TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

GORE-TEX フットウェアの秘密を公開、そして長く愛用するための秘訣とは?

GORE-TEXフットウェア=雨でも足を濡らさず汗の水蒸気を逃がし、足をドライで快適に保つ

黒いGORE-TEXプロダクトのロゴがついたGORE-TEXフットウェアは「防水透湿性」を備えており雨の水を通さず汗の水蒸気は外へ逃がします。

足を包み込むように内蔵されているGORE-TEXファブリクス。
水は通さず、水蒸気は逃すGORE-TEXメンブレン。

GORE-TEXフットウェアが靴の中をドライな状態に保てる秘密は、その素材と構造にあります。GORE-TEXフットウェアには、水を通さず、汗の水蒸気を逃がす機能を持つ素材GORE-TEXファブリクスが、足を包みこむように靴の中に搭載されています。そのため、激しく雨が降る日でも靴の内部に水を浸入させず、汗の水蒸気が靴の中に残りにくいため、足はいつでもドライで快適です。

靴の内部に搭載されているGORE-TEXファブリクスは、その内部にGORETEXメンブレンという薄い膜を備えています。GORE-TEXメンブレンには微細な孔(あな)が無数に備わっており、孔のサイズが水滴の2万分の1、水蒸気の分子の700倍の大きさのため、激しく雨が降る日のランニングでも足を濡らすことがなく、また、汗の水蒸気が靴の中に残りにくいため、激しく汗をかいても靴の中はいつでもドライで快適です。

足をいつでもドライで快適な状態に保つGORE-TEXフットウェア

製品の機能性を保証するための品質基準テスト
ゴア社は素材メーカーでありながら、パートナーブランドに生地を提供するだけでなく、最終製品としての防水透湿機能を保証します。防水透湿性を確かなものにするため、すべてのGORE-TEXフットウェアは、徹底した品質基準に基づいて製造されています。GORE-TEXファブリクス以外の細かな パーツについても基準が設けられており、さらに実際の着用を想定したいくつものテストが義務付けられています。このように多種多様な関門をクリアしたものだけがGORE-TEX フットウェアとして製品化されるのです。

品質基準テストの一例

ウェットフレックステスト
足を模したマシンに靴を履かせ、水に浸した状態で屈曲を繰り返す。歩行動作による水の浸入がないかを確認します。
セントリフューガルテスト
靴の中に水を入れ、高速回転させます。遠心力で水圧をかけることにより、水漏れの有無を確認します。
透湿性テスト
靴内部に体温程度に温めたお湯を入れ、履き口を密閉。水蒸気が靴の外に放出されていることを確認します。

GORE-TEXフットウェアを長く愛用するための秘訣
GORE-TEXファブリクスは、高い耐久性を持つため、一般的な使用であればその防水性や透湿性は長く維持することができます。ただし、ソールやアッパーなど、靴そのものの劣化やコンディション次第ではその性能が最大限に発揮されない場合があります。GORE-TEXフットウェアをいつまでも快適に履くためには、メンテナンスが大切です。日頃からきれいに保つことで、製品の寿命も伸ばすことができます。

GORE-TEXフットウェア アッパーのお手入れ
基本的にアッパーのメンテナンスは一般の靴と同じお手入れで大丈夫です。メーカーの推奨するお手入れ方法に従ってください。
(例)
・レザーの靴:ブラシで汚れをおとし、必要に応じてクリームなどを使用
・布製の靴:スポンジを使ってぬるま湯で洗い、自然乾燥
内部を洗う際はGORE-TEX ファブリクスを傷つける恐れのあるタワシなどの使用は避け、スポンジを使ってぬるま湯でやさしく洗ってください。

靴に入り込んだ小石や砂利にも注意
GORE-TEXフットウェアに内蔵されているGORE-TEXファブリクスに穴が開いてしまっては、防水耐久性が損なわれます。靴に入った小石や砂利など、鋭利なものは内側からGORE-TEX ファブリクスを傷つける可能性があるため、靴を脱いだ後は中敷を取り外してしっかりと振り落としてください。

GORE-TEX フットウェアの保管方法
高温多湿な場所を避けることが保管時のポイントです。湿気がこもりやすいため購入時の箱に入れたままの保管は避けましょう。風通しの良い 靴棚など、なるべく湿気の少ない場所での保管がおすすめです。

注目ブランドの2020SS GORE-TEX フットウェア    
HOKA ONE ONE
SPEEDGOAT GTX
¥22,000+税
雨の山道でも雪の積もった道路でも足をドライにキプ。柔軟性のある前足部のアッパと3Dプリントのオレイが中足部をしっかりとサポトします。

Salomon
SPEEDCROSS 5 GTX
¥19,800+税
ホトム部分が縫い付けられていないフロティングタンを採用することで快適な履き心地を実現しシュズ全体の外観とフィリングに体感を与えています。

■GORE-TEX参考URL
https://www.gore-tex.jp/

 

  • モントレイル トレイルランニング
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • レイドライト トレイルランニング
  • ess トレイルランニング