TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

【Review】BROOKS「CALDERA 5(カルデラ 5)」

キープコンセプトかつホールド力を向上させた、本格派厚底トレイルシューズ

BROOKS(ブルックス)のトレイルランニングシューズの主力モデル「CALDERA(カルデラ)」がバージョン5にアップデートしました。「CALDERA 4」は「CALDERA 3」からフルリニューアルでしたが、今回のアップデートはキープコンセプトと言えそうです。

全体にワイドなアッパーはモノループエンジニアリングメッシュを採用。前作よりも密度の低い織り方で、柔軟性、通気性が向上しています。ベースとなるメッシュは2レイヤーですが、ミッドフットからヒール部は、内側にタンと一体化したライナーを配置しています。さらにヒール部にはパッドが入った重厚な作りになっています。履き口周りのパッドもボリュームがあります。

アッパーは通気性に優れたメッシュ。BROOKSのマークもサイドの補強となっている。

そして、今回のバージョンアップで最も変わったポイントはシューレースからソールまでつながるバンドです。シューレースを通す部分は、表だけ見ると一見普通のループに見えますが、実はソールまでつながっています。これにより、サイド部をしっかりとホールドしてくれます。

シューレースを通すブルーのループは、実はベルトになっていてソールまで繋がっている。

前作からスタックハイトもクッション性能も“ザ・ 厚底”という仕様になったソールシステムは基本的に変更ありません。ミッドソールにはBROOKSが開発したBioMoGo DNAを採用。ランナーの体重や走行スピードに応じて、クッションと反発を最適にコントロールしてくれます。

アウトソールは前作でも好評を得ているTrailTack。粘着性のあるコンパウンドで濡れた路面でも優れたトラクションを提供します。

(左)アウトソールは粘りがあり、ウェットな路面でもしっかりグリップ。
(右)左が「CALDERA 4」、右が「CALDERA 5」。

足入れしてみると、全体にボリュームがあるのが判ります。シューレースを締めていくと、明らかに前作よりしっかりとしたフィットを感じました。通常のシューズはシューレースを締めると、アッパー全体が引っ張られて足にフィットしますが、「CALDERA 5」はシューレースにつながったベルトからダイレクトに締め付けられる感覚があり、サイドをがっちりホールドしてくれます。

走りは一言でいうとソフトな厚底シューズです。より厚く、ワイドに、そしてソフトになった前作と同様の、雲の上を走るかのようなフィーリングです。細かい凹凸は足まで伝わってきますが、その分クッション性はすばらしく、ロングディスタンスでの疲労を最小限にとどめてくれます。アップデートしたアッパーのおかげで、サイドへのブレが減り、屈曲時のストレスも軽減ししています。

ローリング感はフォアフット部のほうが強く感じます。ヒール部から転がす意識よりも、フラットに着地してフォアフット部に荷重を移すときにロッカーを生かしてソールを転がす意識をもつとシューズの性能にマッチしやすいと思います。

アウトソールはコンパウンドもラグパターンも前作同様なので、噛み過ぎず、滑り過ぎない適度なグリップでトレイルからロードまでオールラウンドに使用できます。

「CALDERA 5」のおすすめのシチュエーションは、あまりテクニカルではなく、状況の良いトレイルや林道、ロードなどをミックスしたロングディスタンスと言えそうです。そして、一番楽しめるのはやはり下りです。最高のクッション性を生かして楽しんでください。

Caldera 5(カルデラ5)
・価格:¥17,600+税
・サイズ:MEN 25.0-29.0cm WOMEN 22.5-26.0cm
・カラー:MEN 1色 WOMEN 2色
・ミッドソールドロップ : 4mm
・重さ : 300g(27cm)260g (24cm)
・ミッドソール素材 : BioMoGo DNA

■BROOKS   http://www.brooksrunning.co.jp/
  • モントレイル トレイルランニング
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • gontex トレイルランニング
  • ess トレイルランニング
  • suunto トレイルランニング