TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

【EPSON】電子ペーパー表示技術採用で見易さが向上「WristableGPS」5機種

GPSランニングウオッチ「WristableGPS」5機種12モデル
「EasyView Display」搭載※で、見やすさを大幅に向上

エプソンは、GPSランニングウオッチ「WristableGPS(リスタブルGPS)」シリーズの新商品として、電子ペーパー表示技術(EPD方式※)を使った「EasyView Display」を搭載し、表示画面の見やすさを大幅に向上させた「U-350BS」「J-350B/F」「J-300T/B/W」をはじめ、全5機種12モデルを2017年8月3日より順次発売します。
※EPD=Electrophoretic Display(電気泳動ディスプレイ)の略。

上段左より、「U-350BS」、「J-350B」
下段左より、「J-300T」、「J-50K」、「Q-10G」

新商品は、アスリート層向けモデルからGPSランニングウオッチ初心者のエントリー層向けモデルまで、多彩なモデルを取りそろえました。本格的なマラソン大会での記録更新を目指すアスリート層向けの『J-350B/F』『J-300T/B/W』、これからマラソン大会出場を目指すステップアップ層向けの『J-50K/B/T』、GPSランニングウオッチ初心者のエントリー層向けの『Q-10G/P/B』、またランナーの日常の健康管理からアクティビティまでサポートする、盤面にサファイアガラスを採用しデザイン価値を高めた『U-350BS』まで、幅広いラインアップで構成されています。

主な特長
1.「EasyView Display」を搭載し、見やすさを追求

WristableGPSシリーズとして初めて、表示部分にEPD方式の「EasyView Display」を採用しました※。高解像度、広視野角を実現する「EasyView Display」は、あらゆる角度から画面の表示を視認できるほか、直射日光下や偏光サングラス越しでもはっきりと画面を確認できます。また、夜間の安全走行をサポートするライト常時点灯のほか、手首を返すだけで画面を点灯させる「リストターン」などライト機能も充実させています。表示される文字も、太さや滑らかさを追求し、文字サイズを大きくするなど視認性向上に配慮しました。本体の表示画面は、大会やトレーニングなど利用シーンに応じて表示する項目を1行から最大3行表示まで自身で選択し、カスタマイズが可能です。専用アプリケーション「Epson View」から簡単に設定することができます。
※対応機種:U-350BS、J-350シリーズ、J-300シリーズ

2.充実したトレーニング機能
トレーニング機能の中に「レース」モード※1を新規搭載しました。自分が設定したペースで走行した場合の距離と、実際の距離の差を累積表示します。想定したペースと実際の走りの差を距離で確認できるので、目標タイムでのゴールを目指す場合に役立ちます。また新たに「トレーニング効果」※2を指標として表示します。トレーニング効果は、Firstbeat Technologies Ltd.が提供・サポートする情報に基づいており、実施したワークアウトが心肺能力等にどれくらい効果がある運動かを示す指標で、ワークアウトの効果を確認するのに役立ちます(「Epson View」に表示)。また「リカバリータイム」機能※3により、ワークアウト実施後に自身の体力が回復するまでの時間が本体に表示されます。その他、計測できる種目も「トライアスロン、プールスイム、オープンウォータースイム」※4を追加しています。
※1※2対応機種:U-350BS、J-350シリーズ、J-300シリーズ、J-50シリーズ
※3※4対応機種:U-350BS、J-350シリーズ、J-300シリーズ

3.「スタートボタン」で、クイックスタート

新商品全シリーズの基本操作体系を統一し、これまでの4ボタンから5ボタンに変更、直感的な操作を可能にしました。どの画面からも「スタートボタン」を1回押すだけで、すぐにGPS測位が開始※1されるクイックスタートを採用、GPS測位後にもう一度「スタートボタン」を押すだけですぐにワークアウト計測が始まります。初めてGPSランニングウオッチを手にする方も簡単に操作できます。GPS測位する前に衛星情報をスマートフォン経由で自動取得する自動AGPS(AssistedGPS)に対応※2しGPS測位時間を高速化しました。
※1:初期フロー時、計測中は除く
※2:Q-10シリーズはパソコン接続時にAGPS対応。AGPSの対応には、スマートフォン/PCにEpson Viewのインストールが必要です。

4. Bluetooth®(ブルートゥース)でスマートフォンと常時接続
Bluetooth®でスマートフォンとの常時接続が可能になりました※1。従来、手動での計測データアップロードが必要でしたが、Bluetoothでの常時接続により本体の計測を終了させると、「Epson View」へ計測データが自動でアップロード※2され、走行後すぐに走行軌跡をはじめとした計測データを確認することができます。またスマホ着信通知機能※3として、メールや電話、SNS着信お知らせが本体画面で確認できるようになりました。スマートフォンに保存されているミュージックのコントロール機能も搭載※4され、手元で音楽の再生/停止、曲送り/曲戻し、ボリューム操作ができ、走行時や日常でも便利に使用できます。
※1※3※4対応機種:U-350BS、J-350シリーズ、J-300シリーズ、J-50シリーズ。スマートフォンとの通信環境に左右される場合があります。
※2:スマートフォンとの通信環境により自動アップロードされない場合があります。

5.「プロシリコンバンド※」採用でさらっとした着け心地を実感
バンドを、従来のウレタン素材からシリコン素材の「プロシリコンバンド」に変更しました。シリコンバンドは、素材特性として伸縮性があり腕にフィットしやすく脈拍計測に適しています。さらに当社の微細加工技術を活かしたドット上のテクスチャーを表面に施すことにより、べたつき感をなくし、さらっとした着け心地を実感できます。バンドの剣先を丸め装着時のばたつきを防止するなど、随所に装着性を良くする工夫をしています。
※対応機種:U-350BS、J-350シリーズ、J-300シリーズ

 

  • ブルックス
  • モントレイル トレイルランニング
  • INOV8 トレイルランニング
  • スポルティバ トレイルランニング
  • プラティパス トレイルランニング
  • 塩熱
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング