TrailRunner

salomon トレイルランニング

【Report】誰もがシンプルに楽しめる「楽しんどい」街型レース「かたのビッグロックトレイル2021」

2021年2月27日(土)、大阪府交野市で「かたのビックロックトレイル2021」が開催されました。

大阪府、交野(かたの)市は「天野川」が流れ、七夕発祥の地として数々の伝説があります。また交野の山々には多くの巨石が点在し、これらの巨石は古代から神の宿るところとして修験道の霊場となっていました。交野⾥山の標⾼は、⼀番⾼いところで約340mの低山ではありますが、路面はバリエーションに富んでおり、⾛れるトレイルになります。


山のお祭りをコンセプトに誰もがシンプルに楽しめる「楽しんどい」街型トレイルランニングレースを目指している大会です。

山のお祭りのコンセプト通り「ビックロックアウトドアフェス2021」として体育館の中には数多くのメーカーブースが出店されており、最新シューズを実際にレースで履いて試せるブースやこのイベントのみ特別価格で購入できるアイテムなどトレラン好きにはたまらない空間でイベントを盛り上げていました。

前身の七夕に開催されていた「交野里山チャレンジCUP」では、ほしだ園地側のトレイルを走るコースでしたが、「かたのビッグロックトレイル」では交野山山頂のビックロックをシンボルに旗振山、竜王山の交野スリーピーク、源氏の滝などコースは変化に富、走れるトレイル、林道、ちょっと激登り、かっ飛びの下りトレイルなどランナーが楽しめるためのコース取りをするためにわざわざコースを複雑な8の字に設定してます。

運営だけを考えればもっとシンプルなコース設定は可能らしいのですが主催者の「ここを走ってほしい」23kmと短い距離ですが、こだわりとジャーニーを感じる、そんな「楽しんどい」コースです。

「コロナ対策」
受付時の検温はもちろん接触アプリCOCOA、大阪コロナ追跡システムの登録、開会式、表彰式を取りやめて入賞者への賞状、景品は後日送付、エイドではグローブを外して消毒の徹底などできる限りの対策を行い開催されいました。

「交野里山の魅力」
地元のトレランショップとかたのツーリズムによる体験型観光プログラムというべきこの街型トレイルレースの魅力は、自然豊富な交野の里山が盛り上がれば、街も潤うという里山からのシャワー効果で地域の活性化に繋がる、そんなトレイルレースのあり方を感じさせてくれる大会でした。

来年2022年のビックロックトレイルレースもどんな楽しませかたをしてくれるのか、楽しみですが、交野里山では去年の夏に開催された「くろんど輪舞曲180k」が今年も開催予定です。

来年を待たず、交野里山で行われる魅力あふれるトレイルレースに参加してみては?!

コースマップ

かたのビッグロックトレイル2021
・競技種目:23km(制限時間:6時間)
・出走者:486名
・完走者:482名
・完走率:99.2%
https://katanoswitch.jp/katanoevent/bigrock2021/

photo:最勝寺 進、永野有紀

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • merrell トレイルランニング
  • ESS トレイルランニング
  • ultimate direction トレイルランニング
  • NOZAWA4100Dトレイルランニング
  • rigトレイルランニング
  • hakubaclassicトレイルランニング