailTackラバーを使用。ラグも形状が一新されています。ラグの高さは約3mmです。さらに、縦、横、センターにグルーブ(溝)がありグリップを保ちながら屈曲性を確保しています。

足入れをしてまず感じるのはトウボックスの広さです。足指の形状に沿ったオブリーク形状ではありませんが、指は自由に動かすことができます。踵方向からテンションがかかる薄いタンと十分な履き口のパッドに包まれたヒール周りはしっかりホールドされています。

走ってみた印象は、柔らかくてしなやかです。前作より厚みが増していますが、横幅も広くなっているので横方向の安定感は向上しています。フワッと着ししてソールが路面をローリングするように体重移動していくような、厚底シューズの走り方がマッチしていると感じました。

グリップは強力ではないですが十分に安定感があり、濡れた岩などでも吸い付くようにフィットするので、トレイルでの走行性はかなり高まっています。ラグの間隔が広く、泥もつまりにくくなっています。ラグがそれほど高くないので舗装路用の厚底シューズと比べても遜色なく走ることができます。

ニューモデルとなって、厚底シューズとしての個性をしっかりと打ち出してきた「CALDERA 4」。条件の良いトレイルや林道を中心としたクルージングやロングディスタンスとの相性が良好なオールラウンドモデルと言えます。厚底シューズデビューの方にもお勧めできると思います。

Caldera4(カルデラ4)
・価格:¥16,000+税
・サイズ:MEN 25.0-29.0cm WOMEN 22.0-26.0cm
・カラー:MEN 2色 WOMEN 2色
・ミッドソールドロップ : 4mm
・重さ : 283.5g (27cm)
・アーチ : Medium,High
・タイプ : Energize
・ミッドソール素材 : BioMoGo DNA

■BROOKS   http://www.brooksrunning.co.jp/
  • モントレイル トレイルランニング
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • nathan トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング