TrailRunner

salomon トレイルランニング

「FORESTRAIL HIRUZEN-SHINJO 2023 supported by GREENable」エントリー受付中!

緑豊かなブナ林を駆け抜けるトレイルランレース「FORESTRAIL HIRUZEN-SHINJO 2023 supported by GREENable」(以下、「FORESTRAIL」)が2023年10月22日に開催されます。

岡山県新庄村・真庭市蒜山の山岳エリアを舞台に西日本最長クラスのトレイルランレースとして4回開催してきた「FORESTRAIL」は、トレイルランニングに変革を起こす大会に生まれ変わりました! 大山・蒜山三座の雄大な自然と国立公園を舞台に「参加する人が増えるほど、地元の自然が豊かになっていく」という未来を創ります。

 

大パノラマの三平山登山道と植生豊な新庄村・真庭市蒜山の山岳エリアを駆け抜けよう!
スタート会場のグリーナブル蒜山ではモニュメントの「風の葉」をバックに選手はスタートします。今回は、あさなべ・みひらやま縦走コース(67km)、ひるぜん高原コース(38km)、グリーナブルショートコース(16km)の3コースを設定。上級者から初心者まで参加しやすいコースです。

 

グリーナブル蒜山のモニュメント「風の葉」

 

コースの見どころは、360度遮ることのない大パノラマが広がる三平山登山道と植生豊な新庄村・真庭市蒜山の山岳エリア。三平山登山道はあさなべ・みひらやま縦走コースでは、16km地点に位置し山頂ではウォーターエイドも設置しています。天気が良ければ、北部は大山や日本海、南部は瀬戸内海と四国の山々を拝むことができるでしょう。

 

植生豊な新庄村・真庭市蒜山の山岳エリアは、杉、ひのきやブナなど多くの樹木が共存しているのが走っていても体感できるでしょう。こうした豊かな植生を支えているのが林業の方をはじめとした地元の方の協力によって保たれています。

 

「FORESTRAIL」では「参加する人が増えるほど、地元の自然が豊かになっていく」未来のために、グリーナブルアクトを設けてトレイルランナーに自然環境保全の意識と知識を備えてもらえるように尽力します!

 

【ゲスト情報】石川弘樹選手、丹羽薫選手

■石川 弘樹 選手
2001年より日本初のプロ・トレイルランナーとして活動を開始。国内外のレースに参戦する傍ら、国内でのトレイルランニングの普及に力を注ぎ、日本全国でイベントやレースをプロデュース。また、「自然人間とスポーツの適した共存」を目指した活動も開始。日本トレイルランナーズ協会副会長。

■丹羽 薫 選手
愛犬を連れて里山を散歩がてら走ることから始まり、より遠くへ、より速く自分の脚で、自然の中を旅をすることに魅せられ、気がつけばウルトラトレイルランナーに。海外レースにチャレンジすることによって、世界中の色々な山域を自分の脚で旅するのも楽しみの一つ。2015年2017年日本トレイルランナーズオブザイヤー受賞。

 

参加者自らがコース整備を行うグリーナブルアクト
「FORESTRAIL HIRUZEN-SHINJO 2023 supported by GREENable」では、通常の参加枠ともう一つ「グリーナブルアクト」枠を設けています。グリーナブルアクトでは、大会のコース試走とコース整備を行います。グリーナブルアクトにご参加して、ご自身で整備したコースを当日大会に走ってみてはいかがでしょうか。

6月24日-25日に行われたコース整備の様子

 

大会のコースを試走するトレーニングキャンプ開催
大会のコースを試走するトレーニングキャンプを開催いたします。あさなべ・みひらやま縦走コース(67km)を分割して、大会までに3回開催します。大会同様にエイドも設営されます。こちらも【グリーナブルアクト枠】でエントリーすれば、トレーニングキャンプが1回分無料で参加が可能です。

 

2022年大会が INNOVATION LEAGUE CONTEST でパイオニア賞・日本スポーツツーリズム推進機構「スポーツ振興賞・スポーツ庁長官賞」の2冠を達成
当大会の「走る人が増えるほど,協賛企業が増えるほど,自然環境保全が進むトレイルラン大会」という取り組みが,スポーツ庁/SPORTS TECH TOKYOが実施しているINNOVATION LEAGUE CONTESTにおいて、4つの賞のうち、パイオニア賞を受賞しました。INNOVATION LEAGUE CONTESTは,スポーツをイノベーション創出のドライバーとし,産業拡張と経済成長、社会変革を起こそうとする取り組みをたたえるアワードです.
パイオニア賞は、スポーツやスポーツを取り巻く環境が大きく変化する中で、常識にとらわれず既存の枠組み・仕組みのアップデートに挑む取り組みを表彰するものです。
FORESTRAILは、「三方よし」の仕組み.またここまでやりきったガッツある取り組み.そうしたガッツが世の中を変えていく。日本の中山間地域で新しいスポーツビジネスモデルを作り出した点も、まさにパイオニアらしい」と高く評価いただきました。
また、日本スポーツツーリズム推進機構「スポーツ振興賞・スポーツ庁長官賞」も受賞しました。こちらは、参加ランナー(「グリーナブルアクト枠」の参加者)と協賛企業(「グリーナブル協賛」)の社員とそのご家族、お客様等に森林保全活動等のアクティビティに参加してもらう機会を提供することで、交流人口の増加だけでなく、森林の積極的な利用と持続可能な保全の両立という課題解決を進めるための関係人口の増加に成功した点と、大会運営に関わる必要物品の仕入れやリースは地元事業者にこだわり、参加賞や完走賞、上位者賞等はすべて地元のサステナブル商品とし、大会パンフレットや参加者宛の連絡も完全にペーパーレスを実現するなど、大会そのものも自然環境保全と地域経済の活性化を体現した事が高く評価されました。

 

イノベーションリーグ授賞式の様子。左から室伏広治スポーツ庁長官、黒田眞路副実行委員長、高岡敦史(大会事務局:SPORTS DRIVE LLC.)小栗雄太(GREENableブランドを展開する阪急阪神百貨店)

 

■大会概要

FORESTRAIL HIRUZEN-SHINJO 2023 supported by GREENable
・開催日時:2023年10月21日(土)前日受付 10月22日(日)
・開催場所:グリーナブル蒜山
(〒717-0602 岡山県真庭市蒜山上福田1205-220)
・種目・定員
あさなべ・みひらやま縦走コース(67km)(累積標高 約3,600m)
ひるぜん高原コース(38km)(累積標高 約1,300m)
グリーナブルショートコース(16km)(累積標高 約400m)
・募集定員/参加費
◎あさなべ・みひらやま縦走コース(67km)
一般枠:150名
グリーナブルアクト枠:50名
◎ひるぜん高原コース(38km)
一般枠:250名
グリーナブルアクト枠:50名
◎グリーナブルショートコース(16km)
一般枠:180名
グリーナブルアクト枠:20名
・募集期間:2023年4月24日(月)~2022年9月17日(日)
・ITRAポイント
あさなべ・みひらやま縦走コース(67km) 3ポイント
ひるぜん高原コース(38km) 1ポイント

▼エントリーはこちらから
https://runnet.jp/entry/runtes/user/pc/competitionDetailAction.do?raceId=326653&div=1
▼詳細は大会公式サイトから
https://forestrail.com/

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • merrell トレイルランニング
  • ESS トレイルランニング
  • ultimate direction トレイルランニング
  • NOZAWA4100Dトレイルランニング
  • rigトレイルランニング
  • hakubaclassicトレイルランニング