TrailRunner

salomon トレイルランニング

富士山をゴミから守ろう! しょんボトル撲滅! 「ふじさんゼロゴミアクション ユーモアイラスト展」開催

環境マンガ家の本田亮さんが富士山のゴミ問題を描き、ポイ捨て撲滅を目指します

さんゼ「ふじロゴミアクション」は、2023年8月6日(日)~20日(日)に富士北麓の道の駅なるさわで、「ふじさんゼロゴミアクションユーモアイラスト展」を開催します。

 

 

「ふじさんゼロゴミアクション」は、富士山が抱えているゴミ問題を解決するため、2019年5月に立ち上げたプロジェクト。富士山ガイドや地元エコツアー事業者14団体とNPOが中心となり、「いつもきれいな富士山で楽しんでもらいたい」という思いで、継続的に富士山周辺で清掃活動を実施しています。登山者が集中するお盆休み期間には登山道に飲食物などのゴミが目立ち、五合目には観光客が捨てるタバコの吸殻や大量の飲食物のゴミが残されていることがあります。富士山麓を周回する国道沿いや峠道にもたくさんのゴミが投げ捨てられていて、拾っても拾っても、またすぐに捨てられることが繰り返されています。道路わきには、尿が入ったペットボトルのポイ捨ても目立っています。

イラスト展を通じて、富士山のゴミ問題、特にしょんボトル(尿入りペットボトル)ポイ捨ての現状を多くの方に知っていただき、みんなで解決策を考え実行していくきっかけを作り、将来的に富士山からゴミがゼロになる環境作りを目指していきます。

 

 

イラスト展概要
・日時:2023年8月6日(日)~8月20日(日)10:00~15:00
・会場:道の駅なるさわ 休息室(山梨県南都留郡鳴沢村 8532-63)
・主催:ふじさんゼロゴミアクション事務局
・協力:認定NPO法人富士山世界遺産国民会議
・問合わせ:マウントフジトレイルクラブ
Tel.0555-86-2130 Mail:info@mftc.jp

 

本田 亮
環境マンガ家、カヌーイスト、クリエーティブディレクター
1990年より社会貢献活動として環境問題を啓蒙するイラストを描き始める。2020年より、テーマをSDGsに拡げ、青山アートスクエアを皮切りに大阪カップヌードルミュージアム、横浜高島屋など多くの場所でSDGsユーモアイラスト展を開催。近著に「ムズカシそうなSDGsのことがひと目でやさしくわかる本」(小学館)。日本赤十字社のために制作したコロナウィルス対応動画は250万回のアクセス達成。2020年ノーベル平和賞受賞の国連WFP協会理事も務めている。

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • merrell トレイルランニング
  • ESS トレイルランニング
  • ultimate direction トレイルランニング
  • NOZAWA4100Dトレイルランニング
  • rigトレイルランニング
  • hakubaclassicトレイルランニング