TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

【体感レポート】RAIDLIGHT「RESPONSIV DYNAMIC(レスポンシブ ダイナミック)」

コンサバティブなアッパーとハイグリップソールで
あらゆるコンディションで確実な走りを提供

2019年にトレイルランニングシューズの全面的な刷新を行ったRAIDLIGHT(レイドライト)。靴の街と言われるイタリア、モンテベルーナの研究開発センターで生まれました。今回ご紹介するのは軽量・ハイグリップタイプの「RESPONSIV DYNAMIC SHOES(レスポンシブ ダイナミック)」です。


アッパーは卓越した通気性と速乾性、そして快適なフィット感を提供するハイパーブレサブルメッシュを採用した2レイヤー。トウキャップからサイド、ヒールまでしっかりとした補強を施しています。ラストはレギュラーフィットなので、幅広ではないですがその分しっかりと下ホールド感を発揮します。タンはインサイドが高くなっている独特の形状でエルゴタンと呼ばれています。先端はポケットになっていて、シューレースを収納することができます。

(左)通気性の良いメッシュのアッパーと広い範囲でカバーするトウキャップ。
(右)インサイドがせり上がったエルゴタン。スネに綺麗にフィットする。

ソールシステムは同ブランドのフラッグシップモデルの「REVOLUTIV(レボルティブ)」と同様です。インソールはオリジナルの振動吸収テクノロジー、センサー3を採用。足をサポートしながらエネルギーリターンの増加と快適性の向上を両立します。これに呼応するようにミッドソールにも荷重が集中しやすい3つのゾーンに異なる密度のクッションを配置し効果的に衝撃を吸収します。

(左)アッパーのヒール部は重点的に補強されている。ヒールカップは小さめだ。
(右)6mmと高さもあり、形状もアグレッシブなラグ。

アウトソールのラグは6mm。間隔は広め、シューズのエッジ部分のラグはミッドソールから張り出すように配置されています。フォアフットのエッジ部分は両サイドともにベベル加工されています。スタックハイトはフォアフット17mm、ヒール23mmでドロップは6mmとなっています。

(上)レギュラーラストは細身なので足の横ブレを最小限に抑える。
(右)オリジナルのインソールは場所により密度を変えてある。

足入れしてみると、幅が細めでヒールもタイトにホールドしてくれる点は「REVOLUTIV」と同様ですが、甲からトウに関しては少し違います。伸びが少なくカチッとホールドされる「REVOLUTIV」に対して「RESPONSIV DYNAMIC」は足の動きに応じて柔軟に追従してくれます。これは、アッパー素材とタンの厚みの違いによるものです。

ミッドソールのクッションは衝撃吸収とエネルギーリターンのバランスがよく取れていて、どちらかというとよりアグレッシブに走るために反発力が強化されているフィーリングでした。

ダイナミックセンサーを採用したアグレッシブな形状のアウトソールはトレイルのあらゆるサーフェスで強力なグリップを発揮します。とくに下りと柔らかい路面での安心感は抜群でした。ラグの間隔も広く、泥が詰まりにくくなっています。「REVOLUTIV」と同じアウトソールなのですが、アッパーがしなやかな分、蹴り出しで母指球周辺に荷重が集中しやすく感じられ、その分グリップも強力になる印象を受けました。舗装路も決して苦手ではないので、ロードが多いコースでも問題なく使用することができます。

クッション性、柔軟性、快適性のバランスが取れてていて、強力なグリップが強みの「RESPONSIV DYNAMIC」。様々なシーンでアクティブに活用できるシューズです。

RESPONSIV DYNAMIC
レスポンシブ ダイナミック
・価格:17,000円+税
・重量:290g
・スタックハイト:フォアフット 17mm、ヒール 23mm
・ドロップ:6mm
・カラー:MEN 2色 WOMEN 1色

■RAIDLIGHT https://www.raidlight.jp/

 

>>>「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

  • モントレイル トレイルランニング
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • レイドライト トレイルランニング
  • ess トレイルランニング