TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

Raidlight Team R-Light 001

地球上どこでも走れてしまいそうな
ウルトラトレイルの相棒

DSC09101-thumb-450x275

2013年に日本上陸を果たしたフランスのトレイルランニング専門ブランド「Raidlight(レードライト)」。マニアには注目されていたブランドです。ラインナップはシューズ、バックパック、アパレル、そしてアクセサリーと、トレイルランニング用としては最大級のアイテム数を誇ります。シューズはこの「Team R-Light 001」のみです。最近のシューズは薄く、柔らかく、軽いものが主流となっていますが、「もっとがっちりとしたシューズが欲しい」と思っている方は、ぜひ「Team R-Light 001」を試してみてください。

DSC09088-thumb-350x701

アッパーとシュータンが一体となりシューレースは左右に分かれて編み上げるユニークなシステム。「プレッシャーディスパッチャシューレース」と呼ばれています。シューレースはたんのポケットに収納可能です。オーバーラップはしていませんが、伸縮性のあるタンなのでフィット感には問題ありません。ミッドソールの補強はとにかく頑丈でヒールもシャンクもびくともしません。アウトソールも登山靴並み。ゆえに、ランニングシューズのような外観のイメージとは正反対で、とにかくしっかりとしたシューズです。当然、屈曲もほとんどしないので速く走るのは得意ではありませんが、足を保護するという点ではこれ以上のシューズはないと思います。

DSC09067-thumb-300x223「Team R-Light 001」はカスタムシューズと名づけられただけあって、さまざまなカスタマイズが可能です。シダス社製インソールは「ニュートラル3D」が入っていますが、オプションで「プロネーション」「サピネーション」の購入が可能。さらに、インソールをはずすと踵部分に埋め込まれたABSHOCK PAD(アブショックパッド)が、こちらも「ミディアムGel」が標準で「ダイナミック」「アブソーブ」をオプションで用意。走りの癖や好みはもちろん、レースの特性(距離や状況)によってカスタマイズできます。さらに、ゲイターも標準的なものから「MP+」という防水透湿メンブレンでシューズ全体を覆うもの、さらには砂の侵入を防ぐデザート用まで用意されています。雪上で浮力を出せる羽や、スパイクなど……、とにかくどんなところでも走れてしまうオプションは半端じゃありません。

「Team R-Light 001」は悪路のロングティスタンスほど、その特性を生かせるシューズです。また、砂漠から雪上までありとあらゆる場所を想定して、システマチックにオプションを追加できる唯一無二のシューズといえるでしょう。日本中、いや世界中を走ってみたいトレイルランナーには最強のパートナーとなってくれることでしょう。

DSC09072-thumb-240x310

 

さまざまなオプションは、それぞれ、取り付けるための設計がしっかりとされている。写真はゲイターを取り付けるためのもの。よって、Raidlightのオプションは「Team R-Light 001」にしか装着できない。

 

 

 

 

 

DSC09510-thumb-250x211-thumb-240x202Team R-Light 001
チームアールライト
■価格/¥22,575(税込)
■重量
メンズ360g/26.0cm
レディース:330g/24.0cm
■カラー
メンズ:Green、Black
レディース:Fuchsia
■サイズ
メンズ 25.0 – 28.0cm
レディース 23.0 – 25.0cm

■Raidlight(レードライト) http://www.raidlight.jp

>>>「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • gontex トレイルランニング
  • ess トレイルランニング
  • suunto トレイルランニング
  • suunto トレイルランニング