TrailRunner

suunto トレイルランニング

「STRAVA JAPAN AWARDS 2022」 発表。ニューノーマルへの転換期にも躍動した7名の日本のアスリート

アスリートのためのソーシャルネットワークサービスをリードし、1億人以上のアスリートが参加する世界最大のスポーツコミュニティのStrava(ストラバ)は、Strava上に投稿された過去1年間 の国内のランおよびサイクルのアクティビティの記録から、優れた記録を残したアスリートを表彰する、「STRAVA JAPAN AWARDS 2022」を発表しました。

 

 

先行して発表された「STRAVA YEAR IN SPORT 2022」では、アクティビティのトレンドがパンデミック前の水準に近づいている側面も明らかにされ 、スポーツを取り巻く環境にも再び活気が見られるようになったこの一年。ニューノーマルへの転換期にも、Stravaのアスリートたちは力強く動き続け、日本のコミュニティも今年100万人を突破しました。

その100万を超える日本のアスリートの中から、それぞれのフィールドで輝かしい記録を残し、コミュニティにモチベーションや感動を与えたアスリートに敬意を表し、「STRAVA JAPAN AWARDS 2022」を表彰しました。

今年の「STRAVA JAPAN AWARDS」では、日課のランニングを毎日続けたアスリート、バーチャルライドで距離を積み重ねたアスリート、1000人を超えるランナーが参加するコミュニティを作ったアスリート、そして国内外のレースで実績を上げたアスリートなど、6部門・7名のアスリートにアワードを授与しました。

 

 

STRAVA JAPAN AWARDS 2022 全7部門 受賞者

・The Out-Laster(移動距離の称号)
矢野紘子さん 女性 ライド・ウォーク 23,046km(総走行距離)
・The Mountain Goat(登りの称号)
石橋 学さん 男性 ライド 422,000m(総獲得標高)
・The Devotee(アクティブ時間の称号)
原 智史さん 男性 ラン 1,428日(連続ラン日数)
・The Challenger(国内外参加レース)
くれいじーかろさん 男性 ラン 33レース
・The Group Effort(管理するStravaクラブの参加人数)
中島亘さん 男性 ラン 1,686人
・Activity of the Year(24時間で獲得標高が最も多い)
万場大さん 男性 ラン 8,871m
・Activity of the Year(最もKudosされたアクティビティ)
篠さん 女性 ライド 1,262 Kudos

 

 

■AWARDS 2022 受賞者コメント

The Out-Laster:矢野紘子さん
一年間で最も距離を進めた日本の女性アスリート

バーチャルライド 17,646km、ライド 4,724km、ウォーク 676km、総移動距離23,046kmを達成。また、2月に行なったFour Horsemen ×3のライドでは16:23:16走り、日本人の女性ライダーで最も移動時間の長いバーチャルライドを記録した。
「バーチャルライドは3年前から、遠方に住む友達と画面の中でライドできるので始めました。昨年末に大きなケガをしてしまったことで体力も筋力も落ちてしまい、なるべく休まずにライドすることで少しでも元の状態に戻せたらいいなと思い長い時間走ることに取り組みました。バーチャルライドなので事故の心配が無く乗ることができました。また、なかなか会う機会の少ない他県のバーチャルライドの仲間と顔を合わせてライドをした赤城山ヒルクライムのレースは自己ベストを達成できましたが、本当にみんな存在するんだと、お喋り時間が本当に楽しかったです。まだゴールに納得がいっていないので、またチャレンジしたいと思っています」

 

The Mountain Goat:石橋学さん
1年間で最も登った日本のプロアスリート

「今年相模原にトレーニングの拠点を移したのですが、Stravaのセグメントを探す機能で長い登りを探してルートを組んだライドが一番チャレンジングでした。3箇所の大きな登りでしっかり踏んで下りで休むというような感じで走ったのですが、一つひとつの登りが長いのでかなりハードでした。その分走り切った達成感はありました。相模原拠点でのトレーニングと渋峠での高地トレーニングで獲得標高が多いライドが続いていたので、今回の受賞につながったかなと感じています。表彰のことを聞くまで全く意識していなかったので、嬉しいサプライズでした。今年は海外のレース、特にアジアでのレースが多く再開されてレース数が増えたことで、ここ数年に比べてとても充実した活動ができました。国内のレースでも無観客から有観客になってきて直接応援していただき、現地での盛り上がりも戻ってきているなと感じる1年になりました。スポーツを通じて人との交流や大会での目標などができるようなってきたことを嬉しく思います」

The Devotee:原智史さん
日本で最長のストリーク(連続アップロード)を記録

「とても個人的なチャレンジとしてはじめたものに、このような形で光を当てていただきうれしいです。大学生時代になにかにチャレンジしたい、と思ったことがきっかけで2000年にでたホノルルマラソンがはじめてのフルマラソンです。近年、サロマ湖100kmマラソンに挑戦してみたいと思って真剣に取り組みました。
その中で、“毎日休まずに走り続ける”というチャレンジを、“面白いかも、やってみたい” と思ったことが原動力で『連走プロジェクト』をはじめました。そのチャレンジを楽しんだことで、結果的に長い間、走る日が続くことになりました。サロマ湖100kmマラソンも、連走プロジェクトの中で無事完走することができました(241連走目)。トレーニングのように目標に向かって努力して壁に挑んでいくことも尊いものですが、日々の行為そのものの中に目的や喜びを見出していくこともまた、人生を楽しく彩ってくれるのではないかと考えています」

 

 

The Challenger:くれいじーかろさん
ロードからトレイルまで、国内外の大舞台に挑むランニング界の若きホープ

「毎月2、3本ペースでレースに出場し好成績を残すために、自分の感覚に素直になりました。疲れた時はひたすら休む。身体に異常が起きたらすぐ休む。無理は絶対にしないという事を徹底しました。また、Stravaにログをアップすることによって、自分の練習を見てもらえたり、他のアスリートの練習もみれたり、セグメントで色んなランナーと競うことができたりと、モチベーションを保つことができます。2021年に目標としていたウルトラマラソンのレースがなく、悩んでいた時に、スカイランニングの公認YouTuberの公募を見て選んでいただけたことから、山を走りはじめました。その後、自分の得意な走力を活かすことのできるトレイルランニングにも取り組みました。苦手な下りが少しずつ上手くなっていくことが今はとても楽しいです。来年は、選んでいただけたらトレイルランニングの世界選手権、UTMBのOCC、ゴールデントレイルワールドシリーズ、スカイランニングワールドシリーズなどで上位に食い込めるようにチャレンジしていきたいです」

The Group Effort:中島亘さん
日本で最多メンバーのStravaランニングクラブ「一人ラン」の管理者

「立ち上げた当時、一人で練習していてもモチベーションが上がらないため、同じような人の走るコースや距離などを見て、モチベーション向上のためにStravaにランニングクラブを立ち上げました。あくまでも一人でのランのために立ち上げたものですが、クラブを立ち上げたことで他のランナーとも盛り上がり、非常にうれしいです。一人で走る良さは、その時の気分など思い付きで好きなコースを走ることができる点です。グループで走る良さは、ジョグレベルであれば話しながら走ることができ、ペース走等は引っ張ってもらったり、引っ張ったりと一人ではできない練習ができる点です。Stravaで同じような地域の人のコースを走りに行けることや、走るコースのきれいな写真を見られることは、モチベーションにつながると思います。また、大会に出た後にクラブのアクティビティを見て、同じ大会を走った人がいたことを知るときもモチベーションが上がりますね」

 

Activity of The Year:万場大さん
世界最高峰のトレイルレース、ウルトラ・トレイル・デュ・モンブラン(UTMB2022)で日本人唯一のSUB24で総合28位
日本人によって記録された24時間以内のランニングで今年最多の獲得標高

「もともと登山をしていて、21歳のときにフルマラソンを完走したことをきっかけにトレイルも走るようになりました。UTMB2022は23時間以内で完走することを目標にしつつ、10位入賞を目指していました。残念ながら達成できませんでしたが、トレーニングを積めば10位入賞は自分でも出来ると、手応えを感じることができました。トレーニングは、大体毎日近所の土手を一日15キロくらいを目安にジョギングしています。最大心拍数の70%くらいで、楽に走れるペースです。休日はなるべく山に行って少し強度高めに走るようにしています。2023年は UTMBの22時間切りを目標に、100マイルレースを中心にチャレンジしていきます。2月のTarawera Ultramarathon by UTMB で3位以内に入賞してUTMBの挑戦権を得たいと思っています」

 

篠さん

 

Activity of The Year:篠さん
日本屈指のヒルクライムレース、富士ヒルクライム2022で女子総合2位
この1年で最もKUDOSされた日本人のアクティビティ

「6年前に友人に勧められStravaを始めてから、ずっと旅の備忘録として使ってきました。自動的に設定されたセグメントの記録を取ってくれるので、過去の自分を超えることがモチベーションになることもあります。Stravaで自転車の楽しみ方が広がったのは間違いありません。富士ヒルクライムのアクティビティがこの1年で最もKUDOSされたと聞いて、正直かなり驚きました。富士ヒルというレースの注目度の高さをあらためて身を持って実感しました。普段からStravaを見て、応援してくださっている方々、本当にありがとうございます。富士ヒルクライムは辛楽しいレースでした。自分に足りないものがよく分かったので、来年はそれを補えるように頑張りたいと思います。また、未踏の峠道を沢山走りに行きたいです!今は山旅欲が一番高いです」

 

 

■Stravaとは
Stravaは400人以上の従業員を抱え、カリフォルニア州サンフランシスコ、コロラド州デンバー、英国ブリストル、アイルランド・ダブリンに拠点を構えています。
主ビジネスは、アスリートのための先進的なサブスクリプションサービスの提供です。Stravaのモバイルアプリとウェブサイトは、コネクテッドフィットネスの中心となるプラットフォームとして、195カ国以上から1億人以上のアスリートが集まるソーシャル・ネットワークサイトです。Stravaに1週間にアップロードされるアクティビティは4,000万件、70億以上のアクティビティが共有されています。日本国内の利用者も2018年の国内ローンチから2.5倍以上増加しています。住んでいる場所、好きなスポーツ、使用しているデバイスに関わらず、すべてのアスリートはStravaで繋がることができます。

Stravaのアプリを無料でダウンロード:iOS | Android
サブスクリプションに加入して、トレーニングからパフォーマンス分析まで、アクティビティに役立つ追加機能をお楽しみください。Stravaの最新情報は、 https://www.strava.com/whats-new をご覧ください。

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • merrell トレイルランニング
  • ESS トレイルランニング
  • ultimate direction トレイルランニング
  • toad トレイルランニング
  • okumusashiトレイルランニング
  • NOZAWA4100Dトレイルランニング
  • rigトレイルランニング
  • hakubaclassicトレイルランニング