TrailRunner

salomon トレイルランニング

SALOMON「EXO II TIGHT M」読者モニターレポート

夜明けのランブラーさんのレポート

EXOII_tight.jpg●テストしたコース
高尾山口 – 陣馬山山頂 往復コース(距離約28km)
砧公園、駒沢公園各コース(距離約15km)
●上り
ま ず最初に感じたのは、脚を上げると若干膝上あたりに強いコンプレッションをを感じます。そのコンプレッション効果により、脚を下ろす際に引っ張ったゴムが 元に戻る時のような勢いが生まれ、その勢いを上手く利用することでいつもより若干楽に上りを歩いたり走ったり出来ました。わかりやすく言うと、常に腕で膝 を押して走っているような感覚です。サポートではなく、ヘルプというほうが近いかもしれません。
●下り
上記にも書いた、膝上の強めのコン プレッションが、今度は下りでは膝上のサポート役にチェンジして、膝上のサポートをしてくれます。そして、着地時の衝撃から来る筋肉のブレをハニカム素材 で上手く吸収・分散してくれているようで、下りの脚のブレが抑えられていつもより安定感を感じました。
●平地
膝上あたりの強いコンプレッションが特にロードランもしている人には走りにくいと感じるかもしれません。もしこのタイツに欠点があるとしたら平地だと思います。ただし、この件は最後のまとめにて補足しています。
●その他
臀 部全体をこの製品の”売り”のハニカム素材でしっかり包んでいるので、腰周りに安定感を感じます。長距離のトレイルランでは特に大臀筋の疲労が激しいの で、この部分をダイレクトにサポートしてくれるのはありがたいです。臀部全体のサポートはこのタイツの注目すべき点の一つだと思います。
●まとめ
「上 りをいかに楽に上り、下りの衝撃をいかに吸収してダメージロスを抑えるか?」という事が多くのトレイルランナーの研究課題だと思いますが、このタイツはま さに「上りを楽にする。下りの衝撃を吸収する。」という要望に応えるようにチューニングされたトレイルラン専用タイツだと思います。
ただし、これ を履けば劇的にパフォーマンスアップする、というものではないと思いますが、上記で書いた上りと下りの”若干のヘルプ&サポート力”が、長距離ランになれ ばなるほど”若干”の意味が大きくなってくると思います。また自分のトレラン勝負アイテムが1つ増えました。もしモニターでなければ秘密にしておきたかっ たくらいです。
このような機会を与えていただいた、スポンサーのサロモン社とトレイルランナー.JPに感謝をいたします。ありがとうございました。■Blog「夜明けのランブラー」も併せてご覧ください。

景虎さんのレポート

tights4.jpg11月のことでしたが、膝に違和感があるまま「富嶽周回」に出場し、結局「腸脛靭帯炎」で途中リタイヤしました。病院の先生からは、フォームの見直しとランニングタイツを勧められました。もちろん、靭帯を痛める前にテーピング効果のあるタイツを何着か履いていましたので、これに変わる新しいタイツを探しておりました。コンプレッション系のタイツは持っていなかったのでどうしても「EXO II」を試してみたかったのです。(商品を頂いた時には痛めた靭帯は治ってましたが…。)早速履いてトレイルを走ってみました。

見た目はかっこいいの一言!伸縮性の強い生地にハニカム状の非伸縮素材が張り巡らされていて、デザイン的にも理論的にも唯一無二の存在感がある。足を通してみるとハニカム状に筋肉を包み込んでくれるような格別なしっくり感がある。タイト感はあるけどそれ以上に筋肉のホールド感が心地いい。筋肉の揺れもなく、腿の筋肉痛もなく走れました。むしろ自然に足が前に出る感覚には感動しました。さらにSALOMONの文字が入っている腿の内側に入るハニカムのないスリット部分が内転筋を意識させてくれるので腸脛靭帯炎後の身にはこの効果もありがたい。

単なるコンプレッション系タイツとは括れないのではないかと思います。驚いたのは脱いだ後、汗でビッチョリ濡れているはずのタイツが濡れていない!? 速乾性抜群と聞いていたけどこれほどとは…  全てにおいて驚きの連続でした。

こんな素晴らしい機会を頂けたことを心から感謝しております。11月にザックのXA20を購入して以来SALOMON製品にすっかりハマってます。素晴らしい新製品をこれからも期待してます。

■景虎さんのBlog 「景虎(かげとら)の山猿日記」の記事も併せてせてご覧ください。

ムギプーさんのレポート

EXO.jpg一般的なタイツでは、タイツの素材自体の伸縮機能を利用してテンションをかけているが、EXO IIタイツでは、ほぼタイツ全体に施されているこのハニカム補強材により強いテンションがかけられ、タイツ自体の伸縮性が抑えられている。その為、履き心 地は他のタイツより締め付け感が強く、硬い感じの締め付け感である。ただし、膝の前後、股関節などにはハニカム補強材施されておらず、屈曲が必要な部分の 動きは妨げられない。

このハニカム補強材はゴム状の樹脂でできており、タイツの表面に接着されたようになっている。全体を覆っていることでタイツ繊維の伸びを抑制することでタイツの寿命を延ばす効果、転倒時にタイツの生地が石等で痛むのを防止する効果も多少あるのではないかと思う。

さて、実際にフィールドで使ってみる。膝下まで足を入れ、しっかり履いたつもりだったが、走っているとお尻の部分が下がってきてしまった。しばらく走った 後にもう一度タイツ全体を引き上げ、ウエストの紐をしっかり結び直したら下がらなくなったが、最初はやや履きにくく感じる。あまり汗をかかず乾燥している 冬なので簡単には評価できないが、長距離のトレイルを走っていも汗冷えもせず、速乾性、通気性は良好であった。

EXO IIタイツはどちらかというとコンプレッションタイプに分類されるタイツであり、どれも似たり寄ったりで個性の感じないタイツが多い中、機能にしてもデザインにしても極めて個性的魅力的な一品といえるのではないだろうか。

■ムギプーさんのBlog 「茶トラ・鯖トラ・旭林檎」の記事も併せてせてご覧ください。

リーホーさんのレポート

tights2.jpg足を通した感触はかなりタイト。ハニカムプリントが、太腿・臀部全体を締め付ける。その分足が捌きやすそうで、足の上げ下げも軽く、蹴りもダイレクトに伝わりそうだと感じました。

トレイルを試走して強く感じた事
<ハムストリングから、臀部への引き締め効果が強い>
登りは、足を伸ばしやすく、そして上げやすい。 結果、足が前に出やすくなる 効果を感じました。 以前、左膝を傷めた事があり太腿から、膝の外側に痛みや張りを感じること もしばしばあった のですが、 このタイツを履くことでRUN中は全く気になりま せんし、疲れも残りませんでした。下りの着地衝撃による 筋肉のブレを抑え てくれていたのではと思いま した。

<ハニカムの伸縮性&フィット感>
最初は若干のずり落ち感があり、、、サイズが合っていないのかも、、、 と思って いました。 トレーニングを早朝に行った為、かなり気温が低かったのですが、走り出して数分、筋肉がほぐれてくると同時に、違和感は無くなりピタッと張り付いた感じ に。 その後は適度なサポート感と共に快適なRUNができました。 おそらく、ハニカムプリントが体温により伸縮性を増し、体型や筋肉の動きフィットしていったのではと?、、と推測します。冬場はゲイターも一緒に使ってみ たくなり ました。

今まで履いことのない、、生き物のようなタイツとでもいいましょうか、、活躍の場が増えそうです。


トシローさんのレポート

tight.jpgEXO II TIGHTを手に取って感じた第一印象は、「冷たい」だ。ハニカムメッシュ状のプリント部分が、ヒンヤリ冷たいのだ。

身長168センチ、ウエスト76センチの自分には、当選したMサイズが丁度良いようだ。ハニカムメッシュ・プリントが、腿から尻にかけて全体的に圧迫するような感じだ。弾力の違う素材を緻密に立体裁断し組み合わせ、テーピング効果を狙った日本製他社のサポートタイツとは異質の着用感だ。写真では判りにくいが、膝裏の粗いメッシュ素材は、ベンチレーション効果が期待できる。

真冬に膝下丈の”ヒンヤリ”タイツをモニターするのは正直気が進まなかったが、実際に真冬の朝、トレイルを走ってみた。腿(特にSALOMONのロゴより下の部分)に強いサポート感がある。自分はこの部分が攣りやすいので、このサポート感は頼もしく感じる。

ハニカムメッシュ・プリントは、ある程度、風を防いでくれるようで、走っていても風が透り抜ける感じはしなかった。タイツの上からオーバーパンツを履けば、ヒンヤリ感も気にならなくなる。夏場はこのヒンヤリ感が接触冷感的効果を期待できるかもしれない。

2009年のクリスマスプレゼントは、私のトレイルランイングの良い相棒になってくれそうだ。

■トシローさんのジョグノート マイページ「鎌倉ゆるゆるトレイルラン」も併せてご覧ください。
2009年12月30日(水) 
2010年1月2日(土)

SALOMON http://www.salomon.co.jp/softgoods/

■ トレイルランナー編集部 「体感レポート」 は こちら

「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • gontex トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • ledlenser トレイルランニング
  • essr トレイルランニング