TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

NATNAN Trail Mix 4

4つのフラスコで1.2Lを分散配置
飲料の種類を変えられるのも◎

trailmix4_1

trailmix4_3NATHANのハイドレーションベルトは、トレイルランニングに適した「Trail Mix(トレイルミックス)」シリーズとロードランニングに適した「Speed(スピード)」シリーズの2ラインがあります。「Speed」と「Trail Mixの大きな違いは、まずフラスコの容量。「Speed」が1つ235mlなのに対して「Trail Mixは300mlとなります。また、ボトルキャップ(飲み口)の仕様も異なります。「Speed」が一方向弁を使用したレースキャップなのに対して、「Trail Mix」は新設計のイージー・スクイーズボトルでプッシュプルキャップとなります。さらに、ポケットも「Trail Mix」のほうが大容量でトレイルランニングでの装備を考慮されています。

今回紹介する「Trail Mix 4」は両シリーズ中唯一、4つのフラスコを装備したモデルとなります。300ml×4で合計1.2Lの容量を誇ります。フラスコを収納するホルスターの位置は固定で着脱はできません。

着用の違和感はまったくありません。モノフィラメント20%ストレッチベルトは左右2箇所で締める事ができ、腰周りにきれいにフィットします。また、バックルは止めた状態でもフレキシブルに回転するニュータイプ。身体の動きに追随してくれるのも特徴です。あまりにも軽い力でセットできますが、誤開放は一度もありませんでした。4つのフラスコは大きなボトルと違い体の前後左右に均等に重量が分配されるため、バランスがよく、重量も軽く感じます。また、それぞれ違った飲料を入れることができるのもメリットです。フラスコの裏側が反っているので身体の曲線にフィットし、前屈などをしても邪魔になることはありませんでした。フラスコの飲み口は、以前のモデルよりも大口径になっています。これによって、飲み口を口の中に入れなくても、唇を押し付けるだけでドリンクを飲むこともできるようになりました。これが意外にストレスがないので、ぜひ試して見てください。

背面のポケットも楽々アクセス可能です。容量も意外にあり、ウルトラライトジャケットなら収納可能です。また、このポケットは外部にパワーストレッチメッシュポケット、ジッパーを空けると、内部にさらにポケットとキーホルダーが付いているので、小物を効率よく収納することができます。

「Trail Mix 4」ならロードランニングはもちろん、数時間のトレイルランからショートレースまで、幅広く使用できそうです。バックパックを持つほどでもないかな? と思うシチュエーションでかなり活躍できるアイテムと言えます。

(左)新設計のイージー・スクイーズボトル
(右)旧型にくらべ、格段に大きくなった飲み口
trailmix4_2

(左)軽いタッチで接続でき、フレキシブルなバックル
(右)ベルトの調整は左右から行うことができる
trailmix4_4

trailmix4_5NATNAN
Trail Mix 4
トレイルミックス4
■価格/¥7,350(税込)
■容量/10oz/300mL×4本
■カラー/NATHAN GREY

 

■NATHAN http://www.nathansports.jp

 

 

 

 

 

>>>「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

  • ブルックス
  • モントレイル トレイルランニング
  • INOV8 トレイルランニング
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • レイドライト トレイルランニング