TrailRunner

salomon トレイルランニング

【ルーセント】トレイルランナー若岡拓也選手と 「LUC+サポートランナー」 契約を締結

挑戦する大人のためのスポーツブランド「LUC+(ルクタス)」を運営する株式会社ルーセントは、トレイルランナーの若岡拓也選手とスポンサー契約を締結しました。

今後ルーセントは、若岡選手に所属選手として国内外のレース出場をサポートするとともに、その他の各種プロジェクトへの挑戦や講演会などのさまざまな活動をサポートしていきます。また、若岡選手はルーセントのブランディング活動に参加し、お互いに協力しあえる関係を築きます。

 

 

若岡選手は元新聞記者の経歴をもつ異色のランナー。新聞社を退職した2014年にブラジルのアマゾンで開催された「ジャングルマラソン」250kmで3位入賞を果たして以降、国内外を問わず山岳、砂漠、雪原といった極地を舞台にした超長距離レースで活躍しています。

2023年に「日本を丸ごと楽しめる素晴らしいトレイルを、国内や海外に紹介したい」と一念発起。自ら北海道の羅臼岳から鹿児島県の開聞岳まで、日本列島を山々をめぐるトレイルでひたすら繋いで縦走するチャレンジを達成しています。この日本列島を縦断するロングトレイルを作る旅「日本列島大縦走」プロジェクトでは、100日間かけて山々から望む景色や道のりを走り切りました。若岡選手自身としては「じっくり楽しみながら走った」100日間の足跡が、一本の素晴らしいトレイルコースとなった様子が下記のサイトで目の当たりにすることができます。プロジェクト詳細は下記特設サイトをご覧ください。

■若岡拓也の日本列島大縦走 特設サイト
https://www.paagoworks.com/pages/wakaoka-greatjapantrail

このプロジェクトに際しては、ルーセントは若岡選手の海外からスポーツツーリズムインバウンドを呼び込み日本の新しい魅力を紹介し、日本を元気にするという夢に共感し、グループ会社の和菓子専科『明日香野』、同じくグループ会社の株式会社ウェッジホールディングスとともに若岡選手を応援しました。

「スポーツコミュニティを通して日本中の人々の元気を応援します。」のスローガンを掲げるルーセントは、グループ会社株式会社ウェッジホールディングスと共同で2022年からトレイルランニングで世界をめぐるツアー「LUC+(ルクタス)」アドベンチャーズを展開し、世界最高のトレイルランニングシリーズUTMBオフィシャル独占ツアーを開催するなど、「ランニング」と「旅行」をキーワードに新規事業を展開しています。今回の契約を通じて、さらに多くの日本人が日本の山を楽しみ、今後のスポーツツーリズムを通じて日本の素晴らしい自然を紹介し、日本をより元気にしていきます。

 

 

ルーセントは若岡拓也選手に下記のサポートを行います
・大人のためのスポーツブランド「LUC+」の商品を提供
「LUC+(ルクタス)」のスポーツウェアや、軽くて頑丈なカーボン製のトレイルランニング用のポール「N&W Curve」(ニューカーブ)を提供。また世界各国で展開する「LUC+Adventures」トレイルランニングツアーへの参加など、あらゆる活動を応援しています。

・行動食「道中茶寮」シリーズを提供
必須アミノ酸配合の「抹茶飴」、塩分補給にもなる「玄米飴」、クエン酸を配合した「柚子飴」を提供して、長時間のランニングをサポートします。

・SNS発信
「LUC+」のInstagramやFacebookなどで活動情報を発信していきます。

 

 

若岡拓也選手コメント
「これまでにレースでジャングル、砂漠、南極、北極圏、標高5,000m超の山岳など、さまざまなフィールドをこの10年間で走ってきました。まだ見ぬ風景と出会うことが走り続けられた原動力です。サポート契約を弾みにこれまで以上に世界中の秘境を駆け抜けます。アスリートとして成績を残すことはもちろんですが、僕にとって走ることは己の強さ、弱さを知ることであり、同時に世界を知ることでもあります。そうした体験や感じたことを伝えることも、新聞記者、ライターという経歴を生かしたライフワークです。そして、走ることは人生を豊かにしてくれます。どれほどかはその人次第ですが、少なくともご飯が美味しい。なんだか気持ちのいい汗がかけた。といった心地よさにつながることは間違いありません。まだ走る習慣がない方は、このリリース文をここまで読んだのですから少しだけ日常を変えて一緒に走ってみませんか。ちなみに、経済的な豊かさにつながるかは疑問が残ります。ざっと計算してみたのですが、僕は家1軒を建てることができるほどの金額を費やしていました。自分でも驚いています」

 

若岡拓也(わかおかたくや)プロフィール
1984年生まれ、石川県金沢市出身で地元の北國新聞社で6年間新聞記者として勤める。退職した2014年に走り始め、同年のジャングルマラソン250kmで3位入賞を果たす。2021年には『日本山脈縦走』(1960年発行/読売新聞社)に記された約60年前のルートをもとに、山口から青森までの山をつないだ3,000kmを約2ヶ月で踏破しました。2023年7月にはさらに距離を伸ばし、北海道から鹿児島まで全長4,580kmの道のりを走るプロジェクト「日本列島大縦走」に挑戦し、100日間で走破しました。

■公式サイト:https://wakaoka-takuya.com/
■若岡拓也の日本列島大縦走特設サイト
https://www.paagoworks.com/pages/wakaoka-greatjapantrail

【主な実績】
2014年 ジャングルマラソン(250km・ブラジル)3位
2016-2017年白山ジオトレイル(250km・日本)優勝
2018年 砂漠レース年間シリーズ(4戦・各250km)準優勝
2019年 ヴィクトリア162(162km・香港)ペア部門優勝
2022年 Racing The Planet Lapland 2022(250km・フィンランド)優勝
2023年 TOKYO GRAND TRAIL(160km・日本)優勝
2023年 日本列島大縦走プロジェクト(4,580km・日本)完走
2024年 GOBI MARCH(250k・モンゴル)優勝

 

 

■ルーセント:https://lucent-sports.com/
■ルクタスアドベンチャーズ:https://tabirun.run/tour/

  • RL トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • merrell トレイルランニング
  • ESS トレイルランニング
  • ultimate direction トレイルランニング
  • rigトレイルランニング
  • hakubaclassicトレイルランニング
  • FORESTRAIL HIRUZEN-SHINJO
  • hoka トレイルランニング
  • ninja トレイルランニング