TrailRunner

salomon トレイルランニング

【BOOK】「アメリカを巡る旅 3,700マイルを走って見つけた、僕たちのこと。」 リッキー・ゲイツ(著)

トレイルランナー/ランニング・アーティストのリッキーゲイツは、アメリカ南部を約3,700マイルを5ヶ月かけて走って横断する旅に出発しました。「僕たちは誰なのか」という興味を胸に秘め、「分断」されたアメリカ(The Divided America)を東から西へ動き続けました。

サウスカロライナからサンフランシスコを巡るその壮大な旅の様子を、リッキー・ゲイツは、抑制の効いたテキストと、200点を超える膨大な写真を組み合わせた独特のナラティブで記録しています。自然、都市や人工物の写真から広大なアメリカの様子が見え、文章からは、たくさんの「仲間/Fellow Americans」の苦しさや優しさ、そしてリッキーゲイツとみんなの間にある「共感」が感じられます。

この物語の中で、リッキーとともに読者もまたたくさんの風景や人々に出会い、「私たち」について考えることになります。まだ見ぬ「アメリカ」や「現代」、目に見えないものの確かにそこにあって「僕たち」を結びつけているユーモアや優しさ、良心や共感といったものを、リッキー・ゲイツならではの繊細さで描いているのが本作品であり、「3,700マイル」を超え、「5ヶ月」を超えて歩を進める「私たち」— それがアメリカでも、世界のどこであっても —にとって、確実な励みになる一冊です。


アメリカを巡る旅 3,700マイルを走って見つけた、僕たちのこと。
・価格:¥4,730(税込)
・原書:Cross Country: A 3,700-Mile Run to Explore Unseen America
・リッキー・ゲイツ(著)、川鍋明日香(訳)
・発行:木星社
・B5変型判 縦234mm 横184mm 厚さ19mm 256ページ 並製
・発売日:2022年7月14日

 

■著者プロフィール
リッキー・ゲイツ (リッキー ゲイツ) (著)
アメリカ合衆国コロラド州に生まれ、プロアスリートとして世界各国のトレイルランニングレースで数々の実績を残した。現在はニューメキシコ州サンタフェを拠点に、ランナー/アーティスト/ジャーナリストとして活動している。『Every Single Street』プロジェクト(2018年)では、サンフランシスコの街にあるすべての道(合計約1,127マイル)を走り、出会った人々や道中の出来事を写真やドキュメンタリー映像、スタッツを活用したビジュアルに残した。本作『アメリカを巡る旅 3,700マイルを走って見つけた、僕たちのこと。』CROSS COUNTRY : A 3,700-Mile Run to Explore Unseen Americaでは、ランニングとジャーナリズムを融合し、現代のアメリカに住む人々や、自然、街に自身が深く入り込んでストーリーを構築する「ゴンゾ・ジャーナリズム」のスタイルで物語を綴った。自然や都市に加え、人間が作り出した構造物、グラフィティ、タギング、ポスターなどさまざまな痕跡も記録しながら、「私たち」あるいは「人間」とは何かを解き明かすためのプロジェクトを続けている。

川鍋明日香 (カワナベ アスカ) (訳)
編集者、ライター、翻訳家として、テクノロジーからカルチャー、社会問題まで幅広いジャンルで取材・執筆・翻訳を手がけている。1993年に東京で生まれ、幼少期を英国で過ごす。大学卒業後に『WIRED』日本版編集部に所属し、雑誌、デジタルメディアの編集に携わる。2017年の渡独を機に独立し、現在はフリーランスとして活動している。

 

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • ledlenser トレイルランニング
  • essr トレイルランニング
  • essr トレイルランニング