TrailRunner

suunto トレイルランニング

こんなのあった! Drymaxのミリタリーライン 「Active Duty Sock – Tactical」

実はこんなのありました。従来のソックスに比べて17〜25倍もドライを保持することで知られるDrymax(ドライマックス)の、アメリカ軍にも納品しているミリタリーライン「Active Duty Sock – Tactical」。

 

 

ランニングモデルと同様のドライ機能はそのままに、シンプルな無地のミリタリーカラーとなっています。2構造による湿気発散システムを採用し、Drymax製品の中でも最高クラスの速乾性能を持っています。

 

Drymaxはアメリカ・カリフォルニアのベンチャーが、最先端テクノロジーを駆使し開発した「湿気を発散し、足を常にドライにキープ」する画期的なソックスです。主にウルトラマラソンなどの長距離ランナーを対象としたスポーツソックスとして開発され、「MADE IN USA」にこだわり生産される高品質な同製品は、世界中のアスリートから絶大な支持を得てきました。昨今では米軍兵士の間でも愛用者が多く存在しており、より過酷な環境下での有用性も認められています。

 

 

 

■足をドライに保つ仕組み

 

ドライマックスソックスは2つのレイヤーからできています。内側の肌に触れるレイヤーには、超疎水繊維で水を含まないドライマックス繊維を、外側のレイヤーには水を吸い上げる吸湿繊維を採用しています。そして、歩いたり走ったりすることによって内側の湿気が押し出されるように外側の吸湿繊維へ移動、肌に付着した汗を吸収し発散させます。内側のドライマックス繊維には一切水が付着しないので、足を常にドライにキープします。また、ドライマックス繊維には、抗菌作用がある銀が練り込められた抗菌添加剤MicroZap®が採用しています。表面処理ではなく、繊維に練り込められているので、効果はソックスの寿命が尽きるまで永久的に持続します。

 

■他の繊維との比較

速乾性
独自のラボテストによると、ドライマックスソックスは、従来のポリエステルやアクリル、ウール製のソックスに比べ、17~25倍もドライ(湿気を発散)だ証明されています。

 

耐久性
ソックスによく採用される繊維の中で、ドライマックス繊維は(ナイロンにつづき)2番目に耐久性が高い繊維です。さらに消耗が激しいつま先とかかと部分には、補強的に特殊な耐摩耗性ナイロン繊維を採用、長持ちするように設計されています。

 

軽量性
ドライマックス繊維はソックスによく使用される繊維の中で最も軽量です。繊維の比重が非常に低く、それは水に浮く程です。既存の繊維に代わりドライマックス繊維を使用することで軽量化することができます。長時間の行動時にもエネルギー消費を抑え、パフォーマンスの向上に役立ちます。

 

保温性
繊維の熱伝導率が低いため、一般的なソックスに比べて肌の熱が奪われにくく、冬場でも足を暖かく保ちます。

 

Drymax Active Duty Sock – Tactical
・価格:2,420円(税込)
・サイズ:M(24.5 – 26.5cm)、 L(27.0 – 28.5cm)
・カラー:BLACK、COYOTE BROWN、FOLIAGE GREEN、ANTRACITE

■B印MARKET 牧野英明@B印MARKET
https://www.beams.co.jp/special/bjirushi_market/kojin-shoten-post/7827/

■KINRYU Online Store:https://shop.kinryu.jp/

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • merrell トレイルランニング
  • ESS トレイルランニング
  • ultimate direction トレイルランニング
  • thuasne_sport トレイルランニング
  • toad トレイルランニング
  • thefirsttrail トレイルランニング
  • okumusashiトレイルランニング