TrailRunner

salomon トレイルランニング

SALOMON XR Mission

スピードとクッションを兼ね備えた
リアルハイブリッドランニングシューズ

xrmission1-thumb-500x351

xrmission2-thumb-200x306ロードからトレイルまで走れるオールロードシューズ「XR」シリーズのNEWモデル「XR Mission」です。2011年に登場した「XR CROSSMAX」よりも、さらにロードランニングシューズに近づいた雰囲気です。初めて見たランナーは、ロードランニング用のシューズかと思ってしまうのではないでしょうか。

アッパーのボリュームはゆったりしています。踵も余裕のある大きさで、さらに、親指と小指の付け根部分にゴムのようなストレッチ素材を用いていて、適度に剛性感のあるフィット感を提供しながらも伸縮性も十分にあるので、窮屈に感じる人はほとんどいないと思います。「XR Mission」の一番の特徴はソールがアッパーよりも一回り大きな、オーバーサイズになっている点。真上から見ると全体にミッドソールがはみ出しているのが判ります。ただし、プラスチック製の補強プレートが「XR CROSSMAX」のように踵部分まで張り出していないので、他のサロモンのシューズよりも横の傾きに対する剛性は強くありません。そのため、かなりふんわりとした印象になっています。特に踵部分が後ろにかなりはみ出していますが、走っていて引っかかるようなことはありません。フォアフット部は、つま先部分が薄くなっており、かなり反っています。「XR CROSSMAX」よりも足抜けは良く、スピードを出しやすいと感じました。アウトソールは体重が移動していく踵のアウトサイドから拇指球にかけては突起が少なく、ロードを走ってもフラットなフィーリングを感じることができました。その他の部分はトレイルでも地面を掴んでくれるようなパターンになっているので、オールラウンドに使えると思います。

「XR Mission」を履くならロードや条件の良いトレイルがお勧めですが、クッションが良いのでガレ場の下りなどでも快適に飛ばすことができます。スピードを出せるフォアフットのソール形状と、踵の抜群のクッション性を生かした「攻め」の走りができるはずです。ロードランニングシューズの良いところと、トレイルランニングシューズで大切なポイントをしっかりと押さえた新しい感覚のシューズといえるのではないでしょうか。

また、「XR Mission」のレディスモデルはソールの形状が異なります。スリットを4本に増やして(メンズは3本)、少ない力で推進力を得られるようになっています。

20px
xrmission3-thumb-250x185 厚く大きなクッションは
トレイルの下りで大きなアドバンテージとなる
xrmission4-thumb-250x183 右のS-LABと比べると
踵部分のボリュームの違いが判る。
クッションも厚くなっている。
20px

xrmission5-thumb-250x328XR Mission
XR ミッション
■価格/¥11,550(税込)
■カラー(MEN 全4色)/ブライトブルー/ブラック/ポップグリーン、アルミニウム/ブラック/ブライトブルー、ブラック/ブラック/カナリーイエロー(写真)、ポップグリーン/ライトグリーンX/ブラック (WOMEN 全4色)
■サイズ/MEN 25.0 – 29.0cm、WOMEN 22.0 – 25.0cm
■重量/MEN 325g (SIZE 27.0cm)、WOMEN 268g (SIZE 24.0cm)
■アッパー/プロテクティブ・TPU・トゥーキャップ、フリクションフリーレースアイレット、センシフィット、レースポケット、センシフレックス、クイックレース
■ライニング/テキスタイル
■ソール/Contagrip LT、Contagrip HA、OS TENDON、Light Weight Muscle、2層構造EVA、モールドEVA、OrthoLite

SALOMON http://www.salomon.co.jp/softgoods/

「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • gontex トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • ledlenser トレイルランニング
  • essr トレイルランニング