【Oakley】幻想と科学を融合させたアイウェア「13.11」を発表

 

Oakley(オークリー)の「13:11」は、あらゆるものを再考することの意味を示すアイウェアとなります。Oakley Kato™(オークリー ケイトー)のレンズを採用し、アイコニックな「Pro M Frame®」(プロ エム フレーム)を大胆に再構築して生み出された幻想と科学が融合したデザインです。

 

 

アイウェアの世界における過去のレジェンドと最先端の技術の融合であり、時代の最先端を行く製品を提供するというオークリーの伝統を継承するデザインとなります。「13.11」という奇妙な愛称は、M Frame の頭文字「M」とKato の頭文字「K」がアルファベット順で13番目と11番目にあたるという理由から付けられました。

 

 

「13.11」は大胆な印象を与え、かける方の個性を引き立てる独自のデザインが採用されています。あらゆるシーンを考慮して生み出されたこのデザインには、Oakley Kato™から着想を得たレンズシルエットと1996年に初めて発表されたPro M Frameから着想を得た一体型のヒンジレスフレームが使用されています。丈夫で柔軟性に優れたO-Matter™(オーマター)素材で作られた「13.11」の立体的な表面を補完するため、グリップ力を発揮するUnobtanium®(アンオブタニウム)製イヤーソックとノーズパッドが備えられています。明るく鮮やかな視界を実現するOakley Prizm™(プリズム)レンズテクノロジーも採用されています。アイウェアがぴったり収まるカスタム仕様のハードケースが付属するこのアイウェアは、創作過程から着想を得た新たなデザインストーリーを物語るパッケージで提供されます。

Oakleyの「13.11」は税込価格79,090円で、2024年1月19日よりオークリーストア渋谷店、オークリーストア 大阪心斎橋店、オークリー取扱店舗、およびオークリー公式オンラインストア(Oakley.com/ja-jp)で限定販売開始予定です。

 

 

▪️Oakley(オークリー)
1975年にアメリカ・南カリフォルニアで誕生したオークリー(Oakley)は、プロダクトデザインおよびスポーツパフォーマンスの分野で世界をリードするブランドです。900件以上の特許を所有するオークリーの企業文化は、発明家、理想主義者、科学者、そしてクリエイターの集まりであり、デザインとイノベーションを駆使して人々にインスピレーションを与える製品と体験を生み出すことに情熱を傾けています。この哲学により、最もアイコニックで他に類を見ないブランドのひとつとなり、最高レベルで競い合う世界中のトップアスリートがオークリーの製品に信頼を寄せています。卓越したクリアな視界と精密さ、耐衝撃性、紫外線からの保護を特徴とする、オークリーの誇るHigh Definition Optics®のテクノロジーは、ブランドのすべてのサングラス、度付アイウェア、プレミアムなゴーグルに採用されています。スポーツ用アイウェアのリーディングブランドであるオークリーは、アパレルやアクセサリーにもその領域を広げ、スポーツパフォーマンスとアクティブなライフスタイル志向の消費者に向けたメンズアイウェアの製品を展開しています。オークリーは、エシロールルックスオティカのブランドです。

▪️Oakley:https://www.oakley.com/ja-jp

モバイルバージョンを終了