TrailRunner

salomon トレイルランニング

TABIO SPORTS TRAILRUN

素材も製法も独自性で快適さを追求
ソックス専門メーカーのトレイルランニングモデル

tabio1-thumb-430x292

靴下専門メーカーTabio(タビオ)のスポーツライン「TABIO SPORTS」。ランナーの間ではかなりの数の愛用者がいる有名ブランドです。今回紹介するのは「TABIO SPORTS」がはじめて取り組んだトレイルランニング用ソックスです。
ラインナップは5本指(写真右)とパイルタイプ(写真左)の2種類。素材はメリノウールと吸汗速乾性能に優れたリサイクルポリエステル、そして消臭効果のあるデオセル(5本指は未使用)を使用しています。メリノウールのおかげで、やさしい肌触り、保湿、吸湿性は抜群です。とくに濡れたときの不快感がかなり軽減されるのが実感できました。また、濡れたと感じるのが通常の速乾素材よりも遅く感じられました。靴下の場合はシューズに阻まれてなかなか湿気が逃げてくれません。メリノウールは内部に水分を溜め込んでくれる分、快適なのだと思います。tabio2-thumb-200x126製法上の一番の特徴は、サポート力の高いゴム糸を半周分だけ編みこんで、残りの半周をゴム糸を抜いて伸縮性に富んだ性質に変えるという独自の技術です(特許出願中:2009-089802)。たとえば、5本指の足首周りのグレーの部分。後ろ側のアキレス腱部分はサポートが強く、前の足首が折れ曲がる部分はストレスなく屈曲することができます。この技術はアーチ部分にも採用されていて、必要な部分にだけサポート力を加えることができるようになっています。この結果、サポートしたい部分と動きを妨げない部分という足の複雑な要求に対して、高い完成度で応えています。tabio3-thumb-200x1382種類のソックスを履き比べると、指の部分以外にも個性がうかがえます。5本指のほうが全体に薄め(といっても、極薄ではない)で、丈も若干長くなっています。サポート力も強く感じました。1本1本の指はきれいに縫われていて、ごろつきなどは一切ありません。

通常タイプの方はストレスがかかる部分にパイルを採用しているため、クッション性が良く、サポートも穏やかでした。他にはあまり見受けないのですが、くるぶし部分のクッション性も高いので、シューズの履き口があたってしまう人には嬉しい仕様ではないでしょうか。ロングトレイルを走ると、疲れてきた後半にその快適性を実感することができます。

まとめると、ダイレクト派は5本指、快適派は通常タイプを選んでみるといいと思います。メリノウールの快適性と、独自技術によるサポート力、秋から冬にかけてのシーズはもちろん、オールシーズン活躍してくれるソックスだと思います。

詳細機能説明は、 こちら

20px
tabio4-thumb-250x245 状況が悪いとき、体のコンディションが落ちてきたときほど、いいソックスのありがたみを感じることができる。
20px

tabio5-thumb-200x136TABIO SPORTS トレイルラン
■価格/¥1,995(税込)
■サイズ/S(23 – 25)、M(25 -27cm)
■カラー/全4色
■素材/メリノウール、デオセル、ポリエステル

tabio6-thumb-200x136TABIO SPORTS トレイルラン[5本指]
■価格/2,100(税込)
■サイズ/S(23 – 25)、M(25 -27cm)
■カラー/全4色
■素材/メリノウール、リサイクルポリエステル

■Tabio http://www.tabio.com/jp/event/trail_run/

「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

  • RL トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • merrell トレイルランニング
  • ESS トレイルランニング
  • ultimate direction トレイルランニング
  • rigトレイルランニング
  • hakubaclassicトレイルランニング