TrailRunner

salomon トレイルランニング

【Review】Salomon「GENESIS(ジェネシス)」

厚底ながら安定性、敏捷性にも妥協なく、山岳系にも強い新世代オールラウンド

 

Summary
・Matryx®を使用した贅沢なアッパー
・サイドを補強する独創的なアクティブシャーシ
・S/Labモデルよりも4mm厚いソール
・テクニカルトレイルを苦にしないプロテクションとグリップ

 

 

Salomon(サロモン)のトップアスリート向けのハイエンドライン、S/LABシリーズの中で、近年、トップアスリートがロングディスタンス系でこぞって使用しているモデルが「S/LAB GENESIS(エスラブ ジェネシス)」です。そして、2024年はその弟分とも言える「GENESIS」が登場しました。

 

 

アッパーには「S/LAB GENESIS」と同じMatryx®を採用。Matryx®は高張度ポリアミドとケブラーを混紡し、高耐久で快適な通気性を備えています。また、さまざまなゾーンを構築することで補強を減らせるため、アッパーを軽量に仕上げることができます。

 

S/LABバージョンと同様にMatryx®を採用したアッパー。

 

アッパーとタンが一体化した「S/LAB GENESIS」とは違い、履き口周りはオーソドックスな作りです。タンはエンドフィットと呼ばれるガセットタンでソールと接続され、高いフィット感を提供します。もちろんワンタッチで調整可能なクイックレースも装備。履き口のカラーにはしっかりしたパッドが入っていて、ヒールカウンターも頑丈です。

 

タンはソールと接続されたエンドフィット。履き口はオーソドックスなスタイルだ。

 

アッパーで最も目を引くのはヒール寄りのアウトサイドに取り付けられたアクティブ シャーシというプレート状の補強です。「S/LAB GENESIS」はEVA製ですが、「GENESIS」はより硬いTPU製で形状も異なります。インサイドは外付けのパーツではなく、ミッドソールと同素材で一体化しています。

 

アクティブシャーシ。(左)アウトサイドはTPU製。(右)インサイドはミッドソールと一体化している。

 

ソールのスタックハイトはフォアフット26mm、ヒール34mmで「S/LAB GENESIS」と比較すると全体に4mm高い設定。ドロップは8mmです。ミッドソールのエナジーフォームはEVAとオレフィン[OBC]を配合し、軽量ながら高いクッション性と反発性を両立しています。ロックプレートとして機能するプロフィールフィルムは挿入されていません。

アウトソールはSalomonが独自に開発したオールテレーン コンタグリップをフルレングスで配置。部分的にサイドまで回り込んでいます。ラグの高さは4.5mmで配置はかなり密集しています。また、アウトソールのベース部分には泥を付きにくくするための細かい溝が刻んであます。

 

ラグの数が多く、特にセンターは密集している。ベース部分の細かい溝は泥の付着を軽減する。

 

足を入れてみるとSalomonのシューズの中では比較的ゆったりとしたボリュームでした。「S/LAB GENESIS」もS/LABの中では幅広な部類でしたが、それよりももう少しゆとりがある感じです。アッパーの感触はソフトで、タンも厚く、履き口のパッドも十分なので全体に優しく包み込まれるフィット感です。

走ってみるとクッション性が高い割に安定感もありスムーズに前に進んでくれます。ロッカーによる推進力はそれほどありませんが、そもそもヒールが8mm高いので自然な荷重移動を行うことができます。接地幅は「S/LAB GENESIS」と変わりませんが、ラグがソールの端まで張り出しているため、安定感はより高いと感じました。

 

ソールが厚めのだが程よいフレックスがある。

 

際立っていたのはサイドのサポートです。アクティブシャーシが着地時のブレを抑制してくれるとともに、ヒールのアウトサイドで接地してから母指球に荷重を移動する際のアシストをはっきりと感じられました。

安定感とグリップはどんなサーフェスでも良好で、とくにテクニカルなトレイルや岩稜帯などの厳しい状況での対応力が優れていました。

 

(上)「GENESIS」。(下)「S/LAB GENESIS」

 

「GENESIS」はラインナップ上は「S/LAB GENESIS」のディフュージョンモデル(普及版)という位置付けかと思われますが、実際のところ、快適性は増しているものの走破性は犠牲にしておらず、「S/LAB GENESIS」に肉薄する性能を発揮しました。

以上のことから、「GENESIS」はシリアスランナーのロングディスタンス系のレース用シューズとしても、初心者の最初の一足としても対応できる懐の広さを持った山岳系オールラウンドシューズと言えそうです。

 

 

GENESIS
(ジェネシス)
・価格:¥22,000(税込)
・展開
Men’s(25.0-29.0、30.0、31.0cm・269g / 27cm)
Women’s(22.0-25.0cm・242g / 24cm)
・カラー:メンズ 3色、ウィメンズ 2色
・スタックハイト:前足部 26mm、かかと部 34mm
・ドロップ:8mm

 

 

Salomonの記事一覧はこちら↓

Salomon SPECIAL INDEX

 

■Salomon:https://salomon.jp/

 

>「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • merrell トレイルランニング
  • ESS トレイルランニング
  • ultimate direction トレイルランニング
  • NOZAWA4100Dトレイルランニング
  • rigトレイルランニング
  • hakubaclassicトレイルランニング
モバイルバージョンを終了