TrailRunner

salomon トレイルランニング

【COROS】プロマラソンランナーの大迫傑選手とグローバルパートナーシップ契約を締結

2024年7月4日、プロアスリートにも絶大な信頼を誇るスポーツテック製品を開発するCOROS社(カロス社)は、プロマラソンランナーの大迫傑選手とグローバルパートナーシップ契約を締結しました。

 

今回の契約について大迫選手は、
「この度、COROSとパートナーシップ契約を結べたことを嬉しく思います。COROSと私の生み出す相乗効果を楽しみにしていてください」
と力強く話しています。

最軽量モデル「COROS PACE 3」を着用してトレーニングを行っている大迫選手は、
「とても軽くてバッテリーの持ちが良く、GPSを拾うのも早い。シンプルな機能性が気に入っています」
と述べています。

 

・COROS PACE 3 製品詳細:https://jp.coros.com/pace3

 

COROSはGPSウォッチといったデバイスの開発だけでなく、COROSアプリの操作性向上やシステムアップデートなどにも注力しています。今回の大迫選手とのグローバルパートナーシップ契約を機に、相乗効果を生み出せるよう引き続き製品やサービス面の開発を行い、ユーザーの満足度向上を目指しています。

 

 

大迫傑 プロフィール
中学時代から陸上競技を本格的に始め、駅伝強豪校の佐久長聖高校に進学。高校2年時にアンカーとして全国高校駅伝7区で区間賞を獲得し、チームの初優勝に貢献。早稲田大学に進学後は箱根駅伝で区間賞を2回獲得。

大学卒業後は日清食品グループを経て、ナイキオレゴンプロジェクトにアジア人として史上初めて加入。現在はナイキ所属のプロランナーとして競技に取り組んでいる。2018年シカゴマラソン、2020年東京マラソンで当時の日本記録を樹立。
・公式サイト:https://suguruosako.com/
<自己記録>
・3000m:7分40秒09(日本記録)
・5000m:13分08秒40(日本記録)
・10,000m:27分36秒93
・ハーフマラソン:1時間01分05秒
・マラソン:2時間05分29秒(日本歴代2位)
<主要実績>
・2016年:日本選手権5000m / 10,000m 2冠
・2017年:ボストンマラソン 3位 / 日本選手権10,000m 2連覇
・2018年:シカゴマラソン 3位
・2020年:東京マラソン 4位
・2022年:ニューヨークシティマラソン 5位

 

COROS(カロス)について
COROSは、アスリートが最高のパフォーマンスを発揮するためのトレーニングをサポートする、パフォーマンス・スポーツ・テクノロジー・カンパニーです。COROSにとって、アウトドア、山、そして情熱的なアクティブライフが全てです。ハイグレードなハードウェアと革新的なテクノロジーを組み合わせ、世界で最も過酷な環境下で耐久性を必要とするアスリートたちに信頼されるギアを提供します。効率的で直感的なユーザーエクスペリエンスを備えた先進のテクノロジーは、私たちの中核をなすものです。COROSのユーザーは、世界記録を樹立し、地球上の最高地点に到達し、私たちの製品の価値を極限まで高めています。COROSの創造と革新に終わりはありません。私たちのお客様、アスリートがCOROSを作っているのです。
・COROS公式サイト:https://jp.coros.com

  • RL トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • merrell トレイルランニング
  • ESS トレイルランニング
  • ultimate direction トレイルランニング
  • rigトレイルランニング
  • hakubaclassicトレイルランニング
  • FORESTRAIL HIRUZEN-SHINJO
  • hoka トレイルランニング
  • ninja トレイルランニング