TrailRunner

suunto トレイルランニング

【EPSON】精緻な脈拍センサー、高精度GPS機能搭載「SF-810B」「SF-810V」

腕での脈拍計測により心拍トレーニングが身近になる
GPS Sports Monitor「WristableGPS」フラグシップモデル

エプソンは、GPS Sports Monitor「WristableGPS」の新商品「SF-810B」「SF-810V」を2014年10月17日より発売します。「WristableGPS」は、GPS機能によりランニング時の走行距離やペースなどを正確に計測し、記録、保存、検証することを可能にするGPS機能付きランニングウォッチです。

SF-810B(右)、SF-810V(左)
SF-810B(左)、SF-810V(右)

新商品「SF-810B」、「SF-810V」は、高精度GPS機能搭載に加えて、エプソン独自技術の高精度脈拍センサーを新たに搭載しました。胸ベルト(ハートレートモニター)を装着することなく、GPS測位と同時に脈拍計測が可能となり、手軽に心拍トレーニングを行うことができます。毎秒ごとに脈拍計測とGPS信号測位をしながら連続で20時間の動作を実現しました。さらなるレベルアップのために、効率的・効果的なトレーニングを必要とするランナーをはじめとしたアスリートの要望に応えます。

sensor新規搭載の「脈拍センサー」は、手首の血管にLED光を照射し、血中のヘモグロビンが光を吸収する性質を利用して、血流の変化で脈拍数を毎秒計測します。「ウォーミングアップ」から、「脂肪燃焼」、「有酸素」、「無酸素」、「最大強度」と脈拍数を5段階のゾーンで表示することで、目的にあった運動強度を具体的な数値で管理することができます。

また、現行モデル「SFシリーズ」と同様に、エプソン独自の高性能GPSチップを搭載するとともに、ランナーに必要なさまざまな機能を搭載しています。GPSの電波の乱れや誤差が生じやすいビル街や、電波の届きにくい山間部においても、高精度に距離や標高の計測データが得られるほか、国産準天頂衛星「みちびき」に対応していますので、電波が建物などに遮られにくく安定した測位が可能です。さらに、GPS信号の高速サーチやスキップ機能により走りはじめるまでの準備時間を大幅に短縮できるほか、ストライドセンサー内蔵により、トンネル内やスポーツジムなどの室内でも高い精度で走行距離やラップを刻むことができます。「累積上昇高度」、「累積下降高度」、「勾配」等、細かい項目も計測できることから、山野を走るトレイルランニングなどにも適しています。ランニング時の軌跡や速度、脈拍数、ラップ、消費カロリーなどの計測データは、Webアプリ「NeoRun」にアップロードしてPCやスマートフォンで管理・分析することで、より緻密にトレーニング等を振り返ることができます。

SF-810B ■カラー/ブラック
SF-810V ■カラー/ブラック/バイオレット
■価格/オープン
■厚さ/14.2mm、
■重量/52g
■防水/5気圧
・脈拍センサー搭載・ストライドセンサー
・タップ操作、
・バイブレーションなど
■発売日/2014年10月17日

※記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合があります。

■EPSON http://www.epson.jp

 

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • merrell トレイルランニング
  • ESS トレイルランニング
  • ultimate direction トレイルランニング
  • toad トレイルランニング
  • okumusashiトレイルランニング
  • NOZAWA4100Dトレイルランニング
  • rigトレイルランニング
  • hakubaclassicトレイルランニング