TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

スキーマウンテニアリング(SKIMO)が2026年冬季オリンピックの追加種目に決定

夏季オリンピックの開催に合わせて東京で開催された第138回IOC総会において、2021年6月に行われた会議を経て、IOC理事会は組織委員会が提案した2026年冬季オリンピック ミラノ・コルティナ大会でのスキーマウンテニアリング(SKIMO)種目の追加を全会一致で決定しました。

■5つの新しいメダル種目:
・男子2種目(スプリント/個人戦)
・女子2種目(スプリント/個人戦)
・男女混合リレー1種目
アスリート枠は48名(男子24名/女子24名)で、全体の枠である2,900名に収まるようにします。
これらの5つの競技は、他のすべての競技と同様に、スキーマウンテニアリングの会場を追加したり、単独で開催したりすることなく、会場を完全に共有するモデルを実施します。

IOC委員会は6月の決定において、以下のようなスキーマウンテニアリングの主な特徴を強調しました。
2020年ローザンヌ冬季ユースオリンピックの成功に貢献したのと同じ5つのスキーマウンテニアリング競技である。
スキーマウンテニアリングは、イタリアで特に人気のあるスポーツで、アルプス地方に深い歴史とスポーツのルーツがあります。また、イタリアはこのスポーツにおいて世界有数の国であり、過去10年間の主要な大会でいくつかの国際的な成功を収めています。
スキーマウンテニアリングは、アマチュアや週末に楽しむウィンタースポーツとして急成長しています。スキーマウンテニアリングが最も発展しているのはヨーロッパですが、近年では世界中でプロ・アマを問わず多くの参加者が確認されています。

ISMF(International Ski Mountaineering Federation / 国際スキーマウンテニアリング連盟)会長のトーマス・ケール氏はこう語ります。
「We are Olympic! 私たちは、ウィンタースポーツの歴史に重要な1ページを記しました。長年のコミットメント、努力、情熱的な仕事を経て、私たちはついにトップステップに到達し、有名なオリンピックドリームを実現しました。長く厳しい道のりでしたが、今では考えられないほどの満足感があり、SKIMO界はこの成果を誇りに思わなければなりません。ISMFは、2026年の冬季オリンピック・ミラノ・コルティナ大会で素晴らしいスポーツを披露するために、最大限の努力をすることをお約束します。ISMFは、ISMFのスタッフ、代表者、同僚など、この大きな節目を達成することができたすべての人々に深く感謝したいと思います。ISMFのスタッフ、代表者、同僚など、この大きな節目を達成することができたすべての方々に深く感謝します。国際連盟は、一人ひとりのかけがえのない貢献が基盤となって、長年にわたって行われてきた偉大で忠実なチームワークに心から感謝します。最後に、国際オリンピック委員会の最高機関、ミラノ・コルティナ組織委員会、イタリア国内オリンピック委員会、そしてもちろんFISI(イタリア冬季スポーツ連盟)にも感謝の意を表します。そして、期待に応えることができるでしょう」

■ISMF http://www.ismf-ski.org/webpages/

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • gontex トレイルランニング
  • ess トレイルランニング
  • suunto トレイルランニング