【BOOK】「RUN+TRAIL Vol.65」 TREASURE HUNTING TRIP

TREASURE HUNTING TRIP
いつもと違うドアを今年はノックしよう。

 

[巻頭]能登半島地震関連
元旦に発生した能登半島地震。石川のトレイルランナー&レースは大丈夫だったのでしょうか? 被災したトレイルランナー、そしてボランティア活動に入っているトレイルランナーたちに話を聞かせてもらいました。また今後の石川県のレース開催情報も収録。

 

 

[特集①]編集部オススメ大会
コロナ禍が明けて、トレイルランレースの開催は活性するばかり──。全国でレースが開催されていない県はなく、年間開催数は300〜400とも言われています。そんな数の中から、編集部が見つけた「ちょっとレア」なトレイルランレースを紹介していきます。

[特集②]スペシャルレポート
昨年12月にタイで開催されたアジアのメジャーレース、Doi Inthanon Thailand by UTMB。大勢の日本人も参加したこの大会は、日本の常識が通用しないことが多く、初参加たちは驚きの連続だったそうです。100マイル女子で表彰台に立った3人に詳細を聞きました。

 

 

[特集③]メジャーレース攻略法
ハセツネ30K、Mt.FUJI 100、KAI、比叡山インターナショナルトレイルラン、OSJ新城トレイル、OSJ 奥久慈トレイルレースなど、国内メジャーレースの攻略法を収録。コース高低図を見ながら読み進められるので、実際に試走へ行かなくても「脳内試走」ができます。

[企画]お遍路チャレンジ
2016年に四国88カ所霊場・走り遍路を20日で走破・結願した井上聡さん。昨年には四国88カ所霊場と四国別格二十霊場を一度に回る「通し打ち」で逆打ち(八十八番札所から回る)する前人未到の挑戦を果たして見事に結願されました。その旅を振り返っていただきます。

[特別レポート]KGR
昨年末に開催された京都グレートラウンド。真冬開催でノーマーキングというこの玄人向けレースの満足度がとてつもなく高いというのを聞きつけ、その秘密を主催者の田口さん、大会MCのトモティさんに聞かせていただきました。この種のレースが今後は増える予感も!?

[速報]大紀町/笠戸島
インターネットが普及する今の時代だからこそ、雑誌が速報をする意味があるはず──。そう信じて、紙媒体だからこその視点や独自インタビューを掘り下げて2024年はレース速報にも力を入れていきます。初回は三重県の大紀町のレースと山口県の笠戸島のレースです!

[10周年記念]OMM
マップとコンパスを駆使してチェックポイントをめぐるOMMが、ついに10周年を迎えました。記念すべき10回大会となった北八ヶ岳大会の写真を見ながら、10年連続同じペアで参加した2組にご協力いただき、OMMの魅力とこの10年の思い出を語り合っていただきました。

 

 

[巻末対談]小原将寿 × 長田豪史
世界との差を感じた──。海外レースに挑んだトップ選手たちから聞こえてくるその言葉の意味を、さらに踏み込んで聞かせてもらうため、世界の真の頂点を知るふたりに対談をお願いしました。競技面のことはもちろん、この業界の将来性についても言及いただきました。

 

 

RUN+TRAIL Vol.65
・価格:1,500円(税込)
・出版社:三栄書房
・発売日:2024/2/27
・雑誌:112ページ
・寸法:0.85 x 23.2 x 29.7cm

モバイルバージョンを終了