TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

【Review】Topo Athletic®︎「CYCLONE(サイクロン)」

レースシューズように軽く、デイリートレーナーのように快適なファスト&ライトロードシューズ

トレイル、ロード共に意欲的にラインナップを展開しているアメリカのランニングシューズブランド、るTopo Athletic®︎(トポ アスレチック)。今回は2021年のニューモデルロードシューズ「CYCLONE(サイクロン)」をご紹介します。

フォアフット23mm、ヒール28mm、ドロップ5mmというスタックハイトは、以前ご紹介した同ブランドの「ZEPHYR(ゼファー)」「ULTRAFLY 3(ウルトラフライ 3)」と同じスペックです。どのような違いがあるのでしょうか?

エンジニアードメッシュのアッパーは非常に薄く、柔軟で、軽量に仕上げられています。フォアフット部はシングルレイヤー、ミッドフットからヒールにかけては、ライナーにスエード調の人工皮革を採用した2レイヤーとなっています。補強はヒール部以外は内側から。トウキャップも内側に付いていて、すっきりした外観となっています。ヒールカウンターは内蔵されていないので踵は指で簡単に潰れます。

(左)エンジニアードメッシュのすっきりした外観。
(右)カラーは極薄、ヒールの補強は最小限。

Topo Athletic®︎の特徴である足形に合わせた幅広のトウボックスに加え、ヒールも大きめなので、ボリュームの足にも対応できるはずです。

では、ソールを見てみましょう。ZipFoam™コアを備えたミッドソールの形状及び、アウトソールに関しては「ZEPHYR」と同様です。相違点はプレート(スプリング・プロパルション・プレート)を内蔵していないところです。このため、フレックス(曲げ)、トーション(ねじれ)共に「ZEPHYR」よりソフトに仕上がっていいます。

(左)Topo Athletic®︎の特徴であるルーミートウボックス。
(右)人工皮革のライナーはソフトで足当たりが良い。

足入れしてみると、ライナーの人工皮革に適度なクッション性があるため、ソックスのように優しくホールドしてくれます。トウボックスは幅が広く十分なスペースがあるので、つま先に窮屈さは感じません。ヒール周辺は、最小限の補強なので軽快なフィッティングとなっています。

軽量なシューズなので走りも軽快です。ミッドソールのクッション性は適度で、深く沈み込む感じはありませんが、底を打つこともありません。フォアフットはテンポ良く反発し、ヒールはしっかりと衝撃を吸収してくれます。ローリング感は強くありません。

(左)必要な部分にのみ配置された4mmのアウトソール。
(右)上が「CYCLONE」、下が「ZEPHYR」。

走行フィーリングを「ZEPHYR」と比べるとアッパーの作りと重量の違いが現れて、軽快感が高いシューズに仕上がっています。また、ソールシステムが似ていますが、プレートをなくしたことでソール全体の張りが弱くなり、しなやかながら適度に弾むような感覚が得られるのも相違点です。

「ZEPHYR」「ULTRAFLY 3」と比べると、クッション性は硬めの「ZEPHYR」、柔らかめの「ULTRAFLY 3」の中間くらい。直進性が高く、瞬発力のある「ZEPHYR」、ソフトながらでヒールがしっかりした「ULTRAFLY 3」。軽快でアップテンポな「CYCLONE」と表現するのがしっくりくる気がします。

「CYCLONE」は、軽量でフィット感の良いアッパーと、クッション性と反発のバランスがいい癖のないソールの組み合わせによって、日々のアップテンポなトレーニングに最適なシューズに仕上がっています。


CYCLONE(サイクロン)
・価格:¥17,000+税
・サイズ:MEN’S 26.0-28.5cm、WOMEN’S 22.5-25cm
・カラー:MEN’S 1色、WOMEN’S 1色
・スタックハイト:23mm(つま先)、28mm(かかと)
・ドロップ:5mm
・重量:225g(27.0cm)

■Topo Athletic
https://topoathletic.jp/

 

>>>「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

 

 

  • モントレイル トレイルランニング
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • nathan トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • gontex トレイルランニング