TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

BOA®フィットシステムがアスリートのパフォーマンスを最大9%向上させる

FOOTWEAR SCIENCE JOURNALにて発表
BOA® Technology社(本社:米国コロラド州デンバー)は、BOAフィットシステムで開発されたフットウェアの運動能力向上を検証する論文が、フットウェアサイエンス誌のピアレビュー(査読)を経て刊行されたことを発表しました。

BOAでは、フィット・ソリューションの生体力学的影響を測定するためにデンバー大学とのパートナーシップを2018年に始動。この最新の研究発表は、BOAが多くのパフォーマンス上の利点を科学的に証明しようとする複数年にわたる取り組みの最初のものとなります。

■刊行された論文へのリンク
https://www.tandfonline.com/eprint/XBHHMVCX2BUUUCFZCKBA/full?target=10.1080/19424280.2020.1853824
※論文の全文は先着50名のみ無料閲覧可能ですが、それ以降は有料となります。
論文の要約(無料)は、BOAFit.com 内の以下のページでご覧ください。
https://www.boafit.com/en-us/innovation/why-fit-matters/agility-and-speed-white-paper

この調査によると、BOAフィットシステムを搭載したシューズを履いているアスリートは、従来の靴ひもと比較して、敏捷性とスピードが3~9%向上しています。
「過去10年間のほとんどのフットウェアの研究は、ミッドソールとアウトソールの特性に焦点を当てており、靴のアッパーのフィット感がパフォーマンスにどのように影響するかを理解することを目的とした研究はほとんどありません」
と、BOAの生体力学研究およびパフォーマンス・フィット・ラボのマネージャーであるダニエル・フィーニーは述べています。この研究はまた、BOAフィットシステムがミッドソールへの連結性を改善し、動きを実行するために必要なエネルギーの削減を可能にすることを明らかにしました。これは幅広いスポーツにおいてポジティブな結果となります。

「概して、用具の変更がアスリートのパフォーマンスに影響を与えることはほとんどありませんが、従来のひも靴とBOAフィットシステムの構成を変えた靴を研究したところ、それによる改善が見られ、エビデンスが明確でした」
と、デンバー大学の機械工学の准教授であるブランドレイ・ダヴィッドソン博士は述べています。
「研究に参加したハイレベルのアスリートの敏捷性、スピード、効率の向上は、3~9%と魅力的でした。対象を絞った数週間のトレーニングプログラムですが、靴を交換するだけでこれを確認できました」

この研究は、NCAAのディビジョン1や各種クラブスポーツのアスリートを含む31名を対象に、デンバー大学のヒューマンダイナミクス研究所で実施されました。調査内で最もパフォーマンスの高い構成は、BOAフィットシステムのトライパネル(三面)構成であり、5つの主要な動きにわたって強度、速度、および電力伝達が改善されました。アディダスAdizero Ubersonic 3.0シューズをベースに、4つの異なるアッパー構成(うち3つはBOAチームによって設計)で複数回の動きを繰り返しました。

「BOAのミッションは、アスリートのフィット感とパフォーマンスを変革し、アスリートが最高のパフォーマンスを発揮できるように刺激を与え、それを可能にすることです」
と、BOA Technology社のCEOであるショーン・ネビルは述べています。
「私たちのミッションの基盤は、デンバー大学を含む主要なパートナーとともに、弊社最先端のパフォーマンス・フィット・ラボのチーム主導の、科学的に証明された根拠あるシステムのメリットを提供することに根ざしています。これは一連の厳密な調査において外部で検証された初の成果であり、世界クラスのブランドパートナーと協力して、将来のイノベーションに情報を提供し挑戦を与えるものです。この調査の結果に非常に満足しており、BOAの生体力学チームとデンバー大学の機械工学科の優れた業績に感謝しています」

(左)Saucony Switchback2 (中)La Sportiva VK (日本未発売) (右)La Sportiva CYKLON (2021年3月発売予定)

現在、サッカニーSwitchback2とラ・スポルティバVKトレイルランニングシューズは、高性能のBOAトライパネル構成を統合しており、同様の構造を持つラ・スポルティバの新作Cyklonがこの春にリリースされる予定です。トップランニングブランドによる将来的な開発も、これらの調査結果を今後の製品に活用する方向で計画されています。

BOAには、現在ピアレビュー下にある「敏捷性とスピード」に関する追加調査があり、2021年後半に公開される予定です。また、レースやロードランニング、トレイルランニングでのアスリートの効率の向上を中心とした「持久力とヘルス」、およびゴルフなどに適用される「パワーと精度」のカテゴリでパフォーマンス上の利点を評価するための検証研究も行っています。これらの研究は現在も進行中であり、2021年から2022年にかけて公開される予定です。

BOA® Technology社について
革新的で受賞歴のある特許取得済みのBOA®フィットシステムを開発したBOA Technology Inc.は、市場をリードするブランドと提携して、最高のギアをさらに向上させます。パフォーマンスを目的としたフィットソリューションを提供するBOAフィットシステムは、スノースポーツ、サイクリング、ハイキング/トレッキング、ゴルフ、ランニング、コートスポーツ、ワークウェア、メディカルブレース、義肢装具などの製品に採用されています。このシステムは、微調節可能なダイヤル、超強力で軽量なレース、低摩擦レースガイドの3つの不可欠な部品で構成されています。それぞれ独自の構成は、すばやく、楽で、正確にフィットするように設計されており、BOA保証制度によってバックアップされています。BOA Technology Inc.はコロラド州デンバーに本社を置き、オーストリア、香港、中国、韓国、および日本にオフィスを構えています。

■BOA® Technology BOAFIT.com

  • モントレイル トレイルランニング
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • gontex トレイルランニング
  • ess トレイルランニング
  • suunto トレイルランニング