TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

SALOMON SONIC RA NOCTURNE

定評あるランニング性能に
納得の冬装備をプラス



春にご紹介したSALOMONのロードランニングシューズ「SONIC RA(ソニック RA)」のノクターンコレクション「SONIC RA NOCTURNE(ソニック RA ノクターン)」をご紹介します。ノクターン=夜想曲、日照時間の短いウインターシーズンに、快適にランニングを楽しむためのモデルです。

SALOMONのSONICは2018年で3世代目となります。ラインナップは「SONIC RA PRO」「SONIC RA」「SONIC RA MAX」の3モデル。「SONIC RA NOCTURNE」のベースとなっている「SONIC RA」は、もっともオールラウンドなモデルとなります。

(左)防風性と保温性に優れたアッパー。
(中)トウボックスは幅広でゆったり。
(右)センターの溝がジオメトリー・デカップリング。

ポイントとなるテクノロジーはジオメトリー・デカッップリング(GD)とバイブテクノロジー。
ジオメトリー・デカッップリングはランニングに必要な足の機能を損なうことや、矯正することなく、より自然でストレスのない足の動きガイダンスするための軸が設定された特別なアウトソール。「SONIC RA」にはシームレス トランジッション GDを採用。フォアフット部への荷重バランスを左右均等に定めた軸を持っていて、ランニングに安定感をもたらします。
バイブテクノロジーはランニング時に発生する微振動を吸収する唯一のテクノロジー。「SONIC RA」はミッドソールのフォアフットとヒールに内蔵しています。

アウトソールはアスファルトでの耐久性に優れ、濡れたコンディションでもしっかりとしたグリップを発揮するウェット・トラクション・コンタグリップを採用しています。

(左)アッパーと一体化されたタン。
(中)上部に伸ばされた部分は極薄でノンストレス。
(右)足首のフィットも良く、擦れも気にならない。

それでは、「SONIC RA」と「SONIC RA NOCTURNE」の相違点を見ていきましょう。もっとも目を引くのがミッドカットのような外観です。タンをソール部分まで繋げてアッパーと一体化することで、足全体を包み込んでいます。少し厚みはありますが、足を締め付けることはないので、ゲイターが一体化したとイメージしてもらえればいいと思います。
また、リフレクターを増やして視認性を高めているのもノクターンモデルの特徴です。

足入れしてみると、足幅はゆったりとしています。アッパーとタンが一体化しているわりには、しっかりとオーバーラップしてくれるので、シューレースを締め込んでも違和感はありません。踵上部とくるぶし下のメモリーフォームによるパッドはしっかりとしたフィット感を提供してくれます。
アッパーの内張にしっかりとした素材を使用しているので、冷気をシャットダウンしてくれます。ミッドカットのように延長された部分はとてもしなやかで、走りには全く影響を与えません。ショートソックスを履いた場合、素足が触れることになりますが、擦れることもありませんでした。

走った印象は「SONIC RA」と同様です。フラット感が高く安定感があり、ミッドソールの沈み込みと反発のバランスが良く、テンポ良く走ることができます。足の動きも大きく制限されることもなく、極めてナチュラルな履き心地でした。

安定感のある走りはそのままに、冬に嬉しい機能を詰め込んだ「SONIC RA NOCTURNE」は、キリッと冷えた日に走るモチベーションを上げてくれる一足です。

SONIC RA NOCTURNE
・価格:¥16,000+税
・サイズ:WOMEN 22.0-25.0cm MEN 25.0-28.5cm
・重量:233g(WOMEN 24.0cm) 289g(MEN 27.0cm)
・スタックハイト:28mm/20mm
・ドロップ:8mm
・カラー:WOMEN 1色 MEN 1色

SALOMON SONIC RA(ソニック RA)

■SALOMON http://www.salomon.com/jp/
■SALOMON日本公式情報サイト http://timetoplay.salomon.jp/

 

>>>体感レポート一覧を見る

 

 

 

  • ブルックス
  • モントレイル トレイルランニング
  • INOV8 トレイルランニング
  • スポルティバ トレイルランニング
  • プラティパス トレイルランニング
  • 塩熱
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング