TrailRunner

suunto トレイルランニング

ナイトランマナーを考えれば、夜のランニングを安全・快適に!

nightrun
休みの日以外は、早朝や夕暮れ時、または暗くなった夜にランニングしている方が多いと思います。そんなランナーに是非意識してほしいのが「ナイトランマナー」です。暗いところでは自分の存在を相手にしっかりと知らせるのがマナー、というわけです。自分より大きい車、自分より小さい子供やお年寄り、すべての通行者になるべく早く自分を認識してもらうことが大切です。

アンケートによると、ランナーの40%以上が、夜間や明け方など、暗い中でランニングをする際に「自転車や歩行者、車との接触」「障害物につまづく」といった経験があるようです。ナイトランにおいては、暗さによる視認性の悪さ、また、ランナーの視野も狭くなっているため、瞬間的に相手を避けることができず、接触するケースが多くなっています。

例えば、時速91.7kmで走る車が停止するためには、最低でも60.96m必要とします。ドライバーがブレーキを踏み、車を止める十分な時間を得るには、91.44m先からランナーの姿が確認できなければなりません。

sec02_item02
それでは、ランナーのの視認性を高めるには、どのようなものを身に着ければいいのでしょうか? ぱっと思い浮かぶのは明るい色の服、リフレクター素材などですよね。しかし、実はもっと奥が深い事柄があるのでご紹介します。

コントラストデザイン
蛍光色などのブライトカラー単色よりも、ブラックなどをふちに組み合わせてコントラストを強くしたほうが視認性が高まります(イラスト参照)。このようなカラーリングのウェアを選ぶと、身体の動きがより鮮明になります。

sec01_item
レトロ・リフレクティブ
逆反射性の高いレトロ・リフレクティブは光散乱を最小限に抑え、光を逆反射します。生態運動の原理に基づいて走る上で最も重要な身体のエリア(足・膝・腰・胸・首・肘・手)にレトロ・リフレクティブ素材を使用することで、高い効果を得られます。もちろん、360度すべての角度に配置する必要があります。

sec02_item01
アクティブライト
点滅するLEDのような“アクティブライト”(活性光)は暗闇でもランナー明るく映し出してくれます。特に、光を発しない対象物に対しての視認性はアクティブライトに頼るしかありません。

薄暗い朝、夕暮れ、曇りの日などはコントラストデザインとレトロ・リフレクティブ、夜間はレトロリフレクティブとアクティブライトが重要になってきます。

sec03_item2
 

夜間、ランナーはドライバーからどう見えるか?

最後に、ナイトランマナース推奨商品のシューズ、ソックス、LEDライトをご紹介しておきます。また、ナイトランマナー向上委員会による、みんなの9か条もご覧になり、より安全で、快適なナイトランにお役立てください。

ナイトランマナー推奨商品

GLYCERIN12  BROOKS
GLYCERIN 12
体感レポートを見る
space
cep1 CEP 
NIGHT RUN SOCKS 2.0
NIGHT CALF SLEEVES 2.0
→体感レポートを見る
space
led1 NATHAN
Orion Strobe
StrobeLight
Hyper Brite Strobe
Pulsar Strobe
→体感レポートを見る
space
Zephyr_Fire_1 NATHAN
Zephyr Fire 300 Hand Torch
→ 体感レポートを見る
space

 

1520686_682800301784012_282463447_n

 

■ナイトランマナー向上委員会 https://www.facebook.com/NightRunManner/

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • merrell トレイルランニング
  • ESS トレイルランニング
  • ultimate direction トレイルランニング
  • thuasne_sport トレイルランニング
  • toad トレイルランニング
  • thefirsttrail トレイルランニング
  • okumusashiトレイルランニング