TrailRunner

salomon トレイルランニング

【Review】rig 「oga(オーガ)」 「mguu(ムグー)」

厚底3層構造のボトムユニットを共有するスーパーリラックスとアクティブリラックス

日本人の足の特徴に基づいたフットベッドを採用し、日本人が最も快適な履き心地を味わえるように設計されたリカバリーサンダル、rig(リグ)。今回は新しく追加されたスライドタイプの「oga(オーガ)」を、ベストセラーモデルのフリップフロップタイプ「mguu(ムグー)」と比較しながら紹介します。

(左)「mguu」。(右)「oga」。

ボトムユニットは「oga」「mguu」ともに共通。フットベッド、ミッドソール、アウトソールと3層に分かれていて、通常のサンダルよりも足腰への衝撃が約40%削減されるとのこと。

フットベッドは抗菌、消臭効果のあるEVAを採用。足裏の立体的な形状を再現しているため、荷重がきれいに分散されます。ふんわりして柔らかい感触ですが、土踏まずのアーチサポートは強めなので、歩くたびにマッサージされているような刺激をもらえます。また、指の付け根を付近が盛り上がっているため、一歩踏み出す毎に足指が刺激されて動きやすくなります。

厚底仕様のミッドソールはコンプレッションEVAを採用。縁が盛り上がっていてバスタブのような構造になっているため、足の収まりが良く、左右へのブレも軽減されます。

フルレングスではありませんが、アウトソールにはリサイクルラバーがしっかりと貼ってあるため、軽いハイキング程度はこなしてしまう機動力と耐久性を持ち合わせています。

(左)ヒールは少し急激な立ち上がりで、どこで着地するかによって、印象が変わる。(右)フォアフットは軽いロッカーで自然な体重移動をアシスト。

実際に歩いた時のフィーリングですが、クッションと形状のバランスが良く、両面からトータルに足をサポートしてくれます。フットベッドは柔らかく、足に吸い付くようなフィーリングですが、その下のミッドソールがしっかりしていて、形状も足を楽な位置に落ち着かせてくれるので、荷重しても沈みすぎる=左右にぶれることがなく、楽にリズム良く歩くことができます。

ヒール部は反り上がっていて、真上から荷重するとどっしりとした印象ですが、踵の後ろの方で着地すると、かなり柔らかいフィーリングとなります。フォアフット部は軽いロッカーを感じることができ、次の一歩を自然に踏み出せます。

(左)「mguu」。(右)「oga」。

さて、ボトムユニットが共通のこの2足。アッパー部分の特徴から、それぞれどのような特徴があるのかを見ていきます。

スライドタイプのニューモデル「oga」はスーパーリラックス。甲のストラップはフィット感をベルクロで調整できます。アッパーのバンドは外側に合成皮革、内側にはしなやかなファブリックを採用しているため、優しい足当たりです。ソフトでストレスがなく、疲れて浮腫んだ足にもしっかり対応できます。しっかりと休足させたいな時には「oga」がおすすめです。

対する「mguu」はアクティブリラックス。フリップフロップタイプでヒールのストラップも付いているので、リカバリーウォークや軽いランにも活用できるのが嬉しいポイント。山への行き帰りに履いてもスタイリッシュだと思います。


「oga」と「mguu」。自分なりの活用シーンを想定して、選んでください。


oga(オーガ)
・価格:¥11,000(税込)
・サイズ:23-29cm(1cm刻み)
・重量:約250g(27cm/片足)
・カラー:4色

mguu(ムグー)
・価格:¥10,780(税込)
・サイズ:23-29cm(1cm刻み)
・重量:約250g(27cm/片足)
・カラー:5色

■rig http://rigfootwear.com

 

>>>「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • ledlenser トレイルランニング
  • essr トレイルランニング