TrailRunner

suunto トレイルランニング

【Dole】アスリートが好む“さっぱりとして甘すぎない”「低糖度バナナ」発売

株式会社ドールは、さっぱりとして甘すぎない味わいが特長の「低糖度バナナ」を、2016年2月15日(月)より全国のスーパー、百貨店で販売開始いたします。また、「低糖度バナナ」を同年2月28日(日)に開催される『東京マラソン2016』の公認バナナとして、参加ランナーに6万2000本提供します。
pic_pop

ドールでは、スポーツの分野で入賞経験のある800名のアスリートを対象に、運動する際に 重視する食べ物や飲み物の味覚について調査したところ、約5割のアスリートがスポーツの勝敗や記録の向上のために“甘い味”より“さっぱりした味”の食べ物や飲み物を求めており、「バナナ」についても、同様の傾向が見られることから、「さっぱりとして甘すぎない」味を好む方に向けて「低糖度バナナ」を販売することになりました。

「低糖度バナナ」は、低地で栽培することにより、水分が多く、でんぷん質が少なくなるため、糖度が低く抑えられているのが特長です。高地栽培のバナナと比較し、低糖度バナナは約13%程度糖度が低く抑えられています。低糖度バナナのさっぱりとして甘すぎない味わいは、マラソンなどのスポーツシーンにも最適です。調査によると、約4割のアスリートがスポーツ時に果物を食べており、「バナナ」はその中でも最も人気の果物です。さらに、“食べやすい”“後味が残らないから”などの理由から、アスリートはスポーツ前、スポーツ時は「さっぱりとして甘すぎない」バナナを選ぶ傾向にあることが分かりました。低糖度バナナは、ドールが協賛する「東京マラソン2016」公認のバナナとして、大会当日、参加ランナーを対象に6万2000本を無償提供します。
pic_01

低糖度バナナ
■規格(1袋) 希望小売価格 550g以上/198円(税込)
■規格(2本) 希望小売価格 2本入り/128円(税込)
■原産地/フィリピン
■発売日/2016年2月15日(月)
■販売チャネル/全国のスーパー、百貨店

■「低糖度バナナ」ができるまで
1.栽培方法
ドールのバナナを栽培しているのは、フィリピン諸島で2番目に大きな島、ミンダナオ島です。バナナは一日を通じて気温が平均的に低い高地で栽培すると甘味が強くなるため、「さっぱりとして甘すぎない味わいのバナナ」は一日を通じて気温が平均的に高い低地で栽培しています。また、高糖度の高地栽培バナナと比べて、栽培時間が短いことが特徴です。
2.運搬技術
低糖度バナナは、フィリピンから日本に運ばれるまでの間、鮮度維持に適切な約13.5度で温度管理され運搬されます。フィリピン出港後、5~7日で日本に到着します。
3.熟成
高速・高機能の保冷船によって日本に輸送されてきた未成熟な青いバナナは、室(むろ)という加工施設に入れ、約1週間追熟(ついじゅく)させます。そこで、温度・湿度をコントロールして、黄色くおいしいバナナにしていきます。

 

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • merrell トレイルランニング
  • ESS トレイルランニング
  • ultimate direction トレイルランニング
  • thuasne_sport トレイルランニング
  • toad トレイルランニング
  • thefirsttrail トレイルランニング
  • okumusashiトレイルランニング