TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

【YAMAP】進行方向に合わせて自動回転する「新・ベーシック地図」の提供を開始

国土地理院の「ベクトルタイル」を採用。安心・安全な登山を支えるコア機能をアップデート

登山地図GPSアプリ「YAMAP」を運営する株式会社ヤマップは、登山地図がスマートフォン上で進行方向に合わせて自動回転する「新・ベーシック地図」の提供を開始しました。
「新・ベーシック地図」は、国土地理院が2020年3月に全国提供を開始した、目的に応じた自由度の高い地図デザインを可能とする「ベクトルタイル」を採用(※1)し、「カーナビのように進行方向が常に上向きになるよう地図を回転(ヘディングアップ)してほしい」「ルートを確認する度にスマホを持ち直す必要をなくしたい」等のご要望にお応えしたアップデートです。

(写真左)新・ベーシック地図 / 現在地(方向アイコン)は常に上向き。向いた方向に合わせて地図が回転する『現在地+方向追従モード』
(写真右)従来のベーシック地図 / 地図は北向きに固定。向いた方向に合わせて現在地(方向アイコン)が回転する『現在地追従モード』(新・ベーシック地図利用時にモード切り替えが可能)

実際の進行方向と、画面上の地図の方向が連動するため、より直感的かつ道間違いが起こりにくい地図閲覧が可能になりました。また、拡大縮小しても画質が落ちない「ベクター画像」によって複雑な地形も高精細に描写。さらに、地図が回転しても地図上の文字情報は回転しないため、従来よりも可読性の高い地図を使えます。

新・ベーシック地図の方が解像度が高く、従来のベーシック地図と比べて、より細かい線までくっきり見える。

「新・ベーシック地図」は従来のベーシック地図とあわせて使える「YAMAP LABO(※2)」の試験的機能です。

※1 今回採用したベクトルタイルは国土地理院が試験公開中の「地理院地図Vector(仮称)」で用いられているもの。https://maps.gsi.go.jp/vector/
※2 登山体験をテクノロジーでアップデートする研究所「YAMAP LABO」https://labo.yamap.com/
※3 ヤマップと国土地理院は2017年12月に協力協定を締結。

■ヤマップ ​https://yamap.com/

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • gontex トレイルランニング
  • ess トレイルランニング
  • suunto トレイルランニング
  • suunto トレイルランニング