TrailRunner

salomon トレイルランニング

「Backyard Ultra Last SAMURAI Standing」北海道初開催

Backyard Ultraはアメリカ・テネシー州のギャリー(通称:ラザラス・レイク)によって発明されました。参加者は1時間ごとに6706mのコースを走り、1時間以内にループを走り切ることが出来なければ失格とし、最後の一人が残るまで続けるというシンプルなルール。

2011年に第一回大会が開催され、そのときの記録が18時間(129.6km)。2019年を機に小規模かつ簡易的に開催できることからアメリカ以外の国々でも盛り上がりを見せています。2020年はコロナの影響でアメリカの本戦(Big’s Backyard Ultra)に出走予定だった海外選手がアメリカへの入国が厳しくなり、オンラインシステムを使って26カ国を交えた世界大会が開催されました。

2021年9月12日現在の世界記録がイギリスのジョン・ストッカーによるもので、81時間(542.7km)なので3日間と9時間走り続けたことになります。Backyard Ultraの盛り上がりも止まることを知らず、50ヶ国以上で187のバックヤードウルトラが存在します。

 

 

初開催となる北海道大会の会場は札幌市北東部に位置するモエレ沼公園。世界的な彫刻家イサム・ノグチが手がけた公園であり、公園全体が彫刻作品。なかでも札幌市東区最高峰のモエレ山(標高62.4m)は札幌市東区のランドマーク。そんな自然や芸術を望みながらモエレ沼と雁来新川沿いを走るフルフラットの周回コースです。
大会開催時の平均気温は、最高気温8度、最低気温1度、場合によっては降雪もありえます。
バックヤードを走り続けるためにも防寒対策をしっかりとして望んでください。

 

Backyard Ultra Last SAMURAI Standing 北海道
・開催場所:北海道札幌市小鍛冶組野球場(札幌市東区中沼町13番地)
・開催日:2022年11月19日(土)13:00〜最後の一人が残るまで
・募集定員:30名
・参加資格
1. 一昼夜以上走り続けるという特殊性を十分認識し、必要な訓練を行なっていること。
2. この種のレースで起こりうる問題に対して、自ら対処できる能力を有していること。
3. 最後まで自分が走り続ける自信がある人
・優勝特典:2024年バックヤードウルトラサテライト大会(日本代表選手として)へ招待
・制限時間:最後の1人が残るまで
・募集期間:2022年9月16日(金)00:00 〜 9月30日(金)23:59
・結果発表(選考による):2022年10月7日までに各大会で選考した選手に返信
・エントリー費:22,000円(税込)

・エントリー、詳細は公式サイトをご覧ください。
Backyard Ultra Last Samurai Standing 2022 北海道
https://backyardultra.jp/races/2022hokkaido/

 

■Backyard Ultra Last SAMURAI Standingについて
ラザラス・レイクから日本でも開催してみないか? の一言から始まる。
ルールは全てBackyard Ultraに則って開催され、2020年に第一回大会と第二回大会が高尾で開催される。
今後、日本全国47都道府県で同日同時刻開催することを目指し、2021年からは東京、群馬、福島、京都、島根で開催される予定。
各県の優勝者はサテライト大会(日本代表選手として)へ招待され、そこで優勝したものがアメリカの世界大会「Big’s Backyard Ultra」へのゴールデンチケットを手にすることができます。

■Backyard Ultraのルール
6706mのコースを1時間以内に走ります。
次の1時間までの残り時間が休憩時間です。
各ループは厳密に1時間毎にスタートします。
スタートする3分、2分、1分前にホイッスル音でスタート警告をします。
全ての出走者は定められたスタートエリアからスタートの合図と同時にスタートしなければいけません。
これを最後の1人が残るまで継続します。
最後にコースを1時間以内に走り切ったものが勝者となります。
ループ中にサポートを受けることは出来ません。
選手はループを終えて、次のスタートまでの間はサポートクルーによるサポートを受けることが可能です。

 

■Backyard Ultra Last SAMURAI Standing(日本)
https://backyardultra.jp/

■Backyard Ultra
https://backyardultra.com/

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • ledlenser トレイルランニング
  • essr トレイルランニング
  • essr トレイルランニング
  • essr トレイルランニング