TrailRunner

salomon トレイルランニング

【Review】SALOMON「ADV SKIN 12(アドバンスドスキン 12)」

トップポケットの追加で使い勝手がさらに向上した、ベストセラーベストパック

トレイルランニング用ベストパックの生みの親とも言えるSALOMON(サロモン)のベストセラー「ADV SKIN(アドバンスドスキン)」がアップデートしました。ラインナップには5Lと12Lがありますが、今回は「ADV SKIN 12」を紹介します。大ヒットした前作のバージョンアップ版となるニューモデルは、基本的な機能や特徴を踏襲しながら、より使いやすく、快適な使用感になるよう改良が加えられています。

まずは収納面から見ていきます。背面は前作同様に3層構造。最も背中に近いポケットはブラッダーコンパートメントで1.5Lのブラッダーを収納できます。その上の層は上部からアクセス可能なコンパートメント、最上層は、サイドのジッパーからアクセスできるマチ付きのメインコンパートメントで、サイドにはコンプレッションもついています。ニューモデルではその最上部にトップポケットが追加されました。

フロントは前作同様で左右それぞれ4つのポケットを装備。さらに、右のポケットにはダストポケットも付いています。各ポケットは絶妙に重なっていて伸縮性の高いパワーメッシュのおかげで、多くの装備を収納することができます。

サイドのポケットはメインコンパートメント下部、さらには反対側まで繋がっているため見た目以上の収納力があります。

(左)フロントのジップポケット。かなり奥まで続いている。(右)サイドのポケットは反対側まで繋がっている。

各ポケットを階層毎に表すと下の写真のようになります。まるで地下鉄の路線図のよう。

ポケットの重なり具合を階層ごとにビジュアル化。点線部分からアクセス可能。

収納能力の目安を知るために、直径4.3cmのボールを入れてみた結果が下の表です。「ADV SKIN 12」は伸縮性が高いので、際限なく入りそうなのですが、ここではストレッチさせずに入れて、個数を数えました。

ニューモデルはポケットが一つ追加されていますが、総容量は旧モデルと同じ12L。それを裏付ける結果となりました。

(左)メインコンパートメント。(右)新設された上部のポケットにファスナーはない。
ADV SKIN 12 (旧) ADV SKIN 12 (新)
メイン
コンパートメント
102個 89個
トップポケット 14個
フロント上
ポケット
左右各
2個
左右各
2個
フロント中
ポケット
左右各 500ml ソフトフラスク
フロント下
ポケット
左右各
14個
左右各
14個
サイド-バック
ポケット
43個 43個
合計 177個  178個
ポールは写真のように本体下部やフロントに装着可能。長いフォールディング機能がない長いポールは襷掛けに装着することもできる。

実際に着用して走ってみると、前作と同様に高いストレッチ性があり、身体に当たる硬いパーツもないので、ストレスはありません。柔らかくて装備をたくさん詰め込めるのに、走行時の揺れはしっかりと押さえられています。

新設されたトップポケットは、メインコンパートメントがサイドファスナーであるためにデッドスペースになりがちなショルダー付近のスペースをうまく活用するための、最適なソリューションといえます。ファスナーもフックもありませんが、背負うと開閉口にテンションがかかるので装備が飛び出してくることはありません。細かいものよりジャケットなどを入れるのがいいと思いました。

(左)新設されたトップポケットは背負ったままでも楽にアクセスできる。(右)ショルダー部は2レイヤーのメッシュにアップデート。さらにしなやかなフィーリングに。

「ADV SKIN 12」はとにかくポケットが多くて、階層が入り組んでいるので、どのポケットをどう使うかを試行錯誤して、自分なりの使い方を確立するのも楽しみの一つです。普段使いからレースまで、ガンガン使い倒したいベストパックです。

ADV SKIN 12
・価格:¥18,700(税込)
・サイズ:ユニセックス XS-XLWOMEN 2XS-L
・カラー: 4
・寸法:40 x 19 x 1
・容量:12L
・重量:293g(本体)
500mlソフトフラスクx2付属

■SALOMON https://www.salomon.com/ja-jp
■SALOMON日本公式情報サイト http://timetoplay.salomon.jp/

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • ledlenser トレイルランニング
  • essr トレイルランニング