TrailRunner

salomon トレイルランニング

東京・武蔵五日市で新イベント「裏山ファイブFKTチャレンジ」がスタート

里山1周コースを各自で走って楽しむ 新しいスタイルのトレランイベント

東京都あきる野市・JR武蔵五日市駅前の東京裏山ベースは、2022年5月14日より、駅前から五日市の街を見下ろせる5つの低山をつないでぐるりと一周する20km(獲得標高1300m)のトレイル+舗装路の混合コース「裏山ファイブ」のマップを新たにリリースし、参加者が徒歩やランニングで各自でコースを巡りその記録をシェアして楽しめる新しいスタイルのトレイルイベント「裏山ファイブ FKT チャレンジ」を開始しました。

「裏山ファイブ」は、秋川渓谷の玄関口であるJR武蔵五日市駅を取り囲むように位置する5つの低山(天竺山:301m、網代城山:330m、今熊山:505m、戸倉城山:434m、金毘羅山(金毘羅神社):468m)のピークを順に踏みながら、里山の風景や都心まで見通せる眺望、なだらかな下り、岩場の急登など変化に富んだトレイルエクスペリエンスが楽しめるよう、東京裏山ベースが2017年に設定したコース。ぐるりと1周すると距離は約20km、獲得標高は約1300mとなる。人が少ない山道を安心して走りたいトレイルランナーや、里山と低山の風景をじっくり楽しみたいハイカーにもぴったりのコース。1日で一周してもよし、数日に分けて巡ってもよし(一つ山を下るたびにエスケープも可能)。途中自販機やトイレなどもあり、全コースにわたって携帯電話の電波が入り、初心者から中上級者まで自分のスタイルで楽しめます。

東京裏山ベースでは裏山ファイブの公式マップを販売(550円)。マップを見ながらコースを巡るだけでも楽しめるますが、さらにこの度、同じコースを各自がタイムをとりながら走ってタイムと楽しさを共有する期間限定のイベント「裏山ファイブFKTチャレンジ」も開始しました。
FKTとは、Fastest Known Timeの略で、決まったコースを各自で走りそのタイムをインターネット上で共有することで楽しむ、ランニングの世界では近年人気の楽しみ方。

「裏山ファイブFKTチャレンジ」では、参加者はホームページから申し込みを行い、期間中に各自で東京裏山ベースからスタート。参加費は2,500円。決められたコースのチェックポイント(5つの山頂)で写真を撮りながらコースを一周し、専用のフォームから達成報告をすることでホームページ上にタイムと暫定順位が表示される仕組み。期間終了後に期間中の公式記録とリザルトが確定し、各賞が発表されます。専用アプリ等は不要で、期間中であれば何度でも挑戦できます。

同じコースを多くの参加者が繰り返し辿ってタイムを共有することで、全体の中での自分のポジションや成長を知ることができ、またコースの魅力を知るたくさんの仲間の存在がモチベーションを押し上げてくれます。

一つ山を越えるたびに東京とは思えない里山の風景や都心まで見通せる眺望などが現れ、変化に富んだコースは四季折々の風情に溢れ、何度訪れても飽きることがなく楽しめます。

裏山ファイブでは公道と公共のトレイル(山道)を通行するため、公式ウェブサイト( https://urayama-five.com/ )で「東京都自然公園利用ルール」をもとにしたマナー啓発も積極的に行っています。また、東京裏山ベースでは日本トレイルランナーズ協会・日本トレイルランニング協会作成の「トレイルランニング安全・マナーガイド」の配布も行います。

「裏山ファイブFKTチャレンジ」は、季節ごとに期間を区切っての開催。今回スタートしたのは「2022 SUMMERラウンド」で、2022年8月31日までの開催。参加者の1周タイムは公式記録としてホームページ上に記録・公開され、完走者には特製のFINISHERステッカーが贈られます。また、期間チャンピオンの名前とタイムは、東京裏山ベース店頭に展示される優勝カップにも記載されます。

また、タイムに関わらず裏山ベースのサービスチケットやオリジナルグッズ等の景品が当たる抽選も行われ、当選者はホームページ上で発表されます。

■裏山ファイブ|武蔵五日市・秋川渓谷ローカルトレイル5峰巡り
https://urayama-five.com/

■東京裏山ベース(東京裏山ワンダーランド)
https://ura-yama.com/

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • ledlenser トレイルランニング
  • essr トレイルランニング