TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

【Review】Topo Athletic®︎「ULTRAVENTURE 2(ウルトラベンチャー 2)」

強化したヒールホールドが、より自由なフォアフットと連携した、ナチュラル系オールラウンドシューズ

Topo Athletic®︎(トポ アスレチック)のトレイルシューズで最も厚底のソールユニットを持つ「ULTRAVENTURE(ウルトラベンチャー)」がアップデートしました。今回はアッパーがリニューアルされた他、スタックハイトは同様ですが、ソールにもアップデートが施されています。

アッパーのメッシュは目が荒く、通気性と柔軟性が向上しています。下部のドレーネージ・ポート(排水口)はアウトサイドからインサイドに変更されました。サイドのオーバーレイによる補強は最小限にとどめられていますが、内側にはライナーが一枚追加されています。

シューレースはホールではなく紐のループに通す方式、タンは前作同様にアッパーと一体化したガセットタンになっています。また、タンとシューレースをつないでズレを防止するループをダブルにしています。これはTopo Athletic®︎のシューズで多用されていて、シンプルながら効果が高い手法です。

(左)すっきりしてスタイリッシュになったアッパーは通気性と柔軟性が抜群。
(右)成形されたパッドが取り囲み、外部ヒールカウンターがを増設。

ヒール部は逆に手厚く補強されています。履き口周りのパッドは薄いけれども、しっかりした素材になりました。ひときわ目を引くのは下部外側に装着されたTPUのヒールカウンター(踵部の補強)です。ヒール下部を重点的に強化することで、足の自由度を疎外せずに安定感を提供できます。

ソールのスタックハイトは前作と同様でフォアフット25mm、ヒール30mmでドロップは5mm。Topo Athletic®︎のトレイルシューズの中では高さもドロップも最高値となっています。写真のモデルはミッドソールが単色なので判りにくいですが、ベースのフォーム対してインサイドに硬い素材、ヒールのアウトサイドに柔らかい素材を配置しています。これにより、着地時のショックを緩和しながらも、過度なプロネーションを抑えて、走りの安定化に貢献します。

(左)シューレースはループに通す新方式。ポイントとなる部分には補強もしっかり。
(右)インソール 下のシートとサイドのライナーを肉抜きして通気性と軽量化に貢献。

アウトソールはVibramのXS TrekEVOを新採用。とくにウェットコンディションでのグリップが向上しています。高さ5mmのラグはTopo Athletic®︎のトレイルモデルで採用されている共通のパターンを採用しています。

足を入れてみると、前作よりも明らかにしなやかな履き心地です。Topo Athletic®︎の特徴である足がリラックスできるトウボックスの形状に加えて、ソフトになったメッシュ素材のおかげで、つま先にストレスはありません。このゆったりしたトウとは対照的にアップデートしたヒールのホールドは向上しています。

走り出すと、躍動するトウとしっかりとロックしたヒールののコントラストが新鮮です。このヒールのおかげで、下りでも足指が詰まることはありませんでした。ヒールカウンターは踵下部を中心に補強しているため、足首の動きには干渉せず、自由に走ることができたことも付け加えておきます。

(左)ヒールが斜めにカットされていてヒールアウトサイドでの着地時がスムーズになる。
(右)「ULTRAVENTURE」と比べるとヒール部は別物。

ドロップは5mmで、ロッカーも少なめですが、ヒールのソール形状が斜めにカットしてあり、アウトサイドの方が大きくシェイプしてあるおかげで、着地時に踵が引っかかることはありませんでした。

クッション性は、いわゆる厚底シューズのようなふわふわした感じではなく、しっかりしています。体重がある方が履いても潰れすぎるといフィーリングにはならないでしょう。

グリップ性能は下りでガツンと止まるタイプではないですが、オールラウンドで様々なサーフェスで安定した走行性能を発揮します。

「ULTRAVENTURE 2」は前作と同様にスピードモデルではないですが、安定したライディングでトレイルをゆったり楽しめるモデルです。フィット感が増し、軽量化も実現し、より完成度を高めたクルージングシューズをぜひ試してみてください。

ULTRAVENTURE 2
(ウルトラベンチャー 2)
・価格:¥19,000+税
・サイズ:MEN’S 26.0-28.5cm、WOMEN’S 22.5-25.0cm
・カラー:MEN’S 2色、WOMEN’S 1色
・重量:295g(M9)、235g(W7)
・ラバーアウトソール:6mm
・ミッドソール:19mm(ヒール)/ 14mm(フォアフット)
・フットベッド:5mm
・トータルスタックハイト:30mmX25mm
・ドロップ:5mm

■Topo Athletic
https://topoathletic.jp/

 

「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • gontex トレイルランニング
  • ess トレイルランニング
  • suunto トレイルランニング
  • suunto トレイルランニング