TrailRunner

suunto トレイルランニング

【BROOKS】“より速く、より遠くへ”を目指すトレイルランナーへ向けた 「Catamount 2」 を発売

米国No.1ランニングシューズブランドBROOKS(ブルックス)は、次世代開発チーム「ブルーライン」が手掛ける超軽量トレイルランニングモデル「Catamount 2(カタマウント2)」をブルックス公式サイトと全国のスポーツ用品店にて2023年3月6日(月)より発売します。

 

 

今回発売する「Catamount 2」は、“より速く、より遠くへ。”を目指すトレイルランナーのために、ヤマネコの一種<ピューマ>にインスパイアを受け開発したトレイルランニングモデルで、今作が二作目となります。前作同様、ミッドソールには軽量かつ応答性の高い”DNA FLASH”を採用。上り坂を効率よく走れるよう新しく開発された“SkyVault(スカイボールト)”プレートを搭載することで、推進力を生み出しスピードアップを後押しします。新たな高みに挑戦したいトレイルランナーにおすすめの1足です。

さらに、1足あたり500㎖のペットボトル 8本分に相当するリサイクル素材を使用し、インソールの表生地の染色には、ドープダイを採用。製造工程において、水の使用量、二酸化炭素排出量を削減した環境問題にも配慮した1足となっています。

■ Catamount 2(カタマウント2)の特性

1.軽量で応答性の高いクッショニング「DNA FLASH」
窒素を注入し、臨界発泡をさせたDNA FLASHミッドソールを採用。一般ソールに比べて32%軽量化・18%ソフト化・反発性は22%アップし、軽量性・クッション性・反発性の3つを、バランス良く兼ね備えています。

2.上り坂の推進力
上り坂での走行をサポートするために設計した新開発の SkyVault(スカイボールト)プレートを搭載。推進力を生み出し、スピードアップを後押しします。

3. 粘着性のある独自のTrailTackラバー
フルレングスのTrailTackラバーが濡れた地形と乾いた地形の両方で優れたトラクションを発揮。また、3.5mmのアウトソールラグは、前足部と後足部でパターンを変更し、さまざまなトレイルサーフェス上を自信を持って走り続けることを可能にしました。

4. 長時間でも快適に保ち続けるアッパー構造
中足部の補強とハーフブーティータン構造によって、足をしっかり固定し、TPUのトウキャップと泥除け補強によって、岩や木の破片から足を守ります。また、排水スリットにより、水を素早く排出するため、速乾性に優れ、長時間の着用も快適に保ちます。

5.環境への配慮
1足あたりペットボトル(500㎖ ) 8本分相当のリサイクル素材を使用。インソールの表生地の染色にはドープダイを採用。製造工程において、水の使用量、二酸化炭素排出量を削減
※サステナブルマテリアルによるCO2換算量 削減量:222g

■製品概要

 


BROOKSの記事一覧はこちら↓

 

■BROOKS   http://www.brooksrunning.co.jp/
  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • merrell トレイルランニング
  • ESS トレイルランニング
  • ultimate direction トレイルランニング
  • toad トレイルランニング
  • okumusashiトレイルランニング
  • NOZAWA4100Dトレイルランニング
  • rigトレイルランニング
  • hakubaclassicトレイルランニング