TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

【Review】HOKA ONE ONE「2021 PERFORMANCE WEAR 」Part 2

山で人気のメリノウール素材のトップスと、斬新なコンプレッションポケットを持つショーツ


厚底シューズの生みの親、HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)が展開中のパフォーマンスウェアのレビュー第2段。今回はメリノウールを採用したトップスとトレイルランニング用に開発された、5インチ丈のショーツを紹介します。

(左)「MERINO BLEND SHORT SLEEVE」。(右)「MERINO BLEND LONG SLEEVE」。

まずは「MERINO BLEND SHORT SLEEVE(メリノブレンドショートスリーブ)」(以下、ショートスリーブ)と「MERINO BLEND LONG SLEEVE(メリノブレンドロングスリーブ)」(以下、ロングスリーブ)を見ていきましょう。

冬のトレイルランニングは高低差による気温差や登り、下りによる運動量の差によって、汗冷えすることが多く、低体温症に陥るリスクが高まります。その対策として選ばれているのがウール素材。その中でも圧倒的に支持されているのが肌触りが良いメリノウールです。

今回紹介する2モデルはネーミングの通りメリノウールに化繊をブレンドしてあるため、100%ウールよりも強度やメンテナンス性が優れています。

2モデルの共通点は肩周りのカッティングです。前面はセットインスリーブ、背面はラグランスリーブという独特な作りになっています。さらに脇の下にはマチがあり腕の可動性を高めています。

(左)フロント部分はセットインスリーブ。(右)バックはラグランスリーブ。

それでは、ショートスリーブとロングスリーブそれぞれの着用感をレビューします。

ショートスリーブは通気性重視の目の荒い生地。肌触りはドライ感があり涼しげで、ウールを使用していると言われなければ気づかないくらいのさわやかさがあります。しかしながら、ウールの特徴はしっかりと発揮されました。

走って汗をかいた後に立ち止まった時にも、急に冷えることはなく、快適な着心地をキープしてくれます。汗で濡れたり乾いたりを繰り返しても匂いが気になることもありませんでした。通気性、ドライ性能ともに高いので、冬場だけではなく、一年を通じて活用できるパフォーマンスを持っています。

(左)ショートスリーブは通気性重視。(右)ロングスリーブは保温性重視。

ロングスリーブは保温性を重視しながらも適度に通気性を確保するグリッド状の生地。背骨に沿ったラインにはショートスリーブと同様の通気性が高い生地を採用しています。肌触りはショートスリーブほどのドライ感はありませんが、いかにもメリノウールらしい柔らかさです。汗冷えにや匂いに対する利点はショートスリーブと同様。メリノウールに一度袖を通すと、もう化繊に戻れなくなる人も多いかもしれません。

(左)ロングスリーブは背面センター部分の織り方を変えて通気性を確保している。(右)右腕に付くHOKAのプレミアムシリコンバッジは両モデル共通仕様。

トレイルランニングなら冬場の低山で一枚で走れるシーンもかなり多くなってきます。また、ハイクや雪上のアクティビティではベースレイヤーとしても高い性能を発揮してくれます。

MERINO BLEND SHORT SLEEVE
メリノブレンドショートスリーブ
・価格:¥13,200(税込)
・カラー:MEN/パーシモンオレンジ、リアルティール、WOMEN/カンタロープ、アウタースペース
・サイズ:MEN/XS、S、M、L、XL、WOMEN/XS、S、M、L、XL
・素材: 67%ウール、22%TENCEL™、11%ナイロン
・公式サイト限定販売


MERINO BLEND LONG SLEEVE
メリノブレンドロングスリーブ
・価格:¥16,500(税込)
・カラー:MEN/パーシモンオレンジ、リアルティール、WOMEN/カンタロープ、アウタースペース
・サイズ:MEN/XS、S、M、L、XL、WOMEN/XS、S、M、L、XL
・素材:67%ウール、22%TENCEL™、11%ナイロン
・公式サイト限定販売

「 TRAIL SHORT(SGトレイルショーツ)」は装備の多いトレイルランニングに最適な大容量ポケットを装備した5インチ丈のショーツです。


ボディは吸湿発散性を備えた4ウェイストレッチ素材。薄くてしなやかなのでランニング中にストレスを感じることはありません。ライナーはブリーフタイプでメッシュではありませんが伸縮性が高く、やわらかさとサポートのバランスが取れていて、気持ち良い履き着心地です。

(上)大容量のバックポケットセンター上部が縫い付けられていて、左右から出し入れ可能。(下)装備を収納してウェスト部からバンジーコードでコンプレッションする仕組み。

バックサイドには大容量のポケットとジップポケットが二重に配置されています。独創的なのはバンジーコードによるコンプレッション機能。ポケットからウエストのサイド部まで伸びたコードを引っ張ると、テンションが掛かり、装備を固定できます。奥の大きなポケットは500mlのソフトフラスクがぎりぎり入るくらいの大きさ。ウインドシェルを入れてもいいと思います。ジップップポケットはスマートフォンとジェルなどを収納できました。

(左)バックポケットのコンプレッションは両サイドのバンジーコードで行う。ワンタッチでテンションを調整できる。(右)インナーはメッシュではないが適度なテンションと通気性を提供。

走った印象は、5インチの丈としなやかで薄い素材のおかげで軽快そのもの。ストレスはまったく感じません。バックポケットはコンプレッションの調整が簡単なのでソフトフラスクの中身が減ってもワンタッチで締め込むことができました。まるでウェストバッグが一体化したような便利さを感じました。

「 TRAIL SHORT」はトレイル用ということですが、もちろんロードでもこのポケットは重宝するので、路面状況を問わず、ランニング全般で活躍できるショーツです。


SG TRAIL SHORT
SGトレイルショーツ
・価格:¥14,300(税込)
・カラー: MEN/キャッスルロック、WOMEN/シャークスキン
・サイズ:MEN/XS、S、M、L、XL、WOMEN/XS、S、M、L、XL
・素材:78%ナイロン、22%ポリウレタン
・公式サイト限定販売

■HOKA ONE ONE https://www.hoka.com/jp/

 

>>>「トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • gontex トレイルランニング
  • ess トレイルランニング
  • suunto トレイルランニング
  • suunto トレイルランニング